SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

2018年3月 最新SEO対策状況まとめ

2018/04/10 2018/06/21

2018年3月は、モバイルインデックスファーストがついに本格始動するアナウンスがありました。
また、過去1年で最大級の順位変動を観測した動きのある1ヶ月でした。

以下に、2018年3月の最新SEO対策状況についてまとめます。

2018年3月 SEO対策状況まとめ

2018年3月の大変動状況

2018年3月2日付近に、ここ1年で最大級の順位変動が発生しました。

【Google大変動】2018年3月2日からGoogleで最大級の順位変動

弊社が管理するサイトでは、順位が大幅に上昇している傾向にあります。
評価のポイントとなったのは、コンテンツ内容が最も大きかったと考えます。

今回の順位変動の特徴から見える方針は、「検索クエリとの整合性を高めることが重要」と考えます。
※検索クエリと整合性を高めるとは、ユーザーが検索した目的にあう、タイトル、説明文、ページ内容にすることです。

その他もいくつか方針がありますので、以下資料(【無料SEO対策レポート】2018年3月2日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針)を参考にしてください。

【無料SEO対策レポート】2018年3月2日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

Googleの動き

2018年3月27日、モバイルインデックスファーストを本格始動したことをGoogleが発表しました。(※米国時間では2018年3月26日) 

【Google公式】モバイルファーストインデックス本格始動のアナウンス発表!

モバイルインデックスファーストとは、Googleが順位決定する基準となるデバイスが、スマホ版(モバイル版)のページを基準にインデックス登録し、評価してランク付けすることです。
※以前は、パソコン版サイトのページを基準にインデックス登録し、評価してランク付けをしていました。

これまでは、パソコンサイトに重要なコンテンツを配置していればよかったのですが、今後はスマホサイトに重要なコンテンツを省略することなく配置することが必要です。

これまでのサイト運営によっては、

  • パソコン版とスマホ版で別々のコンテンツを配置しているケース
  • パソコン版とスマホ版で別々のURLを持っているケース

等があり、各ケースに対して、お勧めの対処方法は、以下のページを参考にしてください。

2018年3月 サイト傾向

2018年3月は、不動産、開業医、ダイビングなどのレジャー(旅行)といった以下のような季節性が高いキーワードでのお問合せが増加しましたが、この傾向は毎年変わりません。

「ダイビング」の検索ニーズ:(※Googleトレンド調べ)

「ダイビング」の検索ニーズ

この時期にお問合せを受けるのは、検索ニーズが増加する3月~秋にかけてSEO対策を実施して、冬は休み、また翌年SEO対策をする といった考えのサイト運営者の方が多いです。

ダイビングでも通年でSEO対策をしているサイトもあります。
通年にわたりSEO対策を行っておりますので、以下のように順位が高いままキープしています。

「ダイビング 地名」でSEO対策を実施しているサイトの順位:

「ダイビング 地名」のキーワードで高順位をキープ

このような季節性の高いキーワードであっても、SEO対策は継続してやり続けることが重要だと思います。

2018年3月 社内の実績

弊社は札幌にありますが、お客様の多くが札幌以外の方です。
弊社は、サイトのSEO対策を行い、ホームページからの集客を中心に行っています。

2018年3月は、サイトのSEO対策を強化したところ、トラフィックが以下のように1段階増加しました。

トラフィックが1段階増加(※Googleアナリティクス参考)

上記管理サイトでは、以下施策を中心に行いました。

  • 主要キーワードのSEO対策
  • 周辺キーワードのSEO対策(コンテンツの作成)

周辺キーワードのSEO対策では、以下の2点に注力しました。

  • 検索クエリと整合性を高める(ユーザーが検索した目的にあう、タイトル、説明文、ページ内容にする)
  • サイト内のテーマをぶれないようにする

同じような運営方針をとってる別の管理サイトでも、トラフィックが以下のように増加しています。

別の弊社管理サイトでも、トラフィックが1段階増加(※Googleアナリティクス参考)

主要キーワードでなくても、1つのコンテンツを丁寧に作成していくことは重要ですね。

SEO対策のポインント まとめ

2018年3月初めのアップデートで、検索クエリと整合性が高いサイトの評価が高まりました。

変化し続ける検索ユーザーの検索目的にあわせて、タイトル、説明文、ページ内容を繰り返し見直しすることが必要です。

検索ユーザーの検索目的がどのように変化したかを随時知る事は、かなり手間がかかり、難しい作業だと思います。

検索ユーザーの検索目的の変化、それに対して具体的にどうすべきかの手間かかる部分は、弊社で承る事ができます。

今期こそは検索順位を上げたいと思っているSEO担当者は、一度お問合せください。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら