SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Google大変動】2019年4月19日にGoogleで大きな順位変動

2019年4月19日付近に、namazで通常より大きな変動があり、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

海外アルゴリズムツールの情報サイトでも確認かつ取り上げられ、Googleで大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられます。

【Google大変動】2019年4月19日にGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2019年4月19日付近に通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCastの2019年2019年4月19日付近の順位変動

※出典:MozCast

SERPmetricsの2019年4月19日付近の順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrushの2019年4月19日付近の順位変動

※出典:SEMrush

キーワードジャンル別の順位変動幅状況

今回の順位変動によって、各キーワードジャンルの平均順位変動幅が前週(2019年4月9日週)よりも小さくなってます。
ですが、前週はインデックス削除による大変動があったので、今回の順位変動の規模が極端に小さく見えるだけです。
なので、実際には、「健康と医学」や「暮らし・結婚・恋愛」といったYMYL系や「美容、ファッション」「IT総合」などのプラスに順位変動幅がシフトしてるジャンルを筆頭に、いつもより全体的にキーワード順位の動きが活発な状況と言えます。(※namaz.jpのキーワードジャンル別順位変動幅データ参照)

この変動によるキーワード順位への影響

2019年4月19日付近の順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のように影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム100~1000 キーワードジャンル「IT系」 キーワード語数「単ワード」 5位から1位に上昇!
7位から6位をしばらく行き来してたページが、今回の順位変動で5位から1位まで上昇。

キーワードボリューム100~1000のキーワード順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム1000~1万 キーワードジャンル「健康系」 キーワード語数「地域ワード含む2語の複合ワード」 10位から3位に上昇!
一時期5位だったページが、徐々に14位まで低迷し、今回の順位変動で10位から3位まで上昇中。

キーワードボリューム1000~1万のキーワード順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム1000~1万 キーワードジャンル「金融系」 キーワード語数「2語の複合ワード」 29位から61位に下落!
一時に13位だったページが、徐々に右肩下がりに下落し、今回の順位変動を機に29位から61位まで下落中。

キーワードボリューム1000~1万のキーワード順位への影響

このように、今回の大変動によって、一部のキーワード順位がいつもより大きく上昇・下落してる状況です。

また、当ブログ「SEOラボ」が管理するキーワードの順位にも影響が及んでおり、普段より多くのキーワードで順位が上昇しています。
ちなみに普段は、40~50個程度のメインキーワードが上昇してますが、今回の大変動によって「62個」のメインキーワードで順位が上昇してます。

これと合わせて、サーチコンソールの検索パフォーマンスからSEOラボの管理キーワードの平均掲載順位を見てみます。
すると、今回の大変動の前週(2019年4月12日)と比較して、9位から8.6位に上昇してます。

サーチコンソールの検索パフォーマンス「SEOラボの平均掲載順位」

サーチコンソールでは、ご存知の通り、数千キーワードの平均順位が表示されます。
なので、62個のメインキーワードが上昇しただけでは、ここまで平均順位が上昇しません。

どういうことかというと、メインキーワード以外の「メインキーワードに付随する語句」や、「新たに認識された語句」などの複数の関連キーワード(数百以上の関連キーワード)が上位表示したということです。

このように、メインキーワードに関連する多くの語句で上位表示するためには、サイトの質を高めることが重要です。
もう少し言うと、ユーザーの検索意図を考慮したページのテーマに沿って、網羅性、独自性、信憑性を加味した信頼性の高い良質なページの割合を増やして、サイトの質を高めます。

さらに、専門性や権威性を踏まえて、より信頼できるサイトに仕上げながらSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

今回の順位変動の特徴と対策方針

今回の順位変動で上昇してるサイトの特徴を読み解いてみました。

こうした特徴から、今後どのようにSEO対策を進めたらよいか?無料レポート(2019年4月19日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針)にまとめましたので、ダウンロードしてご参照ください。

弊社のサイトが上位化した見解や対策内容に触れてます。

【無料SEO対策レポート】2019年4月19日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、50本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
2019年4月19日の順位変動の特徴と今後のSEO対策方針

まとめ

今回の大変動によって、一部のキーワード順位が通常よりも大きく上昇・下落してる状況です。
特に下落して、順位がもとに戻らないキーワードに該当するページは、あたらめてSEO対策を行う必要があります。

例えば、サイト内の特定のキーワードだけが順位下落したのか?もしくは、複数にまたがって多くのキーワード順位が大きく下落したのか?を見極めます。
前者であれば、特定のページを修正するだけで済みます。
一方、後者であれば、該当ページだけでなく、サイト全体の信頼性やユーザビリティやクローラビリティなどの要素を見直す必要があります。

こうして、検索順位の状況に合わせて、必要な最適化を行いながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

もし、SEO対策しても順位が上がらない、今回のようなGoogleアルゴリズムアップデートやコアアルゴリズムアップデート(コアアップデート)で順位が下がった、SEO対策する時間がない等の悩みを抱えてる場合は、 弊社でサイトの欠点を調査して、上昇に必要な対策をご案内します(無料)
ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

運営情報運営情報詳細へ

当ブログ「SEOラボ」は、北海道札幌市にあるSEO対策専門の会社「株式会社ディーボ」が運営してます。
もう少し言うと、2005年の創設以来、十数年培った精度の高い独自のSEOノウハウ(実験による分析データ等)を盛り込んだ最新のSEO情報を公開してるブログが「SEOラボ」となります。

SEO対策の無料ご提案はこちら

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら