SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

SEOラボ

  • follow us in feedly
  • 友だち追加する

【Googleアルゴリズム】今、SEO対策は何をすれば順位が上がるのか? 5年前と現在のGoogleアルゴリズムの違いを読み解く!

2014/12/18 2017/12/06

現在のGoogleのアルゴリズムは、ますます複雑化していて、年々どのようにSEO対策をしていけばよいか難しくなってきています。

今回は、5年前のGoogleのアルゴリズムと現在のアルゴリズムを比較して、どのようにSEO対策に生かしていくかを解説します。

googleアルゴリズム画像

5年前とのGoogleアルゴリズム比較


●2009年と2014年のGoogleアルゴリズム比較(左が2009年6月18日、右が2014年12月17日)
20092014GoogleアルゴリズムINDEX--

上記の図が、2009年のGoogleアルゴリズムと2014年のGoogleアルゴリズムのそれぞれのグラフです。

SEO対策する上で、重要なことが上記の図の比較から見て取れます。

まず、最初に見て気づくのが、上位の要素の相関の数値が下がっているということです。

同じ1位の要素でも2009年は7.1ありますが、2014年では、5.7になっています。

これは、2009年は、1つの要素が順位を上げることにものすごく相関があり、それを重点的にSEO対策をすることで、順位が上がっていましたが、現在では、1つの要素だけでは、順位が上がりづらく、バランスよくすべての要素をSEO対策しなければいけないということです。

さらに、1位、2位、3位の被リンク関連の要素が、順位は、若干異なっていますが、全く同じ要素が1~3位だということです。

これは、5年前から変わらず、被リンクがSEO対策にとって、一番重要な要素だということです。


アルゴリズムの違いからわかるSEO対策の進め方


5年前と比べることで現在のGoogleのアルゴリズムが、特出した関連がある要素がなくなてきたのがわかりました。

さらに、過去記事に書いたようにGoogleは、アルゴリズムを順次更新しており、評価される要素がどんどん変わってきています。

それを踏まえて、実際にこのブログ「SEOラボ」で成功した方法を元に、どのようにSEO対策をしていくかのポイントを解説します

  • 被リンクは、いまだに一番重要な要素

  • しかし被リンクのみの対策では、もう上がりづらく、内部対策も含めバランスよくSEO対策をすることが必要

  • 内部対策は、Googleの評価する要素が短いスパンで変わっていくので、最初に1回して終わりではなく、競合を見ながら、常にやっていかなけれなならない

  • Googleの大きなアルゴリズム変更の時に順位が上下した場合は、アルゴリズムの傾向を把握して、対処する

  • 最初の被リンクが一番重要とは、その通りで、被リンクがないとはっきり言って、順位は上がりません。Google自体が、「被リンクを評価しないアルゴリズムを試しているが、よい検索結果にならない」と言っています。

    被リンクは、もうだめだなどと言ってる人もいますが、いまだに一番重要な要素です。この被リンクをどのように増やすかが、SEO対策では重要です。

    しかし以前と違って、被リンクだけを増やせば順位が上がるかと言えば、そうではありません。被リンクの相関が下がったことで、内部対策の相関は、相対的に高まっています。

    しかもどれか1つをやれば上がるというものではなく、基本に従って、バランスよく対策していくことが重要です。

    最近は、被リンクが増えてるのに、内部対策がマイナスになっていて、上がらない事例が大変多いです。

    さらに内部対策に関しては、重要視される要素やコンテンツがすぐ変更になることもあります。競合をしっかり研究して、どのような内部対策が重要かを見極めて、常に対策していかなければなりません

    1度やって終わりの内部対策は、もう通用しない時代になっています。

    最後に、Googleは、年に何度か大きなアルゴリズムアップデートがあります。つい先週にもペンギンアップデートと思われる大きな変動がありました。

    気を付けていても、このような大きなアルゴリズム変動が起こった場合は、順位が上下することがあります。

    Googleのガイドライン違反をしていなければ、関係ないということはなく、ホワイトハットSEOをしていても関係なく順位が下落することがあります。

    その時は、情報を収集して、どのようなアルゴリズム変更があったかを把握して、その部分に対処しなければなりません。

    大きなアルゴリズム変更は、このSEOラボでも情報を随時出していますので、チェックしてみてください。


    まとめ


    現在のGoogleのアルゴリズムは、複雑になりすぎて、Google自身もアルゴリズムを変更することでどのような影響があるか把握しきれていないのかもしれません。

    そのため現在のSEO対策は、その時その時に重視される要素を対策していくことが重要です。

    内部対策に関しては、競合を調査して、PDCAサイクルを回して、常に対策していかなければなりません。

    弊社でもこれに対応するサービスを開発中です。

    皆さんもSEO対策をする場合は、常に対策し続けるようにしてみてください。

    順位が上がらないのは、何が原因??
    順位決定の仕組と、
    サイトの問題点をアドバイス(無料)

    お申込みはこちらから

    上位表示を目指すURL

    ※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

    上位表示を目指すキーワード

    会社名/組織名

    ご担当者様名

    電話番号

    メールアドレス

    ※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

    SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

    本日の順位変動幅順位変動情報へ