SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

新アルゴリズム「Speed Update(スピードアップデート)」を発表!

2018/01/24 2018/01/31

2018年1月17日、Googleは新しいアルゴリズムSpeed Update(スピードアップデート)を設計したことを発表しました。

つまり、ページの表示速度がモバイル検索の順位決定の要因となります。

新アルゴリズム「Speed Update(スピードアップデート)」を発表!ページの表示速度がモバイル検索の順位決定の要因となる!!

Speed Update(スピードアップデート)導入の公式アナウンスについて

読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。 検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

※参照:Googleウェブマスター向け公式ブログより
日本語:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します
英語:Using page speed in mobile search ranking

スピードアップデートによって非常にページの読み込み速度が遅いページは順位が下げられる可能性がありますが、検索意図にあった魅力的な質の高いページであればページの読み込み速度に関係なく、高い順位に掲載されることもあるそうです。

スピードアップデートを意識したページ読み込み速度を気にするより、ユーザーが求めている情報がページ内に十分にあるか?を気にしたほうがよさそうですね。

スピードアップデート(Speed Update)とは

Speed Updateは、ページの読み込み速度が非常に遅い場合、モバイル検索のランキングを下げるために設計された新しいアルゴリズムで、導入は、2018年7月を予定しているそうです。

以下、スピードアップデートについてまとめると、

  • 2018年7月に導入される予定のアルゴリズム
  • ページの読み込み速度が非常に遅い場合、モバイルの検索ランキングを下げる目的のアルゴリズム
    ただし、ページの読み込み速度が速いくても検索ランキングを上げるわけではない
  • 影響する検索クエリはごくわずか
  • ページの読み込み速度が遅くても、検索意図にあった魅力的なページは高順位に掲載することもある
  • スピードアップデートの影響を調べる直接的なツールはない

ページのパフォーマンスを調べるツール

スピードアップデートの影響を調べる直接的なツールはありませんが、以下のツールでページのパフォーマンスを評価することができます。

  • Chrome のユーザー エクスペリエンス レポート
    ウェブ上の人気のあるサイトを Chrome ユーザーが実際に閲覧した際の、ユーザー エクスペリエンスの主な指標に関する一般公開データセットです。
  • Lighthouse
    ウェブページの品質(パフォーマンスやアクセシビリティなど)を監査するための自動化されたツールで、Chrome Developer Tools の機能の一部として提供されています。
  • PageSpeed Insights
    Chrome のユーザー エクスペリエンス レポートのデータを利用してページがどのくらいのパフォーマンスを発揮しているかを示し、その最適化を提案するツールです。

まとめ

Speed Update(スピードアップデート)の導入により、ユーザー体験のさらなる向上を目指すとともに、モバイルファーストインデックス(すでに一部導入済み)の完全履行に向け着実に準備を進めていることが分かります。

Googleの公式ブログに以下のような記載があります。

検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

このことから、検索ランキングはユーザー体験が最優先されていることが伺えます。

ユーザー体験は、ユーザーの直帰率、サイト滞在時間などから、測定しているように思います。

Speed Update(スピードアップデート)を含む、これから導入される新しいアルゴリズムアップデートに驚くことなく、私達はこれまでと同様にユーザーのためになるコンテンツを作成し、発信していくことが検索ランキングの上位表示に繋がると思います。

弊社のSEO商品で人気があるのは、ユーザー体験についてアドバイスする商品「SEO Manager」です。
ざっくりユーザーが見て、Googleが見てどのような評価をしているか簡易チェックができますので、気になる方はご連絡くださいね!

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら