SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SEOにおける専門性について

SEOにおいて、Webサイト(ブログサイト)の専門性を高めることが重要です。
例えば、1つのテーマに沿って選定したキーワードでコンテンツを増やします。
そうすれば、1テーマに関連するコンテンツ(専門知識)が増大して、専門的なサイトとしてGoogleに評価されやすくなので、検索順位も上がりやすくなるというわけです。

ちなみ、雑記サイト(雑記ブログ)よりも、特化サイト(特化ブログ)の方がサイトとしての専門性が担保されやすいです。
なぜかというと、1つのテーマに絞ってサイト運営することを目的とする分、1テーマに関連するコンテンツだけが増えやすいからです。
かと言って、雑記サイトの専門性が担保できないというわけではありません。

この点踏まえて、今回は、SEOにおける専門性について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SEOにおける専門性について

SEOにおける専門性とは?

Google検索品質評価ガイドラインで定義されてる 「E-A-T」と呼ばれるWebサイト評価項目の1つが「専門性」

SEOにおける専門性とは、Googleが公式に提供してる検索品質評価ガイドラインの中で定義する「E-A-T」という、Webサイト評価項目のことです。
もう少し言うと、「E-A-T」のE(Expertise)が専門性にあたります。

この専門性を満たしたWebサイトに仕上げることで、Googleに評価されやすくなり、SEO効果が見込めるようになります。
ちなみに、専門性を確保してSEO効果を得るためには、「特定のテーマにおける専門知識」と「専門知識を生かして関連コンテンツを増やす」「内部リンクする」ことが必要です。

特化サイトはサイトとしての専門性が高まりやすい

特化サイトは、1テーマに関連するコンテンツだけが増えやすい。 なので、サイトとしての専門性が高まりやすい!

特化サイトは、基本的に、1つのサイトテーマに絞ってサイト運営することが目的なので、その分サイトとしての専門性が高まりやすいです。
もう少し言うと、特化サイトは1テーマに関連するコンテンツだけが増えるので、サイト内全てのコンテンツ同士の関連性が高いことから、サイト単位で内部リンク構築の促進ができます。
そうなれば、クローラーにサイトとしての専門性を明示することに繋がるので、結果的に特化サイトの専門性が高まりやすいということが言えます。

雑記サイトはサイトとしての専門性が確保しずらい

雑記サイトは、複数のテーマに渡ってコンテンツが増えやすい。 なので、サイトとしての専門性が確保しづらい!

雑記サイトは、サイトのテーマが多岐にわたるので、複数のテーマでコンテンツを増やすことになり、特化サイトよりもサイトとしての専門性が確保しずらくなります。
もう少し言うと、雑記サイトでは、1テーマにおける関連コンテンツが増えずらい上、サイト内に関連性の低いコンテンツも増えやすくなるので、サイト単位での内部リンク構築が抑制されます。
そうなれば、クローラーにサイトとしての専門性を明示するに足らなくなるので、結果的に、特化サイトよりもサイトとしての専門性が担保しづらくなります。

ちなみに、こういった点から、雑記サイトではサイト単位ではなく、カテゴリ単位で専門性を高めていく考え方が、SEOにおいて重要となります。

内部リンクして専門性を明示する

内部リンクしてコンテンツ同士の関連性を強調する! そうして、クローラーにサイト単位、カテゴリ単位で 専門性を明示する!

これまで少し触れたように、専門性を確保するには、コンテンツ同士の関連性が必要です。
なので、増やした関連コンテンツに向けて内部リンクして、クローラーにコンテンツ同士の関連性を明示することが専門性を確保するうえで重要な点と言えるでしょう。

例えば、「SEOの方法について」というテーマのコンテンツから、「SEOのキーワード設定方法について」といった関連するテーマのコンテンツへ向けて内部リンクします。
そして、こうした内部リンク構築をサイト内で密に行うようにします。

こうして、できるだけ近いテーマに向けて内部リンクを張り巡らせて、サイト内やカテゴリ内のコンテンツ同士の関連性が高いことをクローラーに認識させることが、専門性を明示することにつながるでしょう。

ちなみに、内部リンクする際は、Webページ(ブログ記事)の文中やサイドカラム、コンテンツ下部に内部リンクを設置して関連性の高いリンクを配置することを考慮しましょう。

また、パンくずリストを設置したり、トップページやカテゴリページといった重要なページをしっかりインデックスさせるなどして、内部リンクによるクローラーの巡回を促進させましょう。
そうすれば、下層ページとの関連性や関係性が明快になり、よりわかりやすく専門性が明示できる可能性があります。

一方、関連性の低いコンテンツに向けて内部リンクしても、専門性云々の以前に、ユーザーの利便性の低下につながるので、良い評価は期待できないでしょう。

専門性を高めるための考え方について

特化サイトはサイト単位、 雑記サイトはカテゴリ単位で専門性を高めるように考える!

専門性を高めるために、サイト単位とカテゴリ単位の考え方が重要となります。

もう少し言うと、基本的にサイトテーマが1つに絞られてる特化サイトでは、サイト単位で専門性を高めます。
一方、サイトのテーマが多岐にわたる雑記サイトにおいては、サイト単位で専門性が高めずらいので、まずカテゴリ単位で専門性を高めるようにします。

また、専門性を高めるために、あらかじめサイト構成を練って、サイト設計しておくことも重要な考え方となります。

特化サイトはサイト単位で考える

特化サイトの専門性を高めるには、サイト単位で考えます。
例えば、当ブログ「SEOラボ」は、「SEO」という1つのサイトテーマに絞った特化サイトなので、SEOに関連するキーワードを選定して、その選定したキーワードでコンテンツを増やします。

特化サイトのサイト設計例

上記のように、「seo 対策」「seo google」「seo サイトマップ」などのSEOを含むロングテールキーワードや、「被リンク」「スパムリンク」などのSEOに関連するキーワードでコンテンツを増やします。
そうすれば、サイト内すべてのコンテンツ同士の関連性が高いので、サイト単位で、SEOのテーマに沿った内部リンク構築が促進できます。
結果的に、クローラーにサイト内のコンテンツ同士の関連性をより強調することができるので、SEOのテーマだけを扱ったサイトとして専門性を明示することが出来ます。

こうして、サイト単位で関連性の高い内部リンク構築を促進するようにSEO対策を進めることが、特化サイトの専門性を高めるための考え方となります。

ちなみに、同ジャンルのテーマをカテゴライズして、カテゴリ単位でコンテンツを増やせば、カテゴリの専門性も高まります。
こうしたサイトテーマに沿った専門的なカテゴリが増えれば、サイトとしての専門性を担保することにも繋がるので、よりSEO効果も見込めるようになるでしょう。

雑記サイトはカテゴリ単位で考える

雑記サイトの専門性を高めるには、基本的に、カテゴリ単位で考えます。

例えば、「SEO」「アクセス解析」「広告」といった複数のテーマを扱う雑記サイトであれば、まずそれぞれのカテゴリを設けます。
そして、設けたカテゴリごとに関連するコンテンツ(関連テーマ・関連ページ)を増やしていきます。

雑記サイトのサイト設計例

上記のように、アクセス解析のテーマ(カテゴリ)であれば、「アナリティクス 使い方」「アナリティクス 設定」「サーチコンソール 登録」などのアクセス解析に関連するキーワードを選定して、その選定したキーワードでコンテンツを増やします。

関連コンテンツが増えると、さらにカテゴライズ(子カテゴリ化)できる場合があります。
例えば、上記のアクセス解析のカテゴリでは、「アナリティクス 使い方」「アナリティクス 設定」「アナリティクス 資格」の同ジャンルのテーマを「Googleアナリティクス」でさらにカテゴライズして、Googleアナリティクスだけのテーマを扱ったカテゴリとして専門性を確保してます。
また、その他、「サーチコンソール」や「リスティング広告」「Google広告」でさらにカテゴライズして、各々だけのテーマを扱ったカテゴリとして専門性を確保しています。

この際に、カテゴリ内のコンテンツ同士で内部リンクして関連性を強調したり、カテゴリのテーマに沿ってさらにコンテンツを増やして、クローラーにカテゴリ単位で専門性を明示しましょう。

こうして、まずサイトテーマに沿った専門的なカテゴリにして、最終的にサイトとしての専門性を担保するようにSEO対策することが、雑記サイトの専門性を高めるための考え方となります。

ちなみに、カテゴリの専門性を高めれば、雑記サイトでも特化サイトの専門性に勝れる可能性があります。
例えば、競合の特化サイトに劣らない関連記事数に増やしたり、内部リンク数を確保するなどして、雑記サイトのカテゴリの専門性を高めます。
こうしたうえで、特化サイトに勝ることが出来なければ、残りのカテゴリ含めた全カテゴリの専門性を確保して、雑記サイトとして専門性を高めることも重要と言えます。

1ページ1キーワードの専門的なコンテンツにする

サイトのテーマに沿って 1ページ1キーワードの専門的なコンテンツにする!

サイトテーマに沿って1ページ1キーワードの専門的なコンテンツを増やせば、サイト自体の専門性を高めることに繋がります。
例えば、「SEO」のサイトテーマに沿って選定した「SEO 基本」という1つのSEOキーワードに特化してコンテンツを作り込めば、専門的な1ページに仕上がります。

一方、サイトのテーマに沿って複数(2つ以上)のSEOキーワードを用いたコンテンツを作成すれば、ページの目的が分散した非専門的な1ページに仕上がります。
そうした非専門的なページとなれば、クローラーにサイトテーマとかけ離れたページとして認識されて、結果的にサイトとしての専門性を確保する妨げとなる可能性があります。

こうした状況を回避するためにも、まず、サイトのテーマに沿って1ページ1キーワードの専門的なコンテンツに仕上げることが重要です。
そして、そうしたサイトテーマに関連する専門的なコンテンツを増やすようにSEO対策を進めれば、結果的にサイトの専門性を高めることに繋がるでしょう。

まとめ

SEOにおいて、サイトの専門性を確保することが重要です。
そのためには、サイトのテーマを明確にして、そのテーマに関連するコンテンツを増やしていく必要があります。

ですが、こうして専門性を高めるだけでは、自身のWebサイトがGoogleに最大限評価されるわけではありません。
Googleに最大限評価されるためには、ここで触れた「専門性」や「1ページ1キーワード」以外も考慮する必要があります。
例えば、「ユーザーの検索意図」「網羅性」「簡便性」「独自性」「信憑性」も考慮した良質なコンテンツに仕上げます。
そして、そうした品質の高いコンテンツを増やして、「ユーザビリティ」「クローラビリティ」「権威性」を加味したより信頼性の高いサイトにする必要があります。

こうして、Googleに評価されやすいより信頼できるサイトを運用するようにSEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら