SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

【SEO】検索上位化に必要な文字数は?

2016/04/08 2017/06/27

Googleは価値あるコンテンツを好み、コンテンツの質を上げるために、重要な要素をテキストで記述することが大切です。

重要な名前、コンテンツ、リンクを表示するときは、画像ではなくテキストを使用します。テキスト コンテンツの代わりに画像を使用する必要がある場合は、alt 属性を使用して簡単な説明テキストを組み込みます。

参考:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) 訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

実際どの程度テキスト量が必要か?

実際どの程度テキストが必要なのか、キーワード別に上位10サイト(検索順位1位~10位)を分析し、上位化に必要なコンテンツの文字数を調査しました。
参考:SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール使用データ

キーワード別に上位10サイト分析 文字数割合

上記より、上位サイトの50%が4000文字以上であり、上位化を目指すために、コンテンツのテキスト量を4000文字以上にすることが目安と言えそうです。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

キーワード別 上位10サイト文字数分析詳細

キーワードの上位10サイト群 平均文字数 平均総単語数 平均ユニーク単語数 総単語数割合 ユニーク単語数割合
キーワードA 4637 894 40 19% 0.90%
キーワードB 3660 619 25 17% 0.70%
キーワードC 4771 1043 35 22% 0.70%
キーワードD 2785 657 34 24% 1.20%
キーワードE 1346 335 9 25% 0.70%
キーワードF 6750 1074 40 16% 0.60%
キーワードG 3577 725 39 20% 1.10%
キーワードH 5383 984 37 18% 0.70%
キーワードI 5513 846 39 15% 0.70%
キーワードJ 2154 266 10 12% 0.50%
計100サイト 4057.6 744.3 30.8 18.30% 0.80%

詳細データの傾向
・文字数が増えることで総単語数も増える
・文字数が増えることでユニーク単語数も増える
・キーワードにより、上位化に必要な文字数が違う

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール

SEO文字数(テキスト量)評価チェックツールは、コンテンツの「文字数」「総単語数」「ユニーク単語数」を上位10位平均と比較し、評価する無料SEOツールです。

まとめ

文字数を増やすことは、コンテンツの質を高める方法の一つです。

キーワードにより必要な文字数が違うため、競合上位のテキスト量を調査し、コンテンツを増やす目安にしましょう。

重要なものはできるたけテキストで記述し、画像とテキストのバランスを考えながら、コンテンツを充実させることが大切です。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ