SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

コアアルゴリズムのアップデートによる2018年4月のGoogle大変動!その後どうなった?

2018/04/24 2018/04/25

2018年4月18日付近の大きな順位変動は、コアアルゴリズムのアップデートであるとGoogle公式に言及してます。

今回のコアアルゴリズムアップデートによる順位変動状況と、今後必要な対応方法について取り急ぎご案内します。

コアアルゴリズムのアップデートによる2018年4月のGoogle大変動!その後どうなった?

2018年4月18日のコアアルゴリズムアップデートについて

2018年4月18日付近の大変動は、コアアルゴリズムのアップデートであることがGoogle公式のTwitterにて、以下のように呟かれてます。

翻訳すると、

月曜日、私たちは日常的に行っているように、幅広いコアアルゴリズムアップデートをリリースしました。これらの背景とアドバイスについては、先月のtweetをご覧ください:

このことから、以前(2018年3月2日のGoogle大変動の時)と同様の調整が行われてることが読み取れ、今回のコアアルゴリズムのアップデートも以下の背景とアドバイスが参考となりそうです。

  • 上位化してない良質なページが評価されて上昇した
  • 上位化してなくても良質なページであれば時間の経過とともに上昇する

このように、ユーザーの利便性を考慮した良質なページは、最終的に評価されて上位化することをGoogle公式に言及しており、今回のコアアルゴリズムアップデートの重要なポイントの1つとも言えます。

コアアルゴリズムアップデート後の順位変動状況

2018年4月18日のコアアルゴリズムアップデート後の順位変動状況を、全体とキーワード別に分けて以下のように見ていきます。

キーワード全体の順位変動状況

弊社が管理してる130キーワード全体では、以下のような順位変動状況でした。

弊社管理130サイトのキーワード全体の順位変動状況

上記のように、14位以上の変動が発生して大変動が2回も発生していることが分かります。

このことから、朝と昼で上位表示されているサイトが変化しているため、困惑している検索ユーザーもいるかと思います。

キーワード別の順位変動状況

弊社が管理してる130キーワードのうち以下3つのキーワードの順位変動状況をピックアップします。

一番大きな変動「羽毛布団」 ※最高38.6位

「羽毛布団」というキーワードは、以下のように最大で「38.6位」の順位変動幅を記録し、弊社が管理してる130キーワードで一番大きな変動を見せてます。

キーワード「羽毛布団」の順位変動状況

上記の大きな順位変動によって、検索結果では「羽毛布団」のキーワードで検索する度に上位表示されるサイトが変化してる状況です。

このような大変動によって検索結果が大きく入れ替わることで、目的のサイトに辿り着けないケースが出てきます。
例えば、羽毛布団を購入しようと決めたサイトがあっても、以前表示されてた検索順位に見当たらないため、ブックマークやサイト名を覚えてない限り、目的のサイトに辿り着きづらいでしょう。

大きな変動「iphone 修理」 ※最高36.6位

「iphone 修理」というキーワードは、以下のように最大で「36.6位」の順位変動幅を記録し、弊社が管理してる130キーワードの中でも大きな変動を見せてます。

キーワード「iphone 修理」の順位変動状況

上記から、すべての時間帯で14位以上の順位変動幅となっており、検索順位が大きく入れ替わってる状況です。

このように、「iphone 修理」も、先述した「羽毛布団」というキーワードと同様に、検索結果が大きく入れ替わってるので目的のサイトに辿り着けず、検索ユーザーにとって非常に不便な状態と言えます。

ほとんど変動なし「ちょいのり保険」 ※最高5.1位

「ちょいのり保険」というキーワードは、以下のように最大で「5.1位」の順位変動幅となっており、弊社が管理してる130キーワードの中でもほとんど変動がない状況です。

キーワード「ちょいのり保険」の順位変動状況

上記のように、すべての時間において11位以下の順位変動幅で通常の範囲に収まっており、検索順位の入れ替えが少なく安定してる状況です。

また、「ちょいのり保険」以外に、地名を含む検索キーワード(「キーワード+地名」)の順位が比較的安定しているように感じます。

コアアルゴリズムアップデートによる順位変動状況ポイント このように、「大変動が頻繁なキーワード」「大変動が一時的なキーワード」「常に安定してるキーワード」があり、大変動が発生していてもキーワードによって変動の仕方が大きく異なります。

順位が動いたページの今後の対応

今回のコアアルゴリズムアップデートによるGoogle大変動で、順位が下落・上昇したページの今後の対応方法を以下ご案内します。

順位が下落したページ

順位が下落したページは、今後以下のような対応を行いましょう。

  • 毎日、自社サイトが何位に表示されているかを確認する。(できれば、朝、昼、夕の時間毎)
    その際の順位確認は、以下2つの方法で確認するといいでしょう。
    1. Googleクロムのシークレットモードで、手動検索する
    2. SEOツールを使って、順位を確認する
    2つの手法で確認する必要がある理由としては、手動検索とSEOツールを使った場合に獲得できる順位に差異があるケースが多いためです。
    変動が続いているので、どちらの順位が正しいかは特定できませんが、いつどの位置にいるかを知るための重要な指標となります。
  • 上位20サイトがどれだけ入替っているかを確認する。
    上位10サイトの入替わりが無く、11位以降が動いている場合や、上位10サイトもガラガラと入替っている場合などがあります。
    対策キーワードの上位がどういった動きをしているのかを確認してください。
    順位が上がったサイト、順位が下がったサイトのURLを記録しておくと、どういう傾向のサイトが順位上昇したか、反対にどういう傾向のサイトが順位低下したかの傾向をつかむチャンスになります。

このように、順位が下落したページに対して何もしないで、順位変動が安定するまで様子を見ることをお勧めします。
順位が下落してから1週間後を目安に再度検索順位を確認しながら、対策を改めて検討しましょう。

それでも順位が戻らない場合は、ユーザーの利便性を考慮してページをリライトしたり、サイト全体のページを見直すなどのSEO対策を繰り返し行う必要があります。

順位が上昇したページ

順位が上昇したページは、今後以下のような対応を行いましょう。

  • リンク先、リンク元のページを見直す
    発リンク先のページ、被リンク元のページを見直して順位が上昇したページとつながりのあるサイト内のページのリライトを行うことをご検討ください。

このように、紐づくページをリライトして関連ページの質を上げながら、順位が上昇したページの価値を高めることをお勧めします。

順位は上がったけど上位化に至ってない場合は、順位変動が落ち着き検索順位が安定したタイミングでリライトを行い、ユーザーの利便性を考慮したページ内容に改善しながら、さらに上位化を目指しましょう。

リライトのコツについては、以下記事で詳しく解説してますので、ご参考ください。

まとめ

2018年4月18日のコアアルゴリズムのアップデートによるGoogleの変動は、キーワードによっては現在も継続して変動中です。

順位が変動したページ自体は編集せずに数日間は様子を見ることをお勧めします。

下落してから1週間程度経過しても順位が低下したまま、どうやって回復させたらいいのかわからない場合などは、ご相談ください。
現状がどういった問題をかかえているか、次にどのような対策から始めると良いかご案内致します。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す