SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly
  • 友だち追加する

キーワードの検索数を調べるSEOに必須のチェックツールについて

2016/05/06 2017/11/30

対策中のキーワードはどのくらい検索されてるのか?狙ったキーワードで上位化したらどの程度の流入があるのか?このようなキーワードの検索数を調べるには有名な無料SEOツールを使うと非常に便利です。

なぜこの検索ボリュームを調べる必要があるのかというと、そのキーワードでコンテンツを作ることによって上位表示することが可能かどうか調査するためでもあり、どの程度の需要があるのかを知ることによってコンテンツをどういった内容・方向性にするのか?という参考にすることもできるからです。

ということで今回は、無料のツールを使ったキーワードの検索ボリュームの調べ方やSEOでの活用法をご説明したいと思います。

キーワードの検索数を調べる方法教えます

キーワードの検索ボリュームとは

ここでのキーワードの検索数とは、ユーザーがそのキーワードで検索したときの数、いわゆるキーワードの検索ボリュームのことを言います。
主に、あるキーワードが月間どの程度検索されているかを把握し、月間の推定検索ボリュームを確認します。

これを参考にすることで、検索数(検索ボリューム)が多いキーワードであれば、そのページが上位化したときオーガニック検索からどれくらいのトラフィックが集まるか?ということが予想することができます。

SEO対策とキーワード検索数の関係について

しかし検索数が多いということは、対策しているページも多い傾向にあり、キーワードによっては競合が強く、上位表示が難しい場合も考えられます。

逆に検索数が少ない(需要が少ない)場合も考えられるためSEO対策にはキーワード検索数(検索ボリューム)の調査が必要となるわけです。

こういった検索キーワードには季節性も考慮されるため、1年を通して同じ検索ボリュームであるわけではないものも考えられます。
そのため、キーワードによっては年間通した検索ボリュームを調査する必要があります。

point!!SEO対策は上位表示させるためのものです。
到底上位表示が無理な検索キーワードを選定しても順位が付かないため、自然検索からのトラフィックは期待できません。そのためにもキーワード選定を行う場合は必ずキーワード検索数もチェックするようにしましょう。

キーワードの検索数を調べるおすすめのツール

こういったキーワードの検索ボリュームを実際に調べるには、無料で公開されてるツールを使うと便利です。

そして、検索数を調べるツールは色々と公開されていますが、この記事では以下2つのチェックツールについてご紹介して、使用方法なども合わせてご説明したいと思います。

  • キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jp
  • Googleキーワードプランナー

キーワード検索数 チェックツール aramakijake.jp

aramakijakeとは、キーワードの検索数を簡単に調べることができる無料ツールです。
このツールの便利な点は、実際にそのキーワードで順位が付いた場合にどれほどのトラフィックが見込めるのか?おおよその数字もわかるという点です。

そして、このツールの使い方は非常に簡単で、検索ボリュームを知りたいキーワードを入力して「check」ボタンをクリックします。

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jpの使い方①

すると、GoogleとYahoo!それぞれの推定月間検索数と、実際にそのキーワードで順位が付いた場合のおおよその推定検索数が表示されます。

また、簡単な関連キーワードも表示されるので、すでに対策キーワードが決まっている方や、決めかねている方にとっても便利なチェックツールと言えるでしょう。

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jpの使い方②

この調査結果を元に上位表示することが可能かどうか判断してコンテンツを作成しましょう。

あまりにも競合が強いキーワードでコンテンツを作成しても上位表示できなければ自然検索からのトラフィックは見込めません。そういった場合は複合キーワードも考慮の上、キーワード選定を行いましょう。

参考!!キーワード検索数チェックツール aramakijake

Googleキーワードプランナー

次にキーワードプランナーを使用した検索ボリュームのチェック方法についてです。

キーワードプランナーとは、アドワーズ広告を出稿する際にキーワードの検索数を調べることができるGoogleの無料ツールです。

このツールでは無料で検索ボリュームの月間推移を調べることができるといった便利なツールなので、こちらを利用してキーワードの検索数を調べていた方も多いのではないでしょうか?

こちらの使い方は、まずキーワードプランナーにログイン後、検索数を知りたいキーワードを入力し、「候補を取得」を押します。

Googleキーワードプランナーの使い方①

すると以下のように検索ボリュームの推移と月間平均検索ボリュームを確認することができます。
また、こちらも同時にキーワード候補が表示され、それぞれの月間平均検索ボリュームも把握することができます。

Googleキーワードプランナーの使い方②

Googleキーワードプランナー仕様変更について

しかし、キーワードプランナーの仕様変更(2016年8月~)により、月間平均検索ボリュームがおおまかな範囲として表示されるようになりました。

変更点は以下の2点です。

  1. 検索ボリュームの推移
  2. 月間平均検索ボリューム

この2点が下記のようにおおまかな数字として表示されることによって、以前より把握しにくい仕様となってしまいました。

Googleキーワードプランナーの使い方③

このように今までよりも、わかりにくい数値となってはしまいましたが、引き続き月間平均検索ボリュームは見ることはできます。

また、この変更となった2点についてはアドワーズ広告を利用されているアカウントは今まで通り表示されます。
そのため、少額でも広告を出稿することで以前のように参考となる数字を確認することができるようです。

関連記事キーワードプランナーの使い方~無料で使えるキーワード調査について

検索数をキーワード選定に生かす

続いて、この検索数の調査結果をキーワード選定の参考にする方法についてご説明したいと思います。

自然検索から多くの集客を成功させるためには、検索数が多いキーワードでページを上位表示させ、検索から安定的に集客することが理想です。

そのためにはある程度検索ボリュームのあるキーワードを選定し、そのキーワードで上位表示することが必要となります。
先ほどご紹介した無料ツールなどを利用して順位別の月間推定検索数を見ながら、順位によってどのくらいのアクセス数が獲得できるのか参考にしましょう。

検索ボリュームの強いキーワードについて

先ほどもご説明した通り、検索ボリュームの多い「ビッグキーワード」と呼ばれるキーワードは検索数が多い分、競合が多くなり上位化が難しくなります。

そういった場合は、関連語なども合わせた複合キーワードを見つけ、ある程度検索数があるキーワードを選定し、少しでも上位化しやすいキーワードで対策するのも一つの方法です。

検索結果に表示されなければトラフィックは積み上がりません。そのため、どのキーワードでも上位化しないとSEOでは良い効果が得られません。

新規ページを作成する場合や、既存ページの最適化を行う際に、どのキーワードで順位を上げたいのか改めて検討してみて、コンテンツを調整することをおすすめします。

point!!検索ボリュームが多く、競合が少ない効果的なキーワードを見つけることが理想で、さらにそのキーワードで上位化させることによって、多くの集客が見込めるということです。

まとめ

ということで今回はキーワード検索数を調べる方法とその目的などについてご説明してきましたが、一定の検索数があれば、上位表示することでそのキーワードで検索しているユーザーをあなたのサイトに集客することができます。

実際に検索されてるキーワードでページを最適化し、そのキーワードで上位化させ、検索ユーザーに見てもらえるページを1ページずつ増やしサイト全体の力を付けることが大切です。

そして個々のページの価値が高まれば、検索エンジンがサイト全体を高く評価してくれるようになり、ビッグキーワードでも上位表示を狙えるかもしれませんし、様々なページで順位上昇しやすくなるはずです。

コンテンツ対策の参考には、ぜひ検索ボリュームの調査を行いましょう。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

本日の順位変動幅順位変動情報へ