SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

コンテンツ対策に欠かせない「SEO Manager」とは?

2018/10/15 2018/10/30

GoogleはWebサイトを評価するうえでコンテンツを最重要視しています。
つまり、SEOにおいてコンテンツ対策なしには、検索順位を上げることが難解となります。

そこで、当ブログ「SEOラボ」を運営するSEO専門会社ディーボでは、コンテンツ対策を重視したSEOツール「SEO Manager」を提供しています。

このコンテンツ対策を推し進めていくことで、ユーザーファーストを考慮したWebサイトの構築につながるので、最終的に上位化しやすいサイトとなり、検索トラフィックの向上によるWeb集客の加速が期待できます。
そうなれば、集客だけでなく問い合わせや申し込みといったコンバージョンも増えやすくなり、ビジネス成長も大いに見込めるようになるでしょう。

このような点踏まえて、今回は、コンテンツ対策に欠かせない「SEO Manager」について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

コンテンツ対策に欠かせない「SEO Manager」とは?

SEO Managerとは?

コンテンツ対策に重点を置いて、 上位表示を目指すSEO対策の総合サービスが「SEO Manager」

SEO Managerとは、大枠ではサポート付きのSEO対策サービスであり、そのサービスの中で特に「コンテンツ対策」に注力できるツールが付属したSEO商品のことです。
なので、現在のSEOにおいて重要視されてるコンテンツに対して、集中的に対策が望めて、かつコンテンツ対策含むSEO全般のサポートが受けられるということになります。

このSEO Managerでは、当ブログ「SEOラボ」を運営するSEO専門会社ディーボのスタッフが対応するので、十数年培った独自のSEO知識を活かした支援で、SEO初心者の方から安心してキーワード順位の上位化を目指すことができます。
さらに、キーワード順位の上位化によって検索トラフィックも向上し、Web集客を加速させることができるので、最終的には、問合せや申し込みといったCV増加によるビジネス成長まで見込めるのが「SEO Manager」となります。

また、SEO Managerでは「SEO対策の無料アドバイス」から行っており、本格的に「SEO Manager」を導入したい方は、1ヶ月あたり58,800円から効果的なコンテンツ対策で上位表示を目指すことができます。

公式サイトSEO対策-サポート付きSEOで順位上昇を目指す|SEO Manager

SEO Managerでは主に何ができるのか?

先述でも触れてきましたが、SEO Managerでは、主に悩まずにコンテンツ対策が自分で出来るようになります。
もう少し言うと、「コンテンツ対策って何をやったらいいのか?」「どんなコンテンツ(ブログ記事)を書いたらいいのか?」「どんな語句をタイトルや見出し、テキスト文章内に含めたらよいのか?」などのコンテンツ作成に関する悩みが、SEO Managerを使うことで解決できるので、スムーズに上位化しやすいコンテンツを作ることができます。

SEO Managerの中身を簡単に紹介すると、実は、コンテンツ対策ができるツール自体の名前は「SEO Data」と言いまして、そのツール画面上から上位表示を目指すキーワード(対策キーワード)を入力すれば、競合上位サイトで頻出する対策キーワードの共起語を取得することができます。

SEO Managerを使ったコンテンツ対策によって、競合上位サイトの共起語が重要な順番から確認できる

上記のように、表示された重要な共起語(最も重要なキーワード、次に重要なキーワード)を含めて競合上位ページの傾向に習ったコンテンツを作ることができるので、結果的にGoogleが評価するユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを作成して提供することが可能です。
もちろんこのようなコンテンツが提供できれば、検索結果での上位表示がより期待できるようになります。

このように、ユーザーの検索意図を考慮したGoogleに評価されやすいWebページを作成して増やすことができるので、最終的にはサイト自体の質(ドメインパワー)が向上して、上位化しやすいWebサイトの運用に繋がる点が、「SEO Manager」の最大の魅力です。

関連サイトSEO Manager サービスの内容・特徴|SEO対策 SEO Manager

SEO Managerのその他の魅力について

「今必要なSEO」と「高精度な対策」を踏襲したのが「SEO Manager」

SEO Managerは、コンテンツ対策だけに特化してるわけではありません。
一貫したSEO対策で上位表示を狙うための総合サービスが「SEO Manager」であり、コンテンツ対策支援の他、「内部対策や外部対策(被リンク対策)の支援」「SEO専門スタッフによるメール・電話サポート」「Google順位変動情報の提供」「検索順位の管理」まで「今必要なSEO」と「高精度な対策」を踏襲したのが「SEO Manager」というサービスです。

コンテンツ対策以外のその他の魅力

関連サイトSEO Manager サービスの内容・特徴|SEO対策 SEO Manager

精鋭なSEOサポートによって精度の高いSEO対策が実施できる

専門知識を有するSEO専門スタッフの対応により、SEO対策の精度UP!

当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社ディーボは、2005年の創業以来数十年培った独自のSEO知識を持ち合わせており、その知識を踏襲した精鋭なSEOスタッフによるサポートが、SEO Managerで受けることができます。
なので、SEO Managerを利用後、そのサービスの一つであるコンテンツ対策ツール「SEO Data」で、「実際にどのようにSEO対策を進めたらよいかわからない…」などの悩みや、SEO対策の基本からわかる範囲までのSEOに関連するあらゆるサポートを電話やメールにて対応を承ってます。

このような高度なSEOサポートを利用して、SEO対策の精度を高めながら上位表示を目指すことができるサービスが「SEO Manager」となります。

内部対策の指南によって基礎SEOが強化できる

的確な内部対策のアドバイスによって、より確実に基礎SEOの強化ができる!

内部対策は、コンテンツ対策とはまた異なり、主に検索エンジンのクローラーにWebページの内容を解りやすく伝えるためのクローラビリティの最適化を含めたSEO対策になります。
なので、検索エンジンの仕組みをある程度理解しながら、効果的な内部対策を行うことがSEOにおいて重要となります。

この内部対策はコンテンツ対策よりもある意味難易度が高いと言えるので、専門知識を有する弊社のSEO専属スタッフによる質の高いサイト調査を行い、必要な内部対策を指南します。
もう少し言うと、HTMLソースコードを中心に調査して、タイトルやディスクリプションなどのSEOにおいて重要なタグまわりやURLの正規化などの基本的な部分から内部対策のアドバイスを行います。

このアドバイスに応じて、Webサイトを修正することで検索エンジンに認識されやすいサイトとなるので、自サイトの検索パフォーマンスの向上が見込めるようになります。
このように、基本的な内部対策を行ってサイトの質を上げながら、上位表示を目指すサービスが「SEO Manager」となります。

関連記事SEO内部対策とは?効果的な対策について

被リンクの支援によってGoogleが最も重要視するリンクを最適化できる

必要な外部リンクを強化して、 検索エンジンに認識されやすく、評価されやすいサイトにする

SEO Managerでは、Googeガイドラインを考慮した被リンクを3本設定しますが、これは検索エンジンにインデックスされやすいサイトにするためだけでなく、被リンクドメイン数が増えるので被リンクの質自体の向上も見込めます。
なので、コンテンツと同様に検索順位の決定において最も重要視されてる「被リンク」の最適化につながるので、キーワード順位の上昇に繋がりやすくなります。

つまり、最も重要視されてるコンテンツだけでなくリンクを合わせた両方の面から、SEO対策を強化して上位表示を目指せるサービスが「SEO Manager」となります。

関連記事被リンクとは?被リンクを調べる方法と増やす方法について

キーワード順位の推移とGoogleの順位変動状況から的確にSEO対策方針を見出せる

SEOを行う上で、上位表示を目指すキーワードの検索順位推移を追っていくことが対策の質を上げるために重要となります。
そのキーワード順位の推移を管理できる機能も搭載されてるのが、「SEO Manager」のサービス内のコンテンツ対策専用ツール「SEO Data」です。
さらに、このSEO Dataには、日々のGoogleの順位変動幅が確認できるツールも備わってます。

なので、一応まとめると「コンテンツ解析ツール」「検索順位管理ツール」「Google順位変動確認ツール」の大きく3つの機能が「SEO Data」に完備されており、これらのツールを連動させて検索順位の推移や順位変動状況を加味した的確なSEO対策の方針を見出しながら、精度の高いコンテンツ対策がで実施できます。

検索順位と順位変動状況からSEO対策の方針を見出す!

このように、より高度なコンテンツ対策を実現して上位表示を目指していくのが「SEO Manager」というサービスになります。

コンテンツ対策を成功させるには、Webサイトを運用することが重要

コンテンツを更新して、良質なWebページを増やしながら Webサイトを運用することがSEOの成功率向上につながる

ここまで触れたように、基本的には、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツを含むWebページがGoogleに評価されて上位表示されるので、ページ単位でコンテンツ対策を進めることが重要となります。
さらに、ページ単位ではなくサイト単位でコンテンツ対策を推し進めて、Webサイトを運用していくことがSEOの成功を確かなものに近づけるためのポイントとなります。

もう少し言うと、サイトのテーマに沿ってユーザーファーストを考慮した関連ページを増やし、そのような良質なページ群のみで構成された専門性の高いWebサイトに仕上げてサイト自体の質を上げる(ドメインパワーを上げる)ことが、最終的に上位化させるために不可欠となります。

この点を少し深堀すると、競合上位サイトのドメインパワーが低ければ単体ページでも上位化しやすいですが、ドメインパワーが強い競合サイトが存在すれば、質の高いコンテンツを含むWebページを作ってもそのドメインパワーの強い競合ページより検索順位を上回ることが困難になります。
このようなケースはよくあることで、それを打開するために良質なWebページを増やしながら、Webサイトを運用してドメインパワーを上げる必要があるということです。

このように、ドメインパワーを上げて上位化を目指すことがコンテンツ対策において重要であり、「SEO Manager」ではそのようなWebサイト運用を見据えたSEO対策が実施できます。

関連記事ドメインパワーを上げる方法教えます

コンテンツ対策だけで、上位化できるの?

サイト運用を考慮したコンテンツ対策によって、 検索上位化が確かなものへと近づく!

ここまでコンテンツ対策の重要性を踏まえて「SEO Manager」サービスについて伝えてきましたが、実際のところコンテンツ対策に注力して上位化できるのかというと、答えは「上位化出来ます」。

今現在のGoogleは、Webサイトを評価するうえで「コンテンツと被リンク」を最重要視してますが、次に重要な要素が「ランクブレイン(RankBrain)」になります。
コンテンツと被リンクについてはある程度理解があると思いますが、このランクブレインは、検索クエリとWebページとの関連性を見ます。
つまり、ユーザーが検索窓で入力した語句(検索クエリ)に対するWebページのコンテンツとの関連度合いをGoogleは評価対象にしてるということです。

このことからもわかるように、Googleがいかにコンテンツに対して重きを置いてるか読み取ることが出来ると思います。
なので、先述でも少し触れてますが、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツを提供し、そのコンテンツをリライトするなどしてサイト運用しつつコンテンツ対策を推し進めることがSEO対策において重要であり、上位化に不可欠となります。

このように、最重要である「コンテンツ」「被リンク」にとどまらず、次なる重要な要素である「ランクブレイン」まで見込んだ効果的なコンテンツ対策に打ち込めるのが「SEO Manager」となります。

関連記事RankBrain(ランクブレイン)とは?ランクブレインの役割とSEO対策について

まとめ

GoogleがWebサイトを評価する際の重要な要素に対してダイレクトにSEO対策が施せるコンテンツ対策重視のSEOサービスが「SEO Manager」です。

公式サイトSEO対策-サポート付きSEOで順位上昇を目指す|SEO Manager

この「SEO Manager」では、Googleが最重要視する「コンテンツ」要素に重点を置いてるため、ユーザーの利便性を考慮した質の高いコンテンツの作成・提供をより強く支援しています。

なので、コンテンツ作成でお悩みの方や、検索順位が下がった、対策しても検索順位が上がらない場合は、サイトのコンテンツを調べて無料でSEOアドバイスします。
まずはお気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

また、このようにして作成した良質なコンテンツをより多くの人に認知させて、被リンクの獲得を促しながら、上位表示を目指すことがSEO対策において重要となります。

そうして、上位表示できれば、検索流入の拡大によるWeb集客の加速につながるので、最終的には問合せや申し込みといったコンバージョン数の向上も見込めるようになり、ビジネス成長が大いに期待できるようになるでしょう。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら