SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Google大変動】2018年11月1日から8日付近にGoogleで大きな順位変動

2018/11/08 2018/11/12

2018年11月1日から8日付近にかけて、namazで通常より大きな変動があり、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

海外アルゴリズムツールや情報サイトでも確認かつ取り上げられ、Googleで大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられます。

【Google大変動】2018年11月1日から8日付近にGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2018年11月1日から8日付近から通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCast 順位変動

※出典:MozCast

SERPmetrics 順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrush 順位変動

※出典:SEMrush

この変動によるキーワード順位への影響

2018年11月1日から8日付近の順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のよう影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム1万~10万 圏外から7位に上昇!
ずっと圏外で100位以内にもランクインしなかったページが、今回の変動で圏外から7位まで上昇中。

キーワードボリューム1万~10万のキーワード順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム100~1000 16位から5位に上昇!
9位から15位に下落後、しばらく15位から10位の間をうろついてたページが、今回の順位変動で16位から5位まで上昇中。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム100~1000 2位から1位に上昇!
しばらく2位で安定していたページが、今回の順位変動でさらに2位から1位に上昇。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

このように弊社管理サイトでは、コンテンツ対策を注力してるページに該当するキーワード順位が上昇してるケースが目立ちました。

もう少し言うと、当ブログ「SEOラボ」のSEO関連のキーワード順位も今回の大変動の最中、軒並み上昇しており、ページごとにコンテンツ対策に注力した効果が表れてる状況です。

SEOラボのコンテンツ対策では、主に、低品質なページの削除・リライト、類似ページの統合、ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツ作成の3つを行っています。
こうして、高品質なページを増やして、サイト自体の質向上に努めることでドメイン自体が評価されるようになるので、結果的に検索順位が大幅に上昇した形になります。
さらに、今まで認識されてなかった検索クエリでページが表示されたり、1つの検索クエリでサイト内の複数ページが表示されるようになるので、最終的には検索流入が大幅に拡大して、Web集客が加速するようになります。

当ブログ「SEOラボ」の検索トラフィック

当ブログ「SEOラボ」の検索トラフィック

検索流入以外にサイトへユーザーを流入させるには、リスティング広告やFacebookやTwitter、メルマガなどによる参照流入やSNS流入、ダイレクト流入があります。
これらのチャネルから流入を増やすことはできますが、SEO対策よりも費用対効果が低くなります。

そう考えたときに、まずSEO対策による検索流入を確保することが重要となります。
そうしたうえで、コンバージョンしやすい参照流入やダイレクト流入などの他チャネルも適宜考慮しながら、SEO対策を進めていくといいと思います。

また、SEO対策によって検索結果での露出を増やせば、同時にサイトのブランディングにもなるのでブランド検索による流入や参照流入によるアクセスも増えやすくなるでしょう。

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

今回の順位変動の特徴と対策方針

今回の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針について、無料レポート(2018年11月1日から8日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針)にまとめましたので、ダウンロードしてご参照ください。

弊社のサイトが上位化した見解や対策内容に触れてます。

【無料SEO対策レポート】2018年11月1日から8日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、50本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
2018年11月1日から8日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

今回の順位変動の関連情報

今回の順位変動に関して、以下の関連記事が公に公開されてます。

  • Google Creepy Search Algorithm Update Continues With Stronger Volatility
    2018年11月1日から継続的なGoogleアルゴリズムアップデートが展開されてる模様です。
    もう少し言うと、時間によって検索結果が異なったり、急なトラフィックの変化などが報告されてます。
  • Google Halloween Ranking Update: Possible Targeted Update Yesterday?
    ハロウィーンの日に、Googleの検索結果の大幅な順位の変更について、業界内で数々の雑談がありました。
    多くのキーワードが削除されたり、トラフィックを失ったなどのSEOに関する影響が報告されてます。
    このGoogleアルゴリズムアップデートは、「Google Halloween Update(ハロウィーンアップデート)」と呼ばれてます。

また、今回の大変動についてTwitter上で以下のようなつぶやきが見られます。

このように、SEOに敏感なユーザーの間でも、今回の大変動の影響についてピックアップしてる状況です。

まとめ

今回の大変動においては、当ブログ「SEOラボ」が評価された見解から言えば、サイト自体の質を向上させたことが評価された大きなポイントと言えます。
もう少し言うと、ページごとに忠実にコンテンツ対策を行って、高品質なページを多くすることが上位表示のポイントとなります。
そうすれば、サイトの質が高まるので、Googleにサイト自体が評価されて検索での露出増と共に、検索流入も増えて、Web集客が加速する形になります。

また、今回の大変動では、YMYL系サイトの変動が大きくなってるので、該当するサイトは検索順位を注視してコンテンツ対策を進めましょう。

namaz.jpの業種別(ジャンル別)順位変動データ(※2018年11月6日時点)

「健康と医学」や「財務、金融、法律」などのYMYL系サイトのSEO対策では、とくに情報の信頼性が重要となりますので、その点を考慮してWebページを最適化しながら、上位表示を目指すことが重要となります。

もし、SEO対策しても順位が上がらない、Googleアルゴリズムアップデートで検索順位が下がった、SEO対策する時間がないなどの悩みがあれば、あなたのサイトの欠点を調査して無料でSEOアドバイスします。
まずは、お気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら