SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Google大変動】2019年2月13日にGoogleで大きな順位変動

2019年2月13日付近にかけて、namazで通常より大きな変動があり、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

海外アルゴリズムツールや情報サイトでも確認かつ取り上げられ、Googleで大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられます。

【Google大変動】2019年2月13日にGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2019年2月13日付近から通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCastの2019年2月13日付近の順位変動

※出典:MozCast

SERPmetricsの2019年2月13日付近の順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrushの2019年2月13日付近の順位変動

※出典:SEMrush

この変動によるキーワード順位への影響

2019年2月13日付近の順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のように影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム100~1000 キーワードジャンル「法律系」 キーワード語数「地域名含む2語の複合ワード」 18位から9位に上昇!
20位から15位付近でうろついてたページが、今回の順位変動で18位から9位まで上昇中。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム100~1000 キーワードジャンル「医療系」 キーワード語数「地域名含む2語の複合ワード」 4位から1位に上昇!
5位から3位の間をしばらく行き来してたページが、今回の順位変動で4位から1位まで上昇中。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム100~1000 キーワードジャンル「暮らし系」 キーワード語数「2語の複合ワード」 10位から16位に下落!
10位付近で1ページ目をキープしてたページが、今回の順位変動を機に10位から16位まで下落。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

このように、今回の大変動によって、一部のキーワード順位が急上昇したり、急下落するケースがいつもより多く見られました。

急上昇した場合は、キーワードに該当するコンテンツの「検索意図」「信頼性」「ユーザビリティ」といった点がGoogleに評価されたといえます。

一方、急下落した場合は、キーワードに該当するコンテンツの「検索意図」「信頼性」「ユーザビリティ」といった点が競合よりも劣っていることで、Googleから低評価を受けた可能性が考えられます。

Googleから低評価を受けて順位下落する原因

  • 競合上位サイトに書かれてるコンテンツが、下落したサイトのコンテンツに書かれてないことによる検索意図の欠如
  • コンテンツの信憑性や網羅性、専門性、独自性などが低いことによる信頼性の欠如
  • コンテンツの読みずらい・使いずらいことによるユーザビリティの欠如

こうした原因を改善して、信頼できるサイトを築きながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

ちなみに、当ブログ「SEOラボ」では、今回の大変動でGoogleから評価されて、管理してる関連キーワードの順位が複数上昇しています。

上記のように、複数の関連キーワード順位が上昇したり、新たなキーワードや同じクエリで複数ページが検索エンジンに認識されたことで、表示回数やクリック数、CTRも増えて、検索流入が拡大しています。

サーチコンソールの検索アナリティクスデータグラフ

こうした良い結果を出すためには、先述したように「検索意図」「信頼性」「ユーザビリティ」を考慮してコンテンツ作成し、信頼できるサイトを提供しながらSEO対策を進めることが重要となります。

今回の順位変動の特徴と対策方針

今回の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針について、無料レポート(2019年2月13日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針)にまとめましたので、ダウンロードしてご参照ください。

弊社のサイトが上位化した見解や対策内容に触れてます。

【無料SEO対策レポート】2019年2月13日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、50本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
2019年2月13日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

今回の順位変動の関連情報

今回の順位変動に関して、以下の関連記事が公に公開されてます。

  • Google Search Algorithm Updates Continue Through Weekend
    2019年2月12日、13日付近に検索ランキングアルゴリズムの更新が行われていることを示す兆候があります。
    これに関連して、検索結果が大幅に変更されて順位が下がったり、12日以降からゆっくり順位低下してるといった影響が複数報告されてます。
  • Evidence of Google Valentine’s Day Algorithm Update
    2019年2月13日付近に検索ランキングアルゴリズムの更新「Googleバレンタインアップデート」の兆候があります。
    これに関連して、検索トラフィックが良好になったり、そうでなかったりとコンセンサスがなく、サイトによって影響がまばらであることが報告されてます。
    また、バレンタインアップデートの特徴としては、「品質ではなく関連性に焦点を当てたもの」という見方をしています。

また、今回の大変動に関連してTwitter上で以下のようなつぶやきが見られます。

このように、SEOに敏感なユーザーの間でも、今回の大変動の影響についてピックアップしてる状況です。

まとめ

今回の大変動で影響を受けたサイト、そうでないサイトが存在します。
とくに影響を受けて順位下落したサイトは、SEO対策の方針を見直しましょう。

先述でも触れたように「検索意図」「信頼性」「ユーザビリティ」を考慮して信頼できるコンテンツを提供するようにSEO対策を進めることが重要です。

また、今回、順位下落しなかったとしても、今後の大変動でそうなる可能性があります。
なぜかというと、今までこの規模の大変動があるたび、Googleは一部のキーワード(ニッチなキーワード)に対して調整を強化してるからです。
つまり、YMYL系サイトのように医療などの特定ジャンルに対して細かいアルゴリズム調整が定期的に行われてるので、いつか自分のサイトもその餌食となる可能性があるというわけです。

こうしたアップデートで良い結果を得る(上位表示を目指す)ためには、信頼できるサイトを構築するようにSEO対策を進めることがポイントとなります。

もし、SEO対策しても順位が上がらない、今回のようなGoogleアルゴリズムアップデートで順位が下がった、SEO対策する時間がない等の悩みを抱えてる場合は、 弊社でサイトの欠点を調査して、上昇に必要な対策をご案内します(無料)
ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」となります。

SEO対策の無料ご提案はこちら

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら