SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

1位のサイトから被リンク(不自然なリンク)を削除。Googleアルゴリズム変更による順位下落から、順位上昇を目指すには?

2014/03/11 2017/09/04
事例① SEO事例 概要:年末のGoogleアルゴリズム変更により、不動の1位から下落。仮説:不自然なリンクを削除すれば、1位に戻る。結果:しかし、1位から9位まで下落。
対象サイト:http://it●m●i●it●de.●p/t●rm/●e●t●s●ku、キーワード:●EO●策。12/10時点で1位でしたが、12/18のGoogleアルゴリズム大変動により、ペナルティを警戒し、1/7と1/27と1/28に不自然なリンクを削除しました。しかし、3/10には9位まで下落しました。ここから再び順位上昇を目指すにはどうしたら良いか?

上記は、12/18のGoogleアルゴリズム変更により、 不動の1位から順位が下落 しました。

リンク評価が厳しくなったので、不自然なリンクを削除すれば順位が戻るのではないかという仮説の元、
1/7、1/27、1/28に不自然なリンクを削除しました。
しかし、順位は戻らず、1位から9位まで下落したサイト事例です。
※ウェブマスターツールに警告メールは届いてないので、ペナルティによる下落ではありません。

様々な内部対策も行いましたが、順位は徐々に下落しました。
※内部対策は、タイトルの変更、コンテンツの追加、キーワード出現率の調整、発リンク数の調整など実施。

内部対策による順位下落は考えずらく、不自然なリンクを削除したことが順位下落の原因ではないかと思われます。
不自然なリンクを削除したことで、サイト全体の被リンクの「質」は良くなりましたが、被リンクの「量」が減り、被リンクの評価が下がったと考えられます。

被リンクの評価は「質」×「量」で決まります。
「質」が良くても、「量」が伴わなければ、順位上昇しません。
順位上昇するために、 質が良く、最適な本数の被リンクを設定することが大切 です。

質が良い被リンクとは、現在のGoogleアルゴリズムに合わせた被リンクです。

現在のGoogleアルゴリズムに合わせた被リンクは、 日本語リンク です。

日本語リンクを最適な本数で設定すれば、上記事例の順位上昇の可能性は高まるでしょう。
※実際に、日本語リンクを設定し、順位上昇した事例もございます。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ