SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

「SEOがわからない」を順位変動から解決する

2018/05/07 2018/05/11

「最近のSEO対策がどうなっているのか全然わからない」と、WEB制作会社さんやSEO業者さん含めて頻繁にお問合せを頂戴します。

このように最近のSEO対策が難しいと感じるのは、「順位変動に対応できてないこと」が1つの理由として挙げられます。

今回は、順位変動について、順位変動状況を把握してSEO対策を進める手順など中心に解説したいと思います。

「SEO対策がわからない」を順位変動状況が解決する

順位変動とは

順位変動とは、Googleの検索アルゴリズムの変更によってWebページの検索順位が入れ替わり、検索結果が変化することを意味します。

順位変動が起きる理由

順位変動が起きる理由は、「検索ユーザーのニーズの変化」と「Googleの意図的な調整」によって、検索アルゴリズムが変更されるためです。

検索ユーザーが求める情報に応じて、需要のある情報を提供するように定期的に検索結果が調整されます。
また、検索ユーザーが求める情報とは関係なく、Googleが意図的に検索結果を調整することがあります。

順位変動のパターンは3つ

順位変動は、「安定」「不安定」「大変動」の大きく3つのパターンに分類できます。

これは、弊社の順位変動チェックツール「namaz」を見ることで把握でき、「安定が黄色」「不安定がオレンジ色」「大変動が赤色」の3色から順位変動のパターンが一目でわかります。

昨今の順位変動は、基本的に規模が大きいので「赤色となる大変動が頻発」してる状況です。

順位変動状況を把握してSEO対策を進める手順

順位変動状況を把握してSEO対策を進めるには、以下のような手順となります。

  1. 順位変動状況を確認する(基本)
  2. 順位変動状況からSEO対策方針を決める

順位変動状況を確認する

ここでは、順位変動チェックツール「namaz」にアクセスして、以下のように順位変動状況を確認します。

namazで順位変動状況を確認する

このように、基本的に「安定 = 小規模」「不安定 = 中規模」「大変動 = 大規模」の3パターンから規模を把握しながら、順位変動状況を確認しましょう。

基準は異なりますが、namazのほか、以下のような有名な順位変動チェックツールもあります。

順位変動状況からSEO対策方針を決める

検索クエリの「全体」と「ジャンル別」に順位変動状況を把握して、以下のようにSEO対策方針を決めましょう。

検索クエリ全体が「大変動」、ジャンル別が「安定」の場合:

順位変動状況、検索クエリ全体が「大変動」、ジャンル別が「安定」の場合

このように、検索クエリ全体では「大変動」でも、財務/金融/法律のジャンルだけで見ると、順位変動が「小規模で安定」してる場合があります。.

また、全体が「安定」、ジャンル別が「大変動」というケースもあり得ます。

つまり、検索クエリごとに異なるので、ジャンル別まで落として込んで順位変動状況を確認しながら、SEO対策の方針を決めることが重要となります。

上記のケースでいえば、ジャンル別で安定してるので通常通りSEO対策を進めるという方針を容易に打ち出すことができます。

ジャンル別の順位変動を把握するには、namaz以外に、「higuma」というツールが便利です。

どんなSEO対策をすればいいか?については、以下で詳しく解説してますのでご参考下さい。

まとめ

「SEO対策がわからない」場合、順位変動状況からSEO対策の方針を打ち出すのも1つの手段です。

今回紹介した順位変動状況のチェックや自サイトの検索順位を合わせて確認しながら、SEO対策を検討しましょう。

現在のGoogle検索アルゴリズムは、日常的に大規模な調整が多く、それに伴い順位変動も大きいため、検索順位の動きが基本的に激しくなってます。

なので、検索クエリ全体だけでなく、ジャンル別にどんな状況か把握してSEO対策のタイミングを見極めながら、上位化を目指しましょう。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す