SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

オーガニック検索を増やす方法とSEO対策について

2015/11/18 2017/03/22

オーガニック検索(自然検索 / Organic Search)トラフィックを増やし、アクセスを積み上げながら、サイト集客することが大切です。

今回は、オーガニック検索を増やす方法とSEO対策、Googleアナリティクスのオーガニック検索について中心に解説したいと思います。

オーガニック検索を増やす方法とSEO対策について

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

オーガニック検索とは

オーガニック検索とは、Google検索結果からサイト訪問したトラフィックのことです。

オーガニック検索(Organic Search)、リファラー(Referral)、ダイレクト(direct)、ソーシャル(social)が主なトラフィックの種類です。

オーガニック検索は、別名、「自然検索」「検索トラフィック」とも呼ばれています。

オーガニック検索を増やす方法

オーガニック検索を増やすために、SEO対策が重要です。

SEO対策でホームページを最適化し、検索順位を上げることで、オーガニック検索が増えやすくなります。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

オーガニック検索とSEO対策について

オーガニック検索を増やすために以下、大きく2つのSEO対策があります。

①リンク対策
被リンク・内部リンクを最適化し、リンクの量と質を高めながら、サイト評価を上げる対策
2016年にすべき被リンク対策教えます」や「サイト内部からのリンクを集める(内部リンク)」を参考にリンク対策することをおすすめします。

②コンテンツ対策
タイトルディスクリプション文字数等最適化し、キーワード出現率・単語数・検索クエリとの関連性を改善しながら、サイト評価を上げる対策
【SEO】2016年にすべき内部対策教えます」や「コンテンツSEOの事例・文字数・対策方法教えます」を参考にしながら、コンテンツ対策を進めることをおすすめします。

Googleアナリティクスとオーガニック検索

オーガニック検索を増やすために、まずGoogleアナリティクスで以下、Organic Searchのトラフィックを確認しましょう。
※Googleアナリティクスを使うには、「Googleアナリティクスとは~使い方・設定攻略ガイド」をご参考ください。

①Googleアナリティクスにログイン後、集客>チャネル>Organic Searchをクリックします。

Googleアナリティクスとオーガニック検索イメージ①

②Organic Searchでは、「オーガニック検索トラフィックの推移」「オーガニック検索の数値データ」が確認できます。

Googleアナリティクスとオーガニック検索イメージ②

検索クエリとオーガニック検索キーワードの違い

「検索クエリ」と「オーガニック検索キーワード」の違いは、ざっくり以下のようになります。

「検索クエリ」⇒Google検索結果でサイトが表示されたキーワード
「オーガニック検索キーワード」⇒Google検索結果でサイトが表示され実際にサイト訪問したキーワード

実際に利用するには、Googleアナリティクスにログイン後、
「検索クエリ」は、Googleアナリティクスメニューの集客>Search Console>検索クエリ から確認でき、
「オーガニック検索キーワード」は、Googleアナリティクスメニューの集客>キャンペーン>オーガニック検索キーワード から確認できます。
※「検索クエリ」を活用するには、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連動が必要

検索クエリとオーガニック検索キーワードの違いイメージ①

オーガニック検索ソース

オーガニック検索ソースは、リスト外の検索トラフィックをオーガニック検索に割り当てることができる機能です。

新たな検索トラフィックを割り当てるには、Googleアナリティクスログイン後、上部メニューの管理>トラッキング情報>オーガニック検索ソース をクリックします。

オーガニック検索ソースイメージ①

以下のよう、「検索エンジンを追加」ボタンから、オーガニック検索ソースを追加することができます。

オーガニック検索ソースイメージ②

オーガニック検索トラフィック not provided

オーガニック検索トラフィックの「not provided」は、Google検索時に暗号化されたオーガニック検索キーワードをさします。

GoogleサービスのSSL導入により、Googleのオーガニック検索キーワードが「not provided」と表示され、その数は徐々に増えていきました。
現在はほぼ全てのGoogleユーザーの検索キーワードは「not provided」となってるようです。
※SSL化は、google.com で2011年11月に導入、日本(google.co.jp)には2012年3月に導入

オーガニック検索トラフィック not providedイメージ①

オーガニック検索とクリック率

オーガニック検索を増やすには、検索結果に表示されるタイトルのクリック率を向上させることが大切です。

タイトルのクリック率を向上させるには以下のような方法があります。

・検索クエリとの関連性が高いタイトル・ディスクリプションにする
・ユーザーが興味を引きそうな魅力的な文言にする
・簡潔でわかりやすいタイトル・ディスクリプションにする

タイトル(title)タグのSEO効果と記述法」や「meta descriptionタグの文字数とSEOに効果的な書き方」を参考に、タイトル・ディスクリプションを改善することをおすすめします。

また、検索順位により、オーガニック検索トラフィックを獲得できる割合が変わっていきます。
検索順位1位は、もっともクリック率が高く、オーガニック検索を一番多く獲得できる順位です。
※参考:検索順位別クリック率と年代別推移まとめ

まとめ

オーガニック検索を増やし、トラフィックを積み上げながら、サイトに集客することが大切です。

そのためには、SEO対策でホームページを最適化し、検索順位を上げることが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ