SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

順位が急上昇サイトの共通点は、アンカーテキスト!【実績】

2017/07/03 2017/09/22

2017年6月24日に比較的大きな順位変動があり、SEO Managerをご契約中の案件で順位が急上昇したサイトの傾向を調査したところ、共通点がありました。

簡単にレポートします。

順位が急上昇サイトの共通点は、アンカーテキスト!【実績】

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

順位が急上昇したサイトの共通点

2017年6月24日前後に順位が急上昇したサイトの共通点は、アンカーテキストにあります。

設定されている被リンクのアンカーテキスト上位3つに、対策ページのURLを含んでいるサイトの順位が急上昇しています。

しかも、そのアンカーテキストの割合が10%以上 設定しています。

順位推移

※上記はすべて 弊社のSEO Managerを利用している案件です。

アンカーテキスト上位3つに、対策ページのURLを含んでいるサイトが、順位が急上昇しています。

順位が10位前後にランクインした際に、それ以上順位を上げることが難しく、様々なSEO要因を検討する必要があります。

そういった場合に、アンカーテキストが最適になるよう調整を図ると効果が得られるケースがあります。

順位が急上昇した事例

以下は、実際に弊社でアンカーテキストの調整を実施し、順位が急上昇したケースです。

順位がなかなか10位以内にランクインできなかったサイト
順位が急上昇した事例 イメージ①
順位が9位から上昇できなかったサイト 【過去最高の7位を達成】
順位が急上昇した事例 イメージ②

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

まとめ

繰返しになりますが、今のSEO対策は「被リンク」と「コンテンツ」対策を行うと、ある程度の順位まで上昇します。
ある程度の順位から10位以内にランクインさせること、10位以内から上昇させることが非常に難しくなっています。
そういった際に、仮説となる順位を上げる方法が複数あるのですが、その1つにアンカーテキストの調整を行っています。

実は、被リンクのアンカーテキスト調整が有効なことは、昨年9月以降からわかっています。
昨年9月と言えば、Googleが本格的にAIを導入した時期です。
GoogleがAIを利用することにより、
・検索クエリ(Googleの検索窓に入れるキーワード)毎にアルゴリズムの配合ができるようになったこと
・評価した内容に対し、ダメだしができるようになったこと
が大きな特徴です。

おそらく、被リンクのアンカーテキスト調整が有効なのは、上記の理由からだと我々は考えています。

GoogleがAIを利用することで、検索クエリ毎に、重要なSEO要因は異なりますので、検索クエリの状況を見た判断が大切です。
我々も経験値からある程度判断することもありますが、データに頼っているところが大きいです。

あなたはSEO対策にデータをきちんと見ていますか?10位以内への挑戦にはデータが必要です。
SEO Managerで一緒にSEO対策を行いませんか?

なお、今回ご案内した事例はすべて弊社のSEO Managerを利用しています。
ご興味のあるかたは、一度弊社へお問合せください。
あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ