SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

コンテンツとHTMLソースコードの変更は、検索ランキングに影響を与える

2017/09/15 2017/10/13

コンテンツとHTMLソースコードを変更することで、良かれ悪かれ検索ランキングに影響を与えることがあると、Googleのジョンミュラー氏が言及してます。
※参考:101: Change Your HTML, It Can Impact Your Google Search Rankings

コンテンツとHTMLソースコードの変更は、検索ランキングに影響を与える

ジョン・ミュラー氏の言及

コンテンツ・HTMLの変更と検索順位の関係について、Twitter上で、Googleのジョンミューラー氏が以下のようディスカッションしてます。

翻訳すると、
新しいHTMLソースコードで元のウェブサイトのHTMLコードを変更します。このバックエンドコードの効果は、Google SERPの現在のランキングに影響します

ジョンミュラー氏の言及:
ページのHTMLを変更すると、索引付けが変更される可能性があります。変更はすべて、変更内容によって異なります。

このことから、HTMLソースコードを修正・追加すると、評価が変わり、検索順位に直接影響を与える可能性があるということがわかります。

HTMLソースコードの修正・追加は、つまり「内部対策」のことです。
内部対策は、検索順位に影響を与える重要なSEO対策であることが同時に読み取れます。

なので、HTMLソースコード中心に改善する「内部対策」と、UI・UX中心に改善する「コンテンツ対策」をそれぞれ切り分けてSEO対策を進めることが重要です。

補足ですが、UI・UXは、基本的には以下のように定義されてます。

UI(ユーザインタフェース)とは
ユーザインタフェース (英: User Interface, UI) は、機械、特にコンピュータとその機械の利用者(通常は人間)の間での情報をやりとりするためのインタフェース(ものごとの境界となる部分)である。
※引用元:ユーザインタフェース – Wikipedia


UX(ユーザエクスペリエンス)とは
ユーザーエクスペリエンス(英: user experience)とは、人工物(製品、システム、サービスなど)とのインタラクションを通じてユーザーが得る経験である。
しばしば「UX」と略される。
「ユーザー経験」「ユーザー体験」などと訳される。
※引用元:ユーザーエクスペリエンス – Wikipedia

コンテンツ対策では、UI(ユーザーインターフェース)である「Webサイトのデザイン」、UX(ユーザー体験)を引き出す「Webサイトの利便性」をそれぞれ改善することが大切です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

そもそもコンテンツとHTMLソースコードって何?

コンテンツは、Webデザインやテキスト文章、写真といったユーザーが目に見える部分です。
Webコンテンツとは~ホームページの中身を充実させるための5つの基本知識」でも触れてますので、合わせてご参考ください。

HTMLソースコードは、「Webデザインやテキスト文章、写真などのコンテンツ」や「タイトル・ディスクリプションなどの検索結果上の文言」を表示するために記述するコードで、ユーザーが目に見えない部分となります。
HTMLマークアップとは~練習チェックに役立つ基本言語とHTML5マークアップ入門」でも触れてますので、合わせてご参考ください。

コンテンツとHTMLソースコードの重要性

コンテンツは最も重要な順位決定要因として、すでにGoogleが公式に言及してますが、HTMLソースコードの重要性はどうなのでしょうか?

HTMLソースコードには、タイトルタグやディスクリプションタグ、見出しタグなどの順位決定に起因してると言われるHTMLタグが存在します。 その中でも「タイトルタグ」が最も順位決定に起因してると言われてます。

これらのHTMLタグを使ってソースコードを記述し、検索エンジンにページの情報をうまく伝えることが重要です。

先ほども少し触れましたが、HTMLソースコードの改善つまり「内部対策」は、検索順位に直接的な影響を与える重要なSEO対策と言えます。 「タイトルタグのSEO効果と記述法」でも触れてますので、合わせてご参考ください。

コンテンツとHTMLソースコードを改善する

コンテンツとHTMLソースコードを改善する手段として、以下のような方法があります。

コンテンツ

UI(ユーザーインターフェース)を最適化する
テキスト、画像などのサイズや配色、配置やフォント、余白などのデザイン部分を調整し、見やすくしながら、質の高いコンテンツに改善する

UX(ユーザーエクスペリエンス)を高める
わかりやすさ、使いやすさ、見やすさなど高め、満足度を上げながら、質の高いコンテンツに改善する
UIの最適化は、UXを高めることにつながります。

サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている」でも触れてますので、合わせてご参考ください。

HTMLソースコード

タイトルタグを最適化する
対策キーワードを前方に含めたタイトルにし、検索クエリとの関連性を高めながら、HTMLソースコードを改善する
タイトルタグのSEO効果と記述法」でも触れてますので、合わせてご参考ください。

ディスクリプションを最適化する
簡潔に概要を記述したディスクリプションにし、ページごとに固有の内容にしながら、HTMLソースコードを改善する
meta descriptionタグの文字数とSEOに効果的な書き方」でも触れてますので、合わせてご参考下さい。

見出しタグを最適化する
最も重要な見出しにh1タグを使い、見出しタグ(h1~h6)を順番にマークアップしてコンテンツに階層構造を持たせながら、HTMLソースコードを改善する
見出しタグの使い方」でも触れてますので、合わせてご参考下さい。

コンテンツとHTMLソースコードの最適化で順位上昇した事例

コンテンツとHTMLソースコードを最適化したことで、Googleに評価され、順位が上がった事例を以下いくつか紹介します。

最近6位に上昇したページの対策教えます
すぐ5位になったサイトの対策教えます
2位のサイトが実施したコンテンツの作り方教えます

まとめ

コンテンツとHTMLソースコードをそれぞれ最適化し、質の高いページを増やしましょう。

質の高いページを増やし、リンクが集まりやすいサイトにしながら、順位上昇を目指すことが重要です。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ