SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方

2017/08/12 2018/03/16

SEO対策のサポートを行っていると「コンテンツ」の内容修正が必要になるケースが多くあります。
コンテンツは、サイト運営者がこだわりをもって作成したので、変更したくないと思われる方もいらっしゃいます。

なぜコンテンツの見直しが必要なのか?どんなコンテンツを書くと良いのか?ご案内します。

検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方

なぜコンテンツの見直しが必要なのか?

Googleの評価が検索ユーザーファーストになったためです。

今のGoogleは、検索ユーザーが欲しい情報があり、検索ユーザーが欲しい情報へすぐ辿りつけるサイトを評価しようとAIを使って取り組みしています。

検索ユーザーが欲しい商品は、季節や人気などにより変化しますので、それに合わせて、サイトの内容を調整していく運用が必要です。

どんなコンテンツを書くと良いのか?

極端な例を元にご案内します。

例:
「靴」と検索した際に
上位 1位~10位まですべてが、スニーカーが中心の販売サイト
上位11位~20位までを見ると、8割:スニーカーが中心の販売サイト、2割:革靴が中心の販売サイトの場合

「靴」と検索するユーザーは、「スニーカー」を購入したいと思っている方と仮説を立てることができます。
少ないですが、たまーに「革靴」を探している少数派もいることが分かります。

あなたのサイトが「革靴」の販売サイトだった場合、【今】上位にランクインすることが困難です。
「靴」で上位化させたい場合は、商品を「スニーカー」に置き換える必要があります。

ただ、一定数、「革靴」を求めているユーザーもいますので、革靴のページを下層ページに用意しておき、TOPページからわかりやすく革靴のページに導線を張っておく必要があります。

そうすることで、
・靴で検索したユーザーが欲しい情報を有している為、上位化する可能性がある
・革靴を購入したいユーザーがサイトに来訪しても、ページ内を循環してくれる可能性がある
・将来、検索傾向が代わって「靴」で検索するユーザーが「革靴」が欲しいとなったときに下層ページに評価が変わり、引き続き順位をキープできる可能性がある

※商品の入れ替えをするだけではなく、被リンク、基礎的な内部対策も必要です。

今は、極端にGoogleが検索ユーザーの求めるコンテンツがあるサイトを上位化させていると感じます。

もう少し、Googleの精度が向上した場合は、サイト運営者が検索ユーザーの気持ちに合わせてサイト内容を大きく変更する必要はなくなると思います。

まとめ

やや極端な例でご紹介しましたが、検索ユーザーが欲しいと思っている情報は何か?仮説を立て、それに合わせて極端でもページを最適化させると、結果が得られやすいです。

現在のGoogleは、ページのクロール頻度が非常に速いため、仮説立案、サイトの変更、検証を早回しで繰り返すといいでしょう。

弊社の運営サイトでは、数時間で判断し、サイトを変更させてながら最適化を図っているサイトもあります。

それには、専属の担当者が必要になります。貴社で専属の担当がいない場合は、仮説立案は弊社で承る事ができますので、一緒に対策しませんか?

ご興味のあるかたは、お問合せくださいませ。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら