SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Google大変動】2018年4月18日にGoogleで大きな順位変動

2018/04/19 2018/08/20

2018年4月18日付近に、namazで通常より大きな変動があり、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

海外アルゴリズムツールや情報サイトでも確認かつ取り上げられ、Googleで大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられます。

【Google大変動】2018年4月18日にGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2018年4月18日付近から通常より大きな順位変動が確認できます。

2018年4月18日からのMozCast 順位変動

※出典:MozCast

2018年4月18日からのSERPmetrics 順位変動

※出典:SERPmetrics

2018年4月18日からのAccuRanker 順位変動

※出典:AccuRanker

2018年4月18日からのRankRanger 順位変動

※出典:RankRanger

2018年4月18日からのcognitiveSEO SIGNALS 順位変動

※出典:cognitiveSEO SIGNALS

この変動によるキーワード順位への影響

2018年4月18日付近の順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のよう影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム1万~10万 39位から18位に上昇!
2018年3月21日から34位前後をキープしてたサイトが、今回の順位変動で39位から18位に上昇。

2018年4月18日からの大変動によるキーワードボリューム1万~10万のキーワード順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム100~1000 34位から18位に回復!
2018年3月28日に18位だったサイトが49位まで下落後、今回の順位変動で34位から18位まで大幅に回復中。

2018年4月18日からの大変動によるキーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム100~1000 19位から12位に上昇!
2018年3月24日に29位だったサイトが徐々に19位まで上昇後、今回の順位変動で19位から12位までさらに上昇中。

2018年4月18日からの大変動によるキーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

このように弊社管理サイトでは、順位が大きく動いてるキーワードが散見されます。

今回の順位変動の特徴と対策方針

弊社の管理サイトや上位化してるサイトの傾向から、今回の順位変動には以下のような特徴がありそうです。

  • 検索クエリと関連性が⾼いページがより評価されてる
    検索ユーザーが⼊⼒する語句とより整合性の⾼いタイトルとコンテンツ内容を持つサイトがより強く評価されてる傾向です。
  • E-A-Tの高いサイトが評価されてる
    専門性が高く、質の高いページが多い権威性の高いWebサイトが評価されてる傾向です。

今回の順位変動の特徴から以下のような、SEO対策⽅針が⾒出せそうです。

  • 不要なコンテンツを削除
    競合上位ページに存在しないコンテンツを削除して不要な情報を排除しながら、検索ユーザーが本当に必要とする情報を提供する。
  • 必要なコンテンツを記載
    競合上位ページに存在するコンテンツを記載して必要な情報を取り入れながら、検索ユーザーが本当に必要とする情報を提供する。

このように修正したコンテンツ内容に合わせてタイトルの⽂⾔を改善しながら、検索クエリとの関連性を⾼めましょう。

そして、ユーザーにスルーされる不要な情報は削除し、読まれる必要な情報だけを記載したページを提供することがポイントと言えます。

つまり、検索ユーザーが⼊⼒する語句にマッチしたタイトルとコンテンツ内容にし、極⼒必要な情報のみ含むページを提供しながら、SEO対策を進めることが重要です。

最新の順位変動の特徴とSEO対策方針については、以下ページから最新の無料SEOレポートをダウンロードしてご参照ください。

関連ページ無料SEO対策レポート

今回の順位変動の関連情報

今回の順位変動について、海外の有名サイトでも以下のように取り上げられてます。

Google Algorithm & Ranking Update Kicking Off?
WebmasterWorldフォーラムのチャットはちょっと熱くなっています。
また、トラッキングツールの中にはアルゴリズムの更新の兆候が見え始めています。

まとめ

まず自サイトの順位をチェックし、上昇・下落・停滞などの検索順位状況を把握しましょう。

とくに、順位下落して元に戻らない場合は、競合上位の傾向を見直しましょう。
競合上位のタイトルやコンテンツを参考に検索クエリと関連性の高い内容を盛り込み、利便性の高いページにしながら、SEO対策を進めることが重要です。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら