SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly
  • 友だち追加する

大変動はGoogleアルゴリズム調整の影響!?季節キーワードにも注意!

2017/09/28 2017/11/09

ここ数日、順位変動が激しいですよね。

9/26のメルマガで、最近発生している順位変動の要因についてご紹介しました。
メルマガをご覧いただいた方より「私のキーワードは、どうして順位が低下しているのか?」と問合せを頂戴しましたので、メルマガの補足説明をさせていただきます。

メルマガを購読されていない方は、こちらからメルマガを登録くださいね
(アルゴリズム変動や、Google AIなど最新SEO情報について連載しています)

話を戻し、9月16日から発生している順位大変動は、アルゴリズムの調整により発生していると思われます。
まだ大変動が続いているのは、調整を加えたアルゴリズムの再調整の可能性が高いとみています。
以下に変動状況も踏まえてご案内します。

大変動はGoogleアルゴリズム調整の影響!?季節キーワードにも注意!

順位変動の状況

まずは、今回の順位変動についてです。

ここ1年は毎日比較的大き目な順位変動が常に発生していましたが、9月16日からいつもよりも大きな順位変動が発生しています。

【大変動中】2017年9月16日から最大規模のGoogle順位変動

9月20日には、14位と今年一番の順位変動幅を記録しています。

弊社の管理キーワードでもいくつかこの順位変動の影響を受けました

この順位変動は、Googleアルゴリズムの調整によって発生している可能性が高いと考えています。具体的な変動の特徴と対策方針は資料をご確認ください

なお、この大変動が発生している同じタイミングで、Googleのアルゴリズム変動ではなく、季節が関係したことで、順位が大きく変動しているキーワードも中にはあります。
どちらにより発生した変動なのか?をしっかり見極めて対策することが重要です。

季節キーワードが関係して発生した順位変動とはどういうものかについて以下にご説明します。

順位変動が発生した理由が、季節キーワードが関係しているケース

メルマガでもご案内しましたが、季節キーワードが影響して順位変動している可能性があります。

季節キーワードとは、以下の2種類あります。
季節によって、検索数が増加するキーワード
季節によって、需要が変化するキーワード

季節によって、検索数が増加するキーワード

以下のように、イベントの時期に合わせて検索数が増加するキーワードです。

2月:バレンタイン

2月に増加する検索キーワード「バレンタイン」

5月:母の日

5月に増加する検索キーワード「母の日」

12月:クリスマスプレゼント

12月に増加する検索キーワード「クリスマスプレゼント」

上記のように、毎年行われるイベントに合わせて、イベントの1.5カ月ほど前から検索数が増加する特徴があります。

季節により需要が変化するキーワード

「帽子」
夏:キャップ、ハット
秋:ニット帽、ベレー帽

「Tシャツ」
夏:半袖のTシャツ
秋:長袖のTシャツ・スウェット

今回の順位変動の一部は、季節により需要が変化するキーワードが影響しているケースがあります。
「季節により需要が変化するキーワード」で上位サイトが変動する理由は、検索ユーザーが求めている情報が変化したからです。

帽子を例にご案内すると、夏場は日差しを遮るようなキャップやハットが人気でしたが、秋になると温かみのある素材を使ったニット帽やベレー帽の人気が高まります。
夏と秋では人気の商品が異なります。

このように検索ユーザーの求めている情報(商品)に合わせて、対策ページに掲載する商品を事前に変更することがお勧めです。
※何らかの事情により対策ページの修正を加えられない場合は、同じドメインの別ページで準備することをお勧めします。

キーワードによって、この事前準備をしっかり実施しているキーワードとそうでは無いキーワードがあります。

わかりやすいのが通販サイトのキーワード、「お歳暮」「年賀状」です。
10月から本気でSEO対策を開始する企業が増加し、12月に収束します。

検索ユーザーの需要変化+企業のSEO対策開始に伴い、この後上位サイトが、大きく変化し続けるキーワードです。

SEO対策の開始が早いキーワード:年賀状

SEO対策の開始が早いキーワード「年賀状」の検索結果

たった2日でもTOP10以内のサイト順位が入れ替わっています。
「年賀状」は、どこのサイトも来年の年賀状としてすでに準備が完了しています。

企業のサイトは大体2018年の基礎準備が終わっているところが多いと思います。
今後の順位変動は、検索ユーザーの需要変化によって発生することが多いのかと思います。

年賀状で検索するユーザーはまだ少ないと思います。
Googleの画像検索に表示されている内容を見ると、まだほとんどが2017年の状態です。(※2017/9/27時点の画像検索)

キーワード「年賀状」のGoogle画像検索結果

この表示される画像が「酉」→「犬」に変わったら、検索ユーザーが調べ始めたとみていいでしょう。

SEO対策の開始が遅いキーワード:お歳暮

SEO対策の開始が早いキーワード「お歳暮」の検索結果

お歳暮で検索した際に
9/25(月)時点では、
ノウハウサイト:5サイト
2017年お歳暮サイト:3サイト
2016年お歳暮サイト:2サイト

9/27(水)時点では、
ノウハウサイト:6サイト
2017年お歳暮サイト:3サイト
2016年お歳暮サイト:1サイト

たったの2日で、古い情報(2016年)のお歳暮サイトが順位下落しました。

2017年のお歳暮サイトでも、実際の商品を掲載していなくてもTOP10に入っているサイトもあります。
2017/9/27にTOP10に入ってきた郵便局のページは以下です。

郵便局のホームページ

まだ、今年のお歳暮は販売していませんが、タイトルタグなどだけ2017年に変えただけです。

競合サイトが何もやってない時は、この程度でも上位化します。

郵便局と同様に、他の企業は10月頃からお歳暮商品の販売開始、SEO対策をスタートします。
その為、10月11月は上位サイトがガラガラと大変動することが予測されます。

Wikipediaは、他のサイトがSEO対策を実施していない場合や、ノウハウサイトばかりが上位表示されるようなキーワードで高い位置に表示されていることが多いです。

今後、「お歳暮」で各社がSEO対策を開始し、お歳暮の購入時期になると、Wikipediaや情報サイトの順位が下落し、シーズン最中に残ったとしても数サイトになると思います。
(お歳暮とは?という情報を知りたい人が少数いるため、TOP10に1個残るかどうかのレベルと思います)

まとめ

最近の順位変動は、Googleアルゴリズムの調整によるものです。

この調整と同じタイミングで、季節キーワードがらみの変動も発生している為、より大きな変動に見えている可能性があります。

キーワードによっては、順位変動が発生している順位(1~10位のサイトが入れ替わっているのか、20以下のサイトが入れ替わっているのか)が異なります。

何により順位変動が発生しているのかを見極めて対策することが重要です。

ここ数日、未契約者様よりどうして私のサイトが順位下落したのか?といった問合せが多数あります。
それらのサイトを見ていると、一定の傾向が見えてきていますので、それは後日メルマガなどでご案内したいと思います。

どうして順位下落したのか?と不安に思っている人は、まずは問合せください
無料の範囲でもいくつかご紹介させていただければと思います。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

本日の順位変動幅順位変動情報へ