被リンクを増やして10日後に「4位」、1ヶ月後「2位」まで上昇したサイトのSEO事例 | SEOラボ

SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

被リンクを増やして10日後に「4位」、1ヶ月後「2位」まで上昇したサイトのSEO事例

2018/08/07 2018/08/07

2018年8月1日のコアアルゴリズムアップデートでは、SEOに敏感なユーザーの間で「被リンクの評価が強まった」ともいわれてます。

実際に検索結果の傾向など見てると、弊社管理サイトも含めて、やはり被リンクをしっかり蓄えてるサイトが上位表示に成功してるケースが非常に多いです。

このように、被リンクの評価が今高まってますが、元から被リンクはSEO効果が高く、適切に増やすことで一定の効果が期待できます。

実際にこの効果がわかる事例「被リンクを増やして10日後に11位から「4位」、1ヶ月後「2位」まで上昇したサイトのSEO事例」についてポイントをまとめて解説したいと思います。

被リンクを増やして10日後に「4位」、1ヶ月後「2位」まで上昇したサイトのSEO事例

上位化したサイトの概要

対策キーワードのSEO難易度は、それなりに高い

上位化したサイトの対策キーワードは、医療系のキーワードで検索数「1000~1万」のミドルキーワードです。
医療系のキーワードなので基本的に「YMYL」が適用され、公共サイトなどの公式サイトが評価されやすい難易度の高いキーワードでもあります。

実際に競合上位のサイトを見たところ、公共サイトが半数程度ランクインしてました。その他半数は、ドメインパワーが低い(被リンクの質がそこまで高くない)アフィリ系の口コミサイトが中心ですが、いずれもコンテンツがしっかり作り込まれた良質なページでした。

このようなキーワードで被リンク対策を始めた当初、すでに11位まで順位が付いてる状態でした。
対策ページにはほぼ被リンクが無い状態だったので、コンテンツの質だけでかなり評価されてたといえます。
なので、被リンクだけ強化すれば、10位以内に上位化できる可能性が当初から十分にありました。

そして、実際に被リンク対策を強化したところ、被リンク対策をはじめて10日後に「4位」、1ヶ月後「2位」まで上昇しました。

では、このようなキーワードでどのように被リンクを強化して、上位化に至ったか?順位推移とともに、対策内容を掘り下げて以下解説したいと思います。

関連記事YMYLとは?SEOにおける必要知識について

「被リンクと検索順位の推移」、その対策内容

今回の事例では、被リンクほぼ0の状態から、被リンクを徐々に設置して数を増やすことで、対策開始時の11位から10日後に4位、1か月後には2位まで上昇しました。

被リンクと検索順位の推移グラフ

このように上位化させるために、対策ページに対して行った被リンク対策は、主に以下のようなものになります。

  • ドメインの異なるサイトからの被リンクを1日1本ずつ増やしながら、計20本まで被リンクの数を増やした(被リンクドメイン数を20増加)
  • アンカーテキストを対策キーワード含めて、すべて異なる文言内容にした(タイトル名は含めて、計20個のアンカーテキストを対策ワード含む異なる内容にした)
  • 弊社が品質管理するGoogleガイドラインに準拠したWebサイトから被リンクを張った
  • 対策ページの言語が日本語なのに対して、同じ日本語サイトからの被リンクを設置した

このような対策で被リンクを増やして、Googleにその被リンクが評価されたことが対策ページの上位化に繋がったといえます。

なぜ上位化したのか?

上位化したのは、コンテンツと被リンクの両方の力

これまでの解説で大体予想付く方もいると思いますが、2位まで上位化した理由はコンテンツだけでなく被リンクも伴ってたからです。

先述で触れましたが、この対策ページは、対策当初の時点ですでに11位と順位が付いており、コンテンツの質が高い状態でした。
なぜ10位以内にランクインできないか?含めてサイト状況を調査したところ、被リンクがほぼ0だということがわかり、この部分を集中的に強化しました。

とくに「異なるドメイン(サイト)からの被リンクを増やす」「アンカーテキスト分散」「1日1本ずつ被リンクを増やす」といった策を中心に良質な被リンクを徐々に増やしたことが、Googleに評価された要因と言えます。

このようにコンテンツだけでなく被リンクも伴ったことで、対策ページの評価がさらに高まり、対策開始時の11位から10日後に4位、1か月後に2位まで上昇したというわけです。

ちなみに、この対策ページは2018年8月1日のコアアルゴリズムアップデートによりさらに評価されて1位に上り詰めました。

コアアルゴリズムアップデートによりその後1位まで上位化した検索順位グラフ

これは、被リンク対策(外部対策)とコンテンツ対策の両方を止めずに継続して適切に強化したことが1位に上り詰めた大きな要因と言えます。
もっというと、コアアルゴリズムアップデートで被リンクの評価が重視された点も、評価に関与してる可能性があります。

1位を目指すために必要なこと

1位を目指すには、まずユーザーファーストのコンテンツを念頭に置く

1位を目指すためには、Googleが言及する「ユーザーファースト」の概念を念頭にサイト運用することがベースとなります。

この概念をもとにコンテンツを作成して、被リンクが集まるような良質なコンテンツを提供することが重要となります。

この重要性は、Google公式に言及してることです。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。

※引用元:Google が掲げる 10 の事実

このようなGoogleの評価基準に沿うために、コンテンツと被リンクを最適化することが重要となります。
なので、この点を注力するために、実際に評価されてる競合上位サイトの傾向を把握して、その傾向に沿ったコンテンツを作成したり、上位サイトよりも不足がちな被リンクを補うように対策を進めることが、1位を目指すうえでのポイントと言えます。

関連記事Googleのサイト評価基準をもとにSEOするには?

まとめ

被リンクは上位化を目指すうえで重要な要素となります。
どのように、被リンクを集めるか?基本的には良質なコンテンツを提供して、SNSでより多くの人に知ってもらい共有してもらいながら多くの被リンクを獲得することです。

また、半ば強制的に被リンクを設置する被リンク対策もあります。
今回の事例のように、弊社が提供する被リンクを適切に設置して、上位化を目指す方法も1つの手段としてあります。

しかし、これらの被リンク対策だけで上位化するわけではありません。
本ページでも解説の通り、コンテンツの質も伴う必要があります。

なので、まず自分のサイトに何が不足してるのか?競合上位サイトと自サイトのSEO状況を比較してチェックした上で、コンテンツと被リンクの不足部分を補うようにSEO対策を進めていくことが重要となります。

弊社ではサイトの欠点を調査して無料アドバイスを実施してますので、お気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら