SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

Google大変動!2017年8月17日にGoogleで大きな順位変動

2017/08/17 2018/07/04

2017年8月17日17時に、namazで10.6位と通常より大きな変動を確認しました。

2017年7月10日以来の大変動となり、海外一部でも大きな動きが確認できます。

Google大変動!2017年8月17日にGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2017年8月17日付近に通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCast 順位変動

※出典:MozCast

SERPmetrics 順位変動

※出典:SERPmetrics

AccuRanker 順位変動

※出典:AccuRanker

この変動によるキーワード順位への影響

2017年8月17日付近の順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のよう影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム1万~10万 30位から15位に回復!
2017年8月12日に7位だったサイトが30位まで下落後、今回の順位変動で15位まで上昇中。

この変動によるキーワード順位への影響 イメージ①

キーワードB:キーワードボリューム1万~10万 37位から27位に回復!
2017年8月9日に16位だったサイトが37位まで下落後、今回の順位変動で27位まで上昇中。

この変動によるキーワード順位への影響 イメージ②

キーワードC:キーワードボリューム1,00~1000 14位から7位に回復!
2017年8月16日に14位だったサイトが14位まで下落後、今回の順位変動で7位まで回復中。

この変動によるキーワード順位への影響 イメージ③

弊社管理サイトから見た、今回の順位変動による検索順位への影響として、2017年8月初旬に下落したサイトの順位が今回の変動で回復してる傾向が目立ちました。

今回の順位変動の特徴と対策方針

弊社の管理サイトや上位化してるサイトの傾向から、今回の順位変動には以下のような特徴がありそうです。

  • 画像とテキスト文章をうまく織り交ぜたコンテンツが上位化
  • 信憑性が高いコンテンツが評価されてる
  • 1つのテーマについて網羅してるサイトが評価されてる
  • 上位化してるサイトは、タイトルタグの前方に対策キーワードがあり、強調されてる
  • 対策キーワードを適切に含めてる(過剰でない、必要な箇所に⾃然に使われてる)
  • コンテンツが⾒やすい(文字の⼤きさ、文字⾊、太字、マージンなど)
    とくに、⾒出し、画像、テキストのメリハリがある
  • リンクよりもコンテンツが重視されてそう(※ahrefsのデータ参考)
    例えば、被リンクドメインや総被リンク数が少なくても上位化してるサイトがある

上記のような特徴を中心に、コンテンツやリンクを最適化しながら、SEO対策を進めることが重要です。

今回の順位変動の特徴から以下のような、SEO対策方針が⾒出せそうです。

  • 文章の理解を助ける画像を適宜挿⼊し、コンテンツの質を上げる
  • 有名なサイトや公式サイトといった信憑性の高いサイトを引用元にし、参考にしながらオリジナルの⾒解でコンテンツを作り上げる
  • 決めたテーマに沿ったコンテンツを作り、サジェストやユーザー視点に⽴った⾒解を盛り込みながら、コンテンツを充実させ網羅性の高いページにする
  • 上位化させたいキーワードを前方に含む、タイトルタグを作成する
  • 上位化させたいキーワードを故意に使いすぎない。(今のGoogleは、ランクブレインという検索アルゴリズムにより、似た言い回しがあればキーワードに関連する事柄と解釈してくれる)
    故意に使いすぎれば、ペナルティを食らう可能性があるので注意しましょう。
  • 文字の⾊や⼤きさ、太さ、マージン(⾏間やスペースなど)といったコンテンツの⾒やすさを改善し、可読性の高いページにする
  • Googleがもっとも重要視するリンクの対策を怠らない。リンクが集まりやすいコンテンツやソーシャルメディアを活用しながら、リンクが集まりやすいサイトを構築し、運用する。

まとめ

今回のように、大規模な変動や自サイトの検索順位が急に下落上昇した場合、評価されてるSEO要因を読み解くことが大切です。

読み解いたSEO要因から仮説を立て、繰り返し対策を行いながら、サイトを改善することが重要です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら