SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Google大変動】2018年11月16日にGoogleで大きな順位変動

2018/11/20 2018/11/21

2018年11月16日付近に、namazで通常より大きな変動があり、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

海外アルゴリズムツールや情報サイトでも確認かつ取り上げられ、Googleで大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられます。

【Google大変動】2018年11月16日にGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2018年11月16日付近から通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCast 順位変動

※出典:MozCast

SERPmetrics 順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrush 順位変動

※出典:SEMrush

この変動によるキーワード順位への影響

2018年11月16日付近の順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のよう影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム1万~10万 15位から5位に上昇!
当初16位で、しばらく20位から15位の間をうろついていたページが、今回の順位変動で15位から5位まで上昇中。

キーワードボリューム1万~10万のキーワード順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム100~1000 13位から9位に上昇!
15位から12位付近でずっと停滞して、1ページ目になかなかランクインしなかったページが、今回の順位変動で13位から9位まで上昇中。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム1000~1万 10位から6位に上昇!
当初15位だったページが、2018年11月1から8日付近の順位変動で12位付近に上昇して順位が上向きになり、今回の順位変動で10位から6位まで上昇中。

キーワードボリューム1000~1万のキーワード順位への影響

このように、今回の大変動によって弊社の管理するキーワード順位に影響が見られ、急上昇したキーワードや少し下落したキーワード、2018年11月1日から8日の順位変動で少し上昇してさらに上昇したキーワードなどさまざまな傾向がありました。
このような順位変動の傾向から、やはりコンテンツ対策に注力してるページに該当するキーワード順位が、今回の大変動で上昇してるパターンが目立ちました。
逆に、コンテンツ対策に注力してないいくつかのページに該当するキーワード順位は、今回の大変動で急下落したり、右肩下がりのまま下落気味に順位が動いており、上位化には程遠いキーワード順位の推移となってます。

ちなみに当ブログの「SEOラボ」は、前回の大変動に引き続き今回の大変動でもサイト自体が評価されて、検索流入も増加しています。
もう少し言うと、SEOラボが管理する数百個のキーワード順位では、順位が下がったキーワードもありますが、検索ボリュームの高いキーワードの順位も上昇したので、全体的には検索流入が加速した形になります。
また、今まで認識されてない検索クエリでインデックスされるようになったり、検索結果にサイト内の複数ページがインデックスされるようになるなどして、検索表示回数が増えると同時にクリック数も増えて、検索流入が拡大しています。

SEOラボの検索トラフィック

SEOラボの検索流入が増大

このように検索流入を拡大させるためには、選定したキーワードごとにユーザーの利便性を考慮したページを提供して、自分のサイト内で高品質ページの割合が高まるようにSEO対策を進めることが重要となります。
もう少し言うと、ページごとに選定したキーワードの検索順位推移を追って、順位が低いキーワードに該当するページをリライトしながら、キーワード順位を1つ1つ高めていきましょう。
また、明らかに低品質なページは削除もしくはnoindexで対処して、検索エンジンにインデックスさせないようにし、低品質ページがGoogleから評価対象にされないようにしておきましょう。

こうして、多くの高品質なページを蓄え、かつ「E-A-T」や「YMYL」を考慮した信頼できるWebサイトを運用して、Googleから評価されやすいサイトにすることが、SEO対策を進めるうえで重要であり、最終的に検索流入の大幅な拡大につながります。

今回の順位変動の特徴と対策方針

今回の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針について、無料レポート(2018年11月16日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針)にまとめましたので、ダウンロードしてご参照ください。

弊社のサイトが上位化した見解や対策内容に触れてます。

【無料SEO対策レポート】2018年11月16日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、50本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
2018年11月16日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

今回の順位変動の関連情報

今回の順位変動に関して、以下の関連記事が公に公開されてます。

  • Mid-November Google Search Algorithm Update Reversals?
    2018年11月16日付近のGoogle検索アルゴリズムアップデートでは、特定のキーワードにおいて数時間単位でいくつかの逆転や調整が見られるようです。
    また、今回の大変動に関しては、海外の有名なSEOフォーラムでもいつも以上の話題となってるようです。
  • Early Signs Of A Google Search Algorithm Update
    2018年11月16日付近のGoogle検索アルゴリズムアップデートの初期兆候が見られました。
    とくにSEMrushのツールにおいて英国や他のヨーロッパ地域での順位変動指数が高く推移しています。

また、今回の大変動についてTwitter上で以下のようなつぶやきが見られます。

このように、SEOに敏感なユーザーの間でも、今回の大変動の影響についてピックアップしてる状況です。

まとめ

2018年11月に入ってから、通常より大きめの順位変動が小刻みに起きており、大きなアルゴリズム調整が短い間隔で行われています。
これにより、キーワード順位が大幅に入れ替わる機会が増えており、評価が高いサイトと低いサイトの明暗がどんどん分かれている状況です。

なので、今回の大変動のように、アルゴリズムアップデートによってGoogleから低評価を受けて順位が下落したサイトは、改めてサイト全体を見直しながらSEO対策を進めましょう。
もう少し言うと、本ページで少し触れたように、検索クエリと関連性、E-A-TやYMYL、使いやすさを考慮したWebページ・Webサイトを提供して、Googleから評価されやすくしながら、SEO対策を進めることが上位表示を目指すためのポイントとなります。

もし、SEO対策しても順位が上がらない、Googleアルゴリズムアップデートで検索順位が下がった、SEO対策する時間がないなどの悩みがあれば、あなたのサイトの欠点を調査して無料でSEOアドバイスします。
まずは、お気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

関連記事SEO対策とは?SEOの対策ポイントについて

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら