SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

【SEO対策】h1・h2・h3…見出しタグのSEO最適化法

2015/10/22 2017/03/23

h1・h2・h2…見出しタグを適切に使い、SEOワードを入れながらメリハリのあるコンテンツを作ることが大切です。ユーザー・クローラー(Googlebot)によりわかりやすいページ構成を目指しましょう。

【SEO対策】h1・h2・h2…見出しタグのSEO最適化法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

h1・h2・h2(見出しタグ)の適切な使い方 7つのポイント

見出しタグ(h1~h6)は、ユーザー、クローラーにページ構成をわかりやすくするための要素の一つです。
見出しタグの適切な使い方 7つのポイントは以下です。
参考:Google検索エンジンスターターガイド「見出しタグを適切に使おう」

①もっとも重要であることを示すものにh1タグを使う
②もっとも重要度の低いものにはh6タグを使う
見出しタグは慎重に利用する
④見出しタグは使用する意義がある場所で使う
⑤ページ内で見出しタグを使いすぎない
⑥ページにあるすべての文章を見出しタグに入れない
⑦見出しタグを構造を示すためではなく、スタイルを整える目的で使わない

h1タグはやはり重要

以前に、Googleのサーチクオリティチームもh1タグの重要性を言及しています。
※参考:海外SEO情報ブログ:「h1タグは、Googleでやっぱり⼤切らしい

Keep your elements in their place
Another quick fix in your housekeeping is assuring your website makes proper use of heading tags. In our non-profit study, nearly 19% of submitted sites had room for improvement with heading elements. The most common problem in heading tags was the tendency to initiate headers with an <h2> or <h2> tag while not including an <h1> tag, presumably for aesthetic reasons.

Headings give you the opportunity to tell both Google and users what’s important to you and your website. The lower the number on your heading tag, the more important the text, in the eyes of Google and your users. Take advantage of that <h1> tag! If you don’t like how an <h1> tag is rendered visually, you can always alter its appearance in your CSS.

※参考:Official Google Webmaster Central Blog:「Holiday source code housekeeping: Website clinic for non-profits

あるべき場所にhタグを置く
サイトをきれいにするために簡単にできることがもう1つあります。それは、⾒出しタグを適切に使っていることを確実にすることです。非営利を対象にした私たちの調査では、投稿された19%近くのサイトに⾒出しタグについて改善の余地がありました。⾒出しタグでいちばん多かった問題は、⾒出しにh1タグを入れないでh2タグやh2タグから始める傾向にあったことです。おそらく⾒栄え的な理由によるものだと推測します。

⾒出しタグは、あなたとあなたのサイトにとって何が重要なのかを検索エンジンとユーザーの両⽅に伝えるのに重要な役割を果たします。⾒出しタグの数が少なければ少ないほど、Googleとユーザーの目にはそのテキストが重要に映ります。h1タグを上手に使ってください。h1タグの表示形態が気に入らなければ、いつでもCSSで外観を変更できます

上記Googleのサーチクオリティチームの言及より、h1から順番に使用し、必要な数だけ設置しましょう。

はじめの目⽴たせたいものにh1を使い、より重要なコンテンツを際⽴たせながら、順位上昇を目指すことが重要です。

順位上昇のポイント
・⾒出しタグを必ず使う
・h1タグから使う
・より際⽴たせるためにhタグを使う(数を少なくすることで重要なものが際⽴つ)

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

h1タグの豆知識

Googleウェブマスターヘルプ フォーラム中心に言及されてるh1タグについて以下にまとめました。
※参考:Googleウェブマスターヘルプ フォーラム

h1タグの使い分け
サイトを閲覧している人向けに記載(titleタグは外部の閲覧者向けに記述[ソーシャルメディア、検索エンジンなど])

h1タグにアンカーテキスト
・h1に1つリンクが入ったくらいでスパム扱いされるはずがありません。
1ページに対して、複数のh1タグ内に直接的なアンカーテキストを乱用するのは問題が有ります。

h1タグの数
複数のh1タグ使用は常識の範囲であれば問題ない(Googleマット・カッツ氏言及)。
HTML4、HTML5では複数使用が認められてる。

h1タグの重複
・h1タグにも気を使い、重複しない構成にすることが⼤切です。オリジナルのコンテンツを作るために、オリジナルのタイトル・⾒出しが必要です。
キーワードの詰め込みなど、スパ ム⾏為は避け、適切に使用しましょう。

h1タグが隠しテキスト
背景色と同色のh1テキストは、隠しテキストと認識される可能性があります。
隠しテキストは、Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反にあたります。
背景色とh1の色を区別し、h1がユーザーに⾒えるように表示することが⼤切です。

h1タグに画像を使⽤
h1タグに画像を使用する場合、画像のaltに内容を記述しましょう。
ユーザーが確実にアクセスできるようにHTMLのaltに画像の内容を記述することが⼤切です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

まとめ

見出しタグを適切に使い、ユーザー・クローラーにサイト内容をよりわかりやすく伝えましょう。
h1~h6タグでコンテンツ(HTML・テキスト)に階層構造を持たせ、ユーザービリティ・クローラビリティを高めながら、順位上昇を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ