SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

【SEO対策】Googleに評価されるためのSEO3つのポイント

2015/01/13 2017/09/04

Googleに評価されれば、ホームページの順位上昇する可能性が高まります。
順位を上げるためのSEOポイントを3つ紹介します。

pho01

目次
1、Googleがサポートするmetaタグを記述
2、Googleガイドラインを読み解く
3、「新しい」ものは、Googleに評価されやすい

Googleがサポートするmetaタグを記述

Googleがサポートするmetaタグがあります。
※海外seoブログ参考

▼サポートするmetaタグは以下です。
・ディスクリプション
・タイトル
・robots メタタグ
・googlebot メタタグ
・<meta name=”google” content=”nositelinkssearchbox” />
・<meta name=”google” content=”notranslate” />
・<meta name=”google-site-verification” content=”…” />
・<meta http-equiv=”Content-Type” content=”…; charset=…” /><meta charset=”…” >
・<meta http-equiv=”refresh” content=”…;url=…” />

これらのmetaタグ以外は無視されますが、
サイトにとって重要な場合は上記以外のmetaタグも使用できるようです。

Googleがサポートするmetaタグを適切に使用し、
サイトの評価を少しでも高めるよう努力しましょう。

Googleガイドラインを読み解く

○Google「技術に関するガイドライン」

Googleがウェブマスター向けガイドラインの「技術に関するガイドライン」には、
Googleがサイトコンテンツを完全に理解するため、
JavaScriptやCSSにアクセスできるように指示する内容などがあります。
※海外seoブログ参照

上記のような「技術に関するガイドライン」は、いくつかありますが、
クロールに関する項目が主です。

サイトがしっかりクロールされるよう、
HTML構造やサーバー環境を整えることが大切です。

クロールされた時、アクセスできないページがあれば
ウェブ全体の質を下げる可能性があります。

ウェブ全体の質が下がれば、順位下落の可能性も高まるでしょう。

今一度サイトのパフォーマンスを確認してみるといいかもしれません。

○Googleの「検索品質評価ガイドライン」

検索品質評価ガイドラインを読み解くことは、
Googleがどんなページを上位表示させたいのかを知る大きな手がかりになります。

▼品質評価ガイドラインの最新版は次の7項目を挙げています。
①満足感を与える量のメインコンテンツ
②高いレベルの専門性・権威性・信頼性 (E-A-T)
③良い評判
④役立つ補助コンテンツ
⑤実用的なページデザイン
⑥満足がいく量のウェブサイトの情報
⑦手入れがよく行き届き、きちんと維持されているウェブサイト

これらの項目を満たすことで、
検索ユーザーにとって役に立つウェブサイトに近づくことでしょう。

検索ユーザーにとって役に立つウェブサイトを作ることで、
上位表示の可能性も高まるかもしれません。

「新しい」ものは、Googleに評価されやすい

ランキング要因として、「新しさ」が重要との記事がありました。

「新しさ」を判断するため、ソーシャルメディアでの共有が非常に重要なようです。

どのように「いいね!」「ツイート」してもらうか?を考えることが大切かもしれません。

また、Googleでは、適切だと判断した場合
新しいコンテンツを検索上位に出すQDFアルゴリズムがあります。

新しい情報を提供できれば、
QDFの恩恵として一時的に検索上位の可能性が高まるかもしれません。

QDFに左右されない、いつまでたっても価値あるコンテンツが作れれば 検索上位を維持できると思われます。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ