SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

Googleアナリティクスの「データ保持期間」の設定について

2018/05/16 2018/07/12

Googleアナリティクスの管理画面から「データ保持」を設定してますか?
今までGoogleアナリティクスで計測したアクセスデータの保持期間を設定して、過去の履歴を保存しておきましょう。

今回は、データ保持が必要になった背景と、「データ保持」の設定方法について解説したいと思います。

Googleアナリティクスの「データ保持」について

「データ保持」が必要になった背景

なぜ「データの保持」が必要になったのか?
それは、Googleが2018年5月25日に施行する新しいデータ保護法「一般データ保護規則」に対応するためです。

この規則により、Googleアナリティクスのアクセスデータを自分自身で保持する必要が出てきました。

この規則については、アナリティクスを利用してるユーザーであればGoogleから以下のような件名で各自メールですでに届いてると思います。

  1. Important updates about the General Data Protection Regulation (GDPR)
  2. 一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ
  3. [Action Required] Important updates on Google Analytics Data Retention and the General Data Protection Regulation (GDPR)

2つ目は、1つ目のメールの翻訳版です。とくに、3つ目のメール内容に、Googleアナリティクスの管理画面から自分で「データの保持」をする必要性を言及してます。

Today we introduced granular data retention controls that allow you to manage how long your user and event data is held on our servers. Starting May 25, 2018, user and event data will be retained according to these settings; Google Analytics will automatically delete user and event data that is older than the retention period you select. Note that these settings will not affect reports based on aggregated data.

Action: Please review these data retention settings and modify as needed.

翻訳すると、

今日では、ユーザーとイベントのデータがサーバー上で保持される期間を管理するための詳細なデータ保持コントロールを導入しました。 2018年5月25日から、これらの設定に従ってユーザーとイベントのデータが保持されます。 Googleアナリティクスでは、選択した保存期間より古いユーザーとイベントのデータが自動的に削除されます。これらの設定は、集計データに基づくレポートには影響しません。
処置:これらのデータ保持設定を確認し、必要に応じて変更してください。

この「データの保持」は1度設定すれば終わりですので、永続的にアナリティクスのアクセスデータを残しておきたい方は、早めに設定しておくことをお勧めします。

「データ保持」の設定方法

「データの保持」の設定は、とても簡単です。

①まずはGoogleアナリティクスにログイン後、「管理」をクリックしましょう。

Googleアナリティクスの「データ保持」の設定方法①

②プロパティのトラッキング情報から「データ保持」をクリックします。

Googleアナリティクスの「データ保持」の設定方法②

③ユーザーデータとイベントデータの保持から「自動的に期限切れにならない」を選択して「保存」ボタンをクリックすれば、無事に「データ保持」の設定が完了です。

Googleアナリティクスの「データ保持」の設定方法③

このようにデータ保持の設定をすることで、過去のアクセス解析データが削除されずに、今までのデータを永続的に見ることが可能となります。

この設定を、Googleアナリティクスのタグを設置してアクセス解析してるサイトごとに同じ要領で行う必要があります。

※参考:データの保持 – アナリティクス ヘルプ

まとめ

Googleアナリティクスのデータを保持して、大切なアクセスデータを管理しましょう。

過去のデータと照らし合わせて比較することで対策を練る糧になることが多々あります。

サイトのパフォーマンスを上げるためにも、保持したデータを活かしながら、SEO対策を進めることが重要です。

関連記事Googleアナリティクスとは?導入から使い方までわかりやすく解説

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら