SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Google大変動】2018年12月16日にGoogleで大きな順位変動

2018/12/18 2018/12/18

2018年12月16日付近にかけて、namazで通常より大きな変動があり、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

海外アルゴリズムツールや情報サイトでも確認かつ取り上げられ、Googleで大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられます。

【Google大変動】2018年12月16日にGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2018年12月16日付近から通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCast 順位変動

※出典:MozCast

SERPmetrics 順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrush 順位変動

※出典:SEMrush

この変動によるキーワード順位への影響

2018年12月16日付近の順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のように影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム1万~10万 キーワードジャンル「IT系」 キーワード語数「単ワード」 10位から6位に上昇!
ほぼ10位でずっと停滞してたページが、今回の順位変動で10位から6位まで上昇中。

キーワードボリューム1万~10万のキーワード順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム1万~10万 キーワードジャンル「美容、ファッション系」 キーワード語数「単ワード」 6位から3位に上昇!
一時的に7位まで上昇したページが、その後10位前後をうろつき、今回の順位変動で8位から4位まで上昇中。

キーワードボリューム1万~10万のキーワード順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム100~1000 キーワードジャンル「企業間取引(BtoB)系」 キーワード語数「単ワード」 4位から2位に上昇!
8位から3位まで上昇後、3位と4位を行き来していたページが、今回の順位変動で4位から2位まで上昇中。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

このように、さまざまなジャンルのキーワード順位が活発に動いており、上昇してるものもあれば、下落・停滞してるキーワードもあります。
とくに対策キーワードに該当するページが高品質、かつ、そのサイト自体の質が高いものは、上昇してる傾向が目立ちます。
一方、対策キーワードに該当するページが高品質なのに、サイト自体の質が低く、Googleに信頼できるサイトとして依然として評価されずに、順位が上がってないものも見受けられます。

今回の大変動で順位が上がらなかった場合のSEO対策方法について

今回の大変動で順位が上がってない場合(順位が停滞・下落してる場合)のSEO対策方法について、無料レポート(2018年12月16日の大変動で順位が上がらなかった場合のSEO対策方法)にまとめましたので、ダウンロードしてご参照ください。

弊社のサイトが上位化した見解や対策内容に触れてます。

【無料SEO対策レポート】2018年12月16日の大変動で順位が上がらなかった場合のSEO対策方法

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、50本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
2018年12月16日の大変動で順位が上がらなかった場合のSEO対策方法

ちなみに当ブログ「SEOラボ」でも、今回の順位変動によってキーワード順位が大きく動いてます。

今回の順位変動によるキーワード順位の状況

上記のように、緑の93個のキーワードが順位上昇しており、通常時の50個程度に比べると、いつもより多くのキーワードで順位上昇してる形になります。
また、赤色の53個のキーワードが順位下落してますが、通常時も50個程度で、それらのキーワードの内容を見ても、いつもと同様にコンテンツ対策に力を入れてないキーワードで順位が下落しており予想の範囲内なので、大変動による悪影響はほぼありません。

結果的にSEOラボでは、ビッグキーワードで上昇したり、サイト自体の評価が高まって新たな検索クエリでインデックスされたり、1つの検索クエリで複数ページ表示されるなどして、検索流入が増加傾向です。

SEOラボの検索流入が増加

こうして検索流入を増加させて、Web集客を加速させるためには、ユーザーファーストを考慮して信頼できるようなサイトを構築するようにSEO対策を進めることが重要となります。

今回の順位変動の関連情報

今回の順位変動に関して、以下の関連記事が公に公開されてます。

  • A Google Search Algorithm Update Over December 15th Weekend
    2018年12月14日、15日の週末からGoogleの検索ランキングアルゴリズムの更新が行われ、日曜日の16日にはそのアップデートが加速してるように見えます。
    また、間違いなくいつもと異なる主要なアップデートが行われたと示唆する報告が複数あり、このアップデートによって、トラフィックの85%が失ったなどの影響も報告されています。

また、今回の大変動に関連してTwitter上で以下のようなつぶやきが見られます。

このように、SEOに敏感なユーザーの間でも、今回の大変動の影響についてピックアップしてる状況です。

まとめ

今回の大変動は、いつもと比べて影響が大きく、結果的にサイトの検索流入の大幅な増減を誘発してます。
これは、ひっくるめると低品質なページと高品質なページ、低品質なサイトと高品質なサイトの切り分け(アルゴリズムアップデート)が、より強化されてランク付けされたことが要因として考えられます。

また、ベースとしてはキーワードジャンルの全体に影響が及んでますが、とくに「財務、金融、法律」や「健康と医学」、「暮らし・結婚・恋愛」のお金や生活に関連するYMYL系のキーワードジャンルの順位変動が目立っており、強めのアップデートが行われた可能性が高いです。

「財務、金融、法律」ジャンルの今回の順位変動状況

なので、YMYL系のジャンルに該当するサイトやページは、とくに信頼性を考慮してユーザーファーストのコンテンツ作りに取り組みながら、SEO対策を進めましょう。

もし、SEO対策しても順位が上がらない、今回のようなGoogleアルゴリズムアップデートで順位が下がった、SEO対策する時間がない等の悩みを抱えてる場合は、 弊社でサイトの欠点を調査して、上昇に必要な対策をご案内します(無料)
ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」となります。

SEO対策の無料ご提案はこちら

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら