SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

サーチコンソールのメッセージ ~「404」ページの増加だと対応不要!

2018/01/26 2018/03/15

サーチコンソールにGoogleからメッセージとなると、かつてのペナルティ通告メールか?と不安になりますよね。

メッセージの内容が、「404」ページの増加でしたら、慌てることはありません。弊社にもよく問合せがありますので、共有いたします。

サーチコンソールのメッセージ ~「404」ページの増加だと対応不要!

サーチコンソールに届く「404」ページの増加のメッセージ

サーチコンソールに、以下のような「404」ページの増加のメッセージが届くことがあります。

「404」ページの増加のメッセージ

このようなメッセージが届く理由は、「クロールエラーの多発によって重要なページを失ってないか?」の確認を促すためです。

404エラーとなっているページが、不要なページ、意図的に削除したページの場合は、慌てることはありません。

404エラーとなっているページが重要ページの場合、早急な対処が必要となります。

「404」ページの増加への対応方法

「404」ページの増加のメッセージが届いたら、基本的に以下のような手順で対応します。

  1. 404エラーのページを確認する
  2. 404エラーのページを改善する

404エラーのページを確認する

①Googleサーチコンソールにログイン-「クロール」-「クロールエラー」をクリックし、「見つかりませんでした」のタブをクリックします。

404エラーのページを確認する手順①

②レスポンスコードが「404」のURLを1つずつ確認し、重要なページか、不要ページ(または削除したページ)かを確認します。

404エラーのページを確認する手順②

ちなみにサーチコンソールβ版では、まだ完全に機能が備わっておらず、「404」ページの増加のメッセージが確認できない状況です。

サーチコンソールβ版とは、2018年1月10日にリリースした以下の新しいサーチコンソールのことです。

サーチコンソールβ版のイメージ

404エラーのページを改善する

レスポンスコード「404」のURLを確認し、重要性を判別しながら、以下のような基準でページの改善を進めます。

  • 重要なページの場合
    ページが正常表示されるよう、復旧作業を実施してください。
  • 不要なページの場合
    左端にあるチェックボックスにチェックを入れ、「修正済みとする」のボタンをクリックしてください。
    不要なページの場合の対応法

まとめ

「404」ページの増加のメッセージを確認し、ページのパフォーマンスを管理しましょう。

重要なページを表示させ、検索エンジンにしっかり認識させながら、上位化を目指すことが重要です。

また、404エラーページのデザインを調整し、検索ユーザーの回遊頻度を高めることで、サイトパフォーマンスの向上が期待できます。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す