SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【Google大変動】2020年1月8日からGoogleで大きな順位変動

2020年1月8日から、namazで通常より大きな変動があり、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

また、海外アルゴリズムツールや情報サイトでも確認かつ取り上げられ、Googleで大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられます。

【Google大変動】2020年1月8日からGoogleで大きな順位変動

海外ツールの順位変動状況

海外ツールの一部でも、2020年1月8日から通常より大きな順位変動が確認できます。

MozCastの2020年1月8日からの順位変動

※出典:MozCast

SERPmetricsの2020年1月8日からの順位変動

※出典:SERPmetrics

SEMrushの2020年1月8日からの順位変動

※出典:SEMrush

キーワードジャンル別の順位変動幅状況

今回の大変動によって、「企業間取引(BtoB)」「美容、ファッション」「IT総合」のキーワードを筆頭に各ジャンルの順位変動幅が軒並み大きくなってます。
また、「健康と医学」や「財務、金融、法律」といったYMYL系のキーワードジャンルの順位変動幅も通常より少し大きめにシフトしてます。

一方、「日用品・家財」のジャンルでは順位変動幅が小さくなってます。

こうした状況から、今回の順位変動は全体的なものではなく、特定のジャンルに焦点を絞って調整が行われた可能性が考えられます。

今回の大変動前後の平均順位変動幅(ジャンル別)

この変動によるキーワード順位への影響

2020年1月8日からの順位変動により、一部キーワードの検索順位にも以下のように影響が出てます。

キーワードA:キーワードボリューム1000~1万 キーワードジャンル「Web制作系」 キーワード語数「単ワード」 5位から2位に上昇!
当初の8位から一時3位まで上昇後、3位から5位で停滞してたページが、今回の順位変動で5位から2位まで上昇中。

2020年1月8日からの順位変動によるキーワードAの順位への影響

キーワードB:キーワードボリューム10~100 キーワードジャンル「医療系」 キーワード語数「地域名含む2語の複合ワード」 10位から14位に下落!
当初8位だったページが、11位まで下落後、11位から10位を行き来して、今回の順位変動で10位から14位まで下落中。

2020年1月8日からの順位変動によるキーワードBの順位への影響

キーワードC:キーワードボリューム10~100 キーワードジャンル「土木系」 キーワード語数「単ワード」 8位から6位まで上昇!
圏外から7位まで上昇後、8位に下落して停滞してたが、今回の順位変動で8位から6位まで上昇中。

2020年1月8日からの順位変動によるキーワードCの順位への影響

このように、今回の順位変動により、キーワード順位がいつもより大きく上昇、下落してるケースが目立ちます。

また、当ブログ「SEOラボ」のキーワード順位への影響をサーチコンソールの検索アナリティクス「掲載順位」から見てみると、今回の大変動前(2019年12月19日)が「7.9位」で、大変動後(2020年1月8日)も「7.9位」なので、順位に変化がありません。

サーチコンソールの検索結果のパフォーマンスからSEOラボの掲載順位の推移を確認

掲載順位が上がったこともあり、検索でのクリック数が大変動前(2019年12月19日)の「17,903」から、大変動後(2020年1月8日)は「20,224」まで増えてます。

サーチコンソールの検索結果のパフォーマンスからSEOラボの検索でのクリック数の推移を確認

このように、掲載順位が上がってるわけではないのに、検索でのクリック数(検索流入)が増えてる形になります。
検索流入が増えた理由として、以下のようなことが考えられます。

  • 検索ボリュームの多い特定のキーワード順位だけが上昇したから(特定のキーワード順位なので平均的な掲載順位に影響が及んでない)
  • 新たなキーワードで複数のページが検索エンジンに認識された(インデックスされた)から

こうした状況は、Googleからプラスの評価を受けることで得やすくなります。
つまり、SEOラボのブログサイトが、今回の変動でGoogleから良い評価を得たことによって検索でのクリック数が増えたということです。

一方、Googleから低評価を受ければ、掲載順位や検索でのクリック数が右肩下がりになったり、急下落します。

こうした状況を回避するためにも、まずは、1ページ1キーワードでユーザーの検索意図を考慮した良質なページを作成しましょう。
そうした良質なページを増やして、E-A-Tやユーザビリティ、クローラビリティまで加味したより信頼できるサイトにしながら、SEO対策を進めることがポイントとなります。

今回の順位変動で下落した原因と今後のSEO対策方針

今回の大変動で順位下落してる原因を、一部のサイトを分析して読み解いてみました。

こうした順位下落の原因を元に、今後どのようにSEO対策を進めたらよいか?無料のSEOレポート(2020年1月8日からの順位変動で下落した原因と今後のSEO対策方針)にまとめました。

無料レポートでは、当ブログ「SEOラボ」含めた弊社の管理サイトで効果が見込めたSEO対策内容にも触れてます。

【無料SEO対策レポート】2020年1月8日からの順位変動で下落した原因と今後のSEO対策方針

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、80本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
2020年1月8日からの順位変動で下落した原因と今後のSEO対策方針

今回の順位変動の関連情報

今回の順位変動に関して、以下の関連記事が公に公開されてます。

  • Google January 7th Search Ranking Algorithm Update Early Signals
    2020年1月7日から、Google検索ランキングアルゴリズムの更新が行われている可能性があります。
    また、「一部のKWで一晩中わずかな低下があった」「KWと私のサイトへのアクセスのソースにかなり劇的な変化」「グーグルのランキングも下がった」などのサイトアクセスや検索順位への影響がWebmasterWorldBlack Hat Worldの専用ディスカッションにて複数報告されてます。

また、今回の大変動に関連してTwitter上で以下のようなつぶやきが見られます。

このように、SEOに敏感なユーザーの間でも、今回の大変動の影響についてピックアップしてる状況です。

まとめ

今回の順位変動によって、影響を受けてるサイトが複数見られます。
もう少し言うと、順位変動幅の状況から見て、全体的なものではなく特定のジャンル(サイト)が影響を受けてるようです。

とくに、影響を受けて検索流入が下落気味のサイトは、Googleから低評価を下された可能性があります。

  1. 検索流入が少し減った
  2. 検索流入が大幅に減った

②であれば、一過性の可能性があります。

一方、②であれば、キーワード順位が軒並み大幅に下落してる可能性が高いです。
もしくは、検索ボリュームの多い特定のキーワード順位だけが下落してる可能性があります。
なので、これを見極めるために、まずは、各キーワードの順位が変動前と比べてどんな傾向か?(どのように順位推移してるか?)を把握しましょう。

  • キーワード順位が軒並み大幅に下落してる場合:サイト単位で低評価を受けてる
  • 検索ボリュームの多い特定のキーワード順位だけが下落してる場合:ページ単位で低評価を受けてる

ページ単位で低評価を受けてれば、特定のキーワードに該当するページのみ修正で済みます。
ですが、サイト単位であれば、複数のキーワードに該当するページの修正が必要となります。

とくに、サイト単位で低評価を受ける理由の多くは、サイト内に低品質ページが多く存在するからです。
なので、低品質ページを改善して、高品質ページの割合が多いサイトとなるように対策すれば、Googleに評価されやすくなります。

具体的には、まず、ユーザーの検索意図を考慮した良質なコンテンツを作成します。
そして、ユーザーの求める情報の量(網羅性/包括性)や手に入れやすさ(簡便性)、信憑性(正確性)、独自性を加味してより良質なページに仕上げましょう。
こうした良質なページを増やして、専門性や権威性、ユーザビリティ、クローラビリティを織り交ぜたより信頼できるサイトとなるようにSEO対策を進めることがGoogleに評価されるためのポイントとなります。

もし、SEO対策しても順位が上がらない、今回のようなGoogleアルゴリズムアップデートで順位が下がった、SEO対策する時間がない等の悩みを抱えてる場合は、 弊社でサイトの欠点を調査して、上昇に必要な対策をご案内します(無料)
ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談SEO対策無料ご提案はこちら⇒

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら