SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

SEO対策とは~初心者もわかる38の基本とGoogle上位表示方法

2016/01/22 2017/09/05

ホームページの順位を上げるためにSEO対策が必要です。

自分のサイトが何をやったら上位になるか?初心者もわかるようSEO対策の基本手順や方法中心に解説していきたいと思います。

SEO対策で上位奪取に必要な21の基本知識
目次
  1. SEO対策について
    1. SEOとは
    2. SEO対策とは
    3. SEO対策の効果
    4. 今と昔のSEO対策
    5. SEO対策と費用(無料と有料のSEO対策)
    6. SEO対策を始める前に導入すべきSEO対策ツール
    7. 基本的なSEO対策
    8. Google推奨のSEO対策
    9. Googleアルゴリズムに習ったSEO対策
    10. ブログを使ったSEO対策
    11. SEO対策で最適化すべきHTMLタグ
    12. SEO対策とキーワードの重要性
    13. 初心者が抑えるべきSEO対策方法
  2. キーワードの選定
    1. キーワードプランナーを活用
    2. サーチコンソールの検索アナリティクス活用
    3. SEO難易度チェックツールを活用
    4. Googleオートコンプリート機能活用
    5. 競合上位サイトを分析し、キーワードを選定
  3. リンク対策
    1. サイト外部からリンクを集める(被リンク)
    2. サイト内部からリンクを集める(内部リンク)
    3. 低品質な被リンクを否認する
    4. 発リンクを最適化する
  4. 内部対策
    1. タイトルタグの最適化
    2. メタディスクリプションの最適化
    3. キーワード出現頻度を調整する
    4. HTMLタグを使い分ける
  5. コンテンツ対策
    1. テキスト中心に構成する
    2. 検索クエリとの関連性を高める
    3. 包括性を高める
    4. オリジナリティーを持たせる
    5. アクセントをつける
    6. 目次を活用する
    7. 参照リンクを活用する
  6. モバイルSEO対策(スマホSEO)
    1. モバイルファーストインデックスについて
    2. モバイルフレンドリーテストを活用する
    3. URL正規化する
    4. レスポンシブwebデザインにする
    5. PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)を活用する
  7. まとめ

1、SEO対策について

SEOの意味や理念を理解し、より効果的なSEO対策に役立てましょう。

SEO対策について

1-1. SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimization の略で「検索エンジン最適化」を意味し、インターネットの検索結果でより多くサイト表示させるために行う全体的な取組みを指します。

とくに、Google検索エンジンの仕様(アルゴリズム)に合わせながら、ホームページの価値を上げるための取り組みが大切となります。

SEO(検索エンジン最適化)とは~初心者もわかる基本知識【図解】」でもわかりやすく触れてますので、合わせてご参考ください。

1-2. SEO対策とは

SEO対策とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでホームページを上位表示させる対策のことです。

ホームページのリンクコンテンツを中心にSEO対策し、ユーザー目線重視のサイトを構築しながら、検索上位を目指すことが重要となります。

SEO対策で検索上位を目指す

このページでは、上位化を目指すために必要なSEO対策を「キーワード選定」「リンク対策」「内部対策」「コンテンツ対策」「モバイルSEO対策」に分けて解説してます。

1-3. SEO対策の効果

SEO対策を行うことで、サイトの価値が高まり、検索上位化の可能性が高まります。

以下は実際にSEO対策を行い、上位化した事例です。

SEO対策上位化事例

検索順位が上がったことで、トラフィックも上昇してることがわかります。

SEO対策で上位化により、トラフィックが増えた事例

上記のよう、ホームページの順位を上げ、トラフィック増加を目指しながら、SEO対策を進めましょう!

また、「SEO効果が期待できる3つのコト」を合わせて読めば、より理解が深まると思います。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

1-4. 今と昔のSEO対策

一昔前のSEO対策は、リンク対策のみで検索上位化してました。
これは、被リンク数が多いだけのページが上位化しやすいアルゴリズムだったからです。

現在は、リンク対策だけでなく、コンテンツ対策を実施しないと上位化しません。
もっと言うと、「検索ユーザーが求めるコンテンツ」を提供することが上位表示に大きく起因しつつあります。

これは、検索順位を決定するGoogle検索エンジンの仕様(Googleアルゴリズム)が大きく変化したためです。
2017年5月17日付近の順位変動を境にGoogleアルゴリズムが大きく変わり、検索ユーザーが求めるコンテンツを持つページをより高く評価し、検索結果で上位表示する傾向になったと見ています。

今と昔のSEO対策

上記図のよう、「Google」だけから「Googleと検索ユーザー」に変わり、検索結果の決定に介入する要素が増えたことが大きな変化として挙げられます。

検索ユーザーが介入することで、検索クエリ(検索ユーザーが検索窓に入力する語句)にマッチしたコンテンツ(タイトルタグや文章内容など)が重視されるようになりました。
※2015年秋頃に発表されたGoogleのAI(人工知能)検索アルゴリズム「ランクブレイン」が検索クエリとコンテンツの関連性を学習(機械学習)し、徐々に自動処理・評価できるようになったことで、2017年5月17日付近の順位変動から検索順位の決定に本格的に起因するようになったと考えられます。

さらに、ユーザーが使いやすいページかどうか(利便性「ユーザーエクスペリエンス」)も検索順位の決定に起因してると思われます。

つまり、検索クエリにマッチしたコンテンツを提供し、利便性の高いページを提供することが今のSEO対策に必要不可欠といえます。

1-5. SEO対策と費用(無料と有料のSEO対策)

SEO対策には無料でできるものと、有料で実施できるものが有ります。

無料と有料のSEO対策

サイトのパフォーマンスを向上させるためにSEO対策に費用をかけるか否か、判断材料として以下簡単に紹介します。

無料でSEO対策する

無料でSEO対策する方法として、以下のようなパターンがあります。

ブログサービスを活用する
はてなブログやFC2ブログ、アメブロなどの有名な無料ブログサービスでSEO対策が施されたサイトを活用しながら、費用をかけずにSEO対策を行う。

サイト状況を把握する
検索順位や被リンクの数、テキスト量、滞在時間、直帰率などあらゆる要素が検索順位の決定要因に絡んでいると考えられます。
これらのサイト状況を調査できるGoogleアナリティクスや順位チェックツール、SEO無料診断などの無料ツールを活用しながら、費用をかけずにSEO対策を進めることができます。
サイト状況が無料チェックできるツールは、「無料SEOツール集」や「SEO対策を始める前に必ず導入すべき3つの無料SEO対策ツール」で紹介してますので、合わせてご参考ください。

内部対策
内部対策は、HTMLファイルのソースコードを編集できる能力があれば、一般的に無料でできる効果的なSEO対策です。

被リンク対策
良いコンテンツをうまく宣伝することが被リンク対策の最大化につながり、無料でできる強力なSEO対策です。
例えば、無料ブログサイトで記事を投稿後、FacebookやTwitterなどのソーシャルサービスを活用し、無料アカウントを開設して呼び込んだファンにサイトを宣伝するといった対策方法です。
この方法は、自然な被リンクが集まりやすく、サイト評価の向上に最も効果的な無料SEO対策の1つです。

被リンク対策でよくあるのが、サイトを無料登録できるディレクトリサービス(Yomi-Search系)です。
登録するだけで被リンクになりますが、ディレクトリ登録などの被リンクは質の低い被リンクと判断され、サイトの評価が落ちる原因となりますので、あまりお勧めできない無料のSEO対策です。

コンテンツ対策
良いコンテンツを作って公開することは、無料ブログサービスなどを活用すればだれでもできるコンテンツ対策であり、無料でできる強力なSEO対策です。
コンテンツを作ることはできても、良いコンテンツを作るにはそれなりの試行錯誤が必要となります。
現在のSEO対策では、良いコンテンツが検索上位化に必須といえます。
良いコンテンツとは?良いコンテンツには型がある」で触れてますので、合わせてご参考ください。

費用をかけてSEO対策する(有料)

費用をかけてSEO対策する方法として、以下のようなパターンがあります。

有料テーマを利用する
ブログテーマやテンプレートを購入し、基本的なSEO対策が施されたサイト構造を導入しながら、初期費用を投資して対策する。

広告を活用する
PPC広告GoogleアドワーズYahooプロモーション広告等の有料広告サービス)を使ってリスティング広告ディスプレイ広告を出稿し、サイト宣伝による認知で被リンク効果を狙いながら、費用をかけてSEO対策する。

専門業者に依頼する
SEOやWebマーケティング業務を担ってる企業に依頼し、プロの観点から本格的かつ効果的なSEO対策を費用をかけておまかせする。

ツールを活用する
高機能または必要なSEOツールを購入して独自に分析し、部分的に費用をかけながら、SEO対策を進める。

このような有料サービスをうまく取り入れ、効果的なSEO対策をしながら、順位上昇を目指すのも一つの手です。

また、SEO対策に費用をかけて業者に依頼する場合は、「成果報酬型」「固定料金型」の大きく2つの料金体系に分かれます。。

成果報酬型は、一定順位内にランクインした場合のみ費用が発生。
固定料金型は、一定額の対策費用が毎月固定で発生。

成果報酬型は、順位が上がった場合のみ費用が発生するので、料金的なメリットが大きく感じられます。
順位が上がらなかった場合のサポートが薄い傾向です。

成果報酬型比べ、固定料金型は、内部対策・コンテンツ対策含むサポートが比較的充実し、昨今のSEO対策にマッチしたアドバイスが受けられる傾向が多いです。

SEO対策で上位表示しても、時に下落する場合があります。
このような場合に対応するため、内部対策・コンテンツ対策のサポートが受けられそうなサービスを検討するのも一つです。

また、「SEO対策の費用はいくら?コストパフォーマンスを上げるための豆知識」でも触れてますので、合わせてご参考ください。

1-6. SEO対策を始める前に必ず導入すべき3つの無料SEO対策ツール

SEO対策をはじめるにあたり、サイトのSEO状況を計測することが重要です。
これから紹介する3つのツールを導入し、日々サイト状況を把握しながら、SEO対策をはじめましょう。

①Googleアナリティクス
Googleアナリティクスは、ホームページのアクセス状況が把握できるGoogle提供の高機能な無料SEOツールです。

Googleアナリティクス

サイトのセッションユーザー(ユニークユーザー)ページビュー(PV)ページ/セッション平均セッション時間(平均滞在時間)直帰率・離脱率新規セッション率アクティブユーザー・新規リピーターの割合などあらゆるアクセス状況が確認できます。
Googleアナリティクスとは~使い方と設定方法をわかりやすく解説

②Googleサーチコンソール
Googleサーチコンソールは、サイトのリンクやコンテンツといった検索ランキング要因と関わりの深い要素中心に状況把握でき、SEO対策するうえで欠かせないGoogle提供の無料SEOツールです。

Googleサーチコンソール

検索クエリ、サイトのリンク、インデックス、クロール、HTMLのタイトルやディスクリプションなど検索ランキング要因と関わりの深いあらゆるSEO要素の状況が把握できます。
サーチコンソール(Google Search Console)の使い方と登録方法教えます

③順位管理ツール
SEO対策では、上位化を目指すキーワードの検索順位を管理しながら、毎日順位状況を確認することが大切です。
例えば、弊社が無料から提供してる「検索順位チェックツールBULL」があります。

順位管理ツール

BULLでは、上位化を目指すキーワードを登録することで、日々自動で順位集計し、グラフ化してくれるので手軽に検索順位をチェックすることが可能です。
BULL以外では、無料で使えるGRCの順位チェックツールが有名です。

1-7. 基本的なSEO対策

サイトを作ったら、基本的なSEO対策を実施します。
URLの正規化」や「サイトマップ設置」「インデックス登録」を中心に、まず基本的なSEO対策をしながら、評価されやすいサイトにしましょう。

URLの正規化
Googleでは「www」の有り無しで、基本的には別なページとして判断します。そのため、URLの正規化(www有り無しの統一)が大切となります。

例)
http://www.seolaboratory.jp/ (wwwあり)
https://seolaboratory.jp/ (www無し)

上記のURLはどちらも同じページです。URLの中に「www」があるか無いかだけの違いです。

例では、どちらのURLにアクセスしても、必ず「https://seolaboratory.jp/」こちらのURLになります。
「http://www.seolaboratory.jp/」にアクセスした場合には「https://seolaboratory.jp/」にリダイレクトされるように設定しています。

上記のようなURLの正規化は、.htaccessの301リダイレクトcanonical属性による2つの設定方法が有名です。

サイトマップ登録
サイトマップ登録すると、サイト更新するたび、クローラーが新しいページを訪問してくれます。
Googleサーチコンソールの左メニュー「クロール」⇒「サイトマップ」をクリック。右上の「サイトマップの追加/テスト」ボタンを押して、サイトマップURLを入力し送信。
※利用するにはGoogleサーチコンソールの登録が必要です。

サイトマップ登録の方法イメージ

インデックス登録
検索エンジンに登録し、サイトをインデックス(検索結果に表示)させることが大切です。

基本、自動的に検索エンジンに登録され、検索結果にサイト表示されるようになります。
しかし、新規サイトの場合、リンクが少なくクロールされずらいため、すぐにインデックス(検索結果に表示)されないケースがあります。

この場合、手動で検索エンジンにサイト登録し、インデックスを促すことで、検索結果に表示されやすくなります。

1-8. Google推奨のSEO対策

Googleはウェブマスター向け公式ブログヘルプフォーラムSearch Console ヘルプ等で、推奨するSEO対策を紹介してます。
検索順位を決定してるGoogleに習い、推奨するSEO対策を実施しながら、サイトを最適化しましょう。

Google検索エンジンスターターガイド を活用する
Google検索エンジンスターターガイドは、ユーザー・検索エンジンに優しいサイトを構築するためのGoogleが公式提供するサイト作成ガイドです。
※参考:Google検索エンジン最適化スターターガイドを使った効果的なSEO対策

Google 検索エンジン最適化スターターガイドイメージ

このガイドでは、以下SEO項目についてアドバイスしてます。
・SEOの基礎
・サイト構造の改善
・コンテンツの最適化
・クローラーへの対処
モバイルSEO
・プロモーションと分析

基礎的な項目を中心に、効果的なサイトを作るために必要なSEO対策が記述されてます。
SEO対策をこれから始める方や、このガイドを知らなかった方は、まずスターターガイドを参考にSEO対策してみることをおすすめします。

Google HTML/CSS Style Guide を活用する
Google HTML/CSS Style Guide はGoogleが提供するHTMLとCSSコーディングに関する公式ガイドです。

英語版が公開されてるため、ガイドラインを翻訳したものが、以下になります。
Googleが推奨するHTMLマークアップ

このガイドラインでは、以下、HTMLとCSSの書式とスタイルの規則が定義されます。
・一般的なスタイルルール
・一般的な書式ルール
・一般的なメタルール
・HTMLのスタイルルール
・HTMLの書式ルール
・CSSスタイルルール
・CSSの書式設定ルール
・CSSメタルール

Google推奨のHTML、CSSマークアップに習い、内部を最適化しながら、SEO対策を進めることをおすすめします。

Googleの人が言及する9つのSEO対策ポイント を参考にする
実際にGoogleで働いてる金谷さんが言及したSEO対策9つのポイントがとても参考になる内容でした。
※参考:Google(グーグル)の人が言及するSEO対策9つのポイントと検索ランキング1位に必要なこと

紹介されてた9つのSEO対策ポイントは以下です。
① グーグルの検索順位は200以上のアルゴリズム要素によって決まる(モバイルに対応してるか、情報の新鮮さ、ページの構成やサイト構成など)
② そのキーワードを検索したユーザーに役立つサイトを作る
③ グーグルの目的は、ユーザーが検索した意図に沿って関連性の高いコンテンツを提供すること
④ ユーザーにとって有益なサイトを作れば、自然と検索順位が上がってくるはず
⑤ Webマスター(Webサイト運営管理者)は、グーグルと相性の良いサイト作りのガイドライン「検索エンジン最適化スターターガイド」を読むべき
⑥ ユーザーの行動の変化をヒントに新しいコンテンツを考える
⑦ クロールとインデックスの仕組みをしっかり理解する
⑧ モバイルにしっかり対応したサイトを作ることが大切
⑨ サーチコンソール(Google Search Console)に登録する

Googleの人が実際に言及した内容なので、結構信憑性が高いポイントかなと思います。
Google絡みのSEO情報は定期的に確認し、サイトの最適化に取り入れながら、SEO対策を進めるとよいでしょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

1-9. Googleアルゴリズムに習ったSEO対策

Googleアルゴリズムに習い、重要なSEO要因を中心に対策しながら、SEO対策を進めることが大切です。

実際にどんなSEO要因が評価されてるか見てみましょう。
※弊社Googleアルゴリズム分析ツール調べ

弊社ディーボのGoogleアルゴリズム分析ツールで調べたSEO要因

上記は、上から順番に重要なSEO要因が並んでいます。赤枠の注視すべきSEO要因を以下紹介します。

被リンク数・被リンクドメイン数
被リンクはGoogleアルゴリズムにおいて、最も重要なSEO要因です。
被リンク数・被リンクドメイン数から、被リンクの「量」と「質」両方を増やし、良質な被リンクを増やしながら、SEO対策することが大切です。

被リンク数(内部)
被リンク数(内部)は、内部リンク のことです。
内部リンクは、被リンクの次に重要で、順位上昇を狙うために欠かせないSEO要因です。
重要なページ(順位上昇させたいページ)に内部リンクを集め、ユーザー・Googleクローラーにページの重要性を伝えながらら、SEO対策を進めましょう。

ファイルサイズ
ファイルサイズを最適化し、HTMLソースコードやファイル名等を簡潔にすることが大切です。

長くサイト運営してると、ページが増え、ファイルサイズが大きくなっていきます。

ファイルサイズを減らし、サーバー負荷を減らすことで、読み込み速度が最適化され、快適なホームページとなります。
快適なホームページにし、ユーザー・クローラーが訪れやすいサイトを目指しながら、SEO対策しましょう。

総単語数・ユニーク単語数
総単語数・ユニーク単語数を最適化するために、テキスト量を増やすことが大切です。

サイトテーマに沿った2000文字以上のテキスト量にし、総単語数・ユニーク単語数を増やしながら、SEO対策することが大切です。
まずは、「SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール」を活用し、自サイトの文字数(テキスト量)を調査してみましょう。

読みやすさ、わかりやすさを意識しながら、テキストを増やすことで、より効果的なSEO対策となるでしょう。

キーワード出現数
順位を上げたいページにSEOワードを含めることが大切です。このSEOワードの出現頻度を調整し、内部を最適化することが重要になります。

主にタイトルやコンテンツにSEOワードを含め、キーワードとコンテンツの割合を調整しながら、出現率を調整していきます。
キーワード出現頻度を調整する

キーワード出現頻度を最適化し、SEOワードに特化したページを作りながら、SEO対策しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

1-10. ブログを使ったSEO対策

ブログは、Googleに評価されやすいサイト構造が簡単に構築でき、SEO対策に効果的です。

SEO対策に効果的なブログとしてwordpressがあります。
このブログ(SEOラボ)もwordpressで構築してるブログサイトで、wordpressが提供するプラグインやタグを活用しながら、SEO対策を進めています。

簡単に効果的なプラグインやタグを使えるので、タイトルやメタタグ、内部リンクや画像など最適化しながら、サイトのパフォーマンスを高めることが可能です。

ブログを使ったSEO対策のメリット
・サイト更新しやすい
 ⇒更新性を高めユーザーに役立つ情報発信を増やせば、良いサイトとして認識されやすい

・内部リンクを構築しやすい
 ⇒プラグインやタグを活用しブログを構築すれば、記事投稿により内部リンクが最適化され、ユーザー・クローラーが回遊しやすいサイト構造を作ることができる

・ソーシャルメディアと連携しやすい
 ⇒ブログ記事の上や下など、ユーザーの動線にソーシャルメディアボタンを設置し、共有されることで、より多くのトラフィックを集めることが可能

上記メリットのよう、パフォーマンスを高めやすく、Googleに効果的なサイトを運営することが可能です。

ブログを独自ドメインで運用する
無料登録でブログ運営できるサイトは複数あり、サイトドメインが運営会社のものがほとんどです。
このような場合、運営元が廃止になると、せっかく運営してた自分のブログも廃止になってしまう可能性があります。

被リンク的にメリットが大きいですが、サイトがなくなってしまえば元も子もありません。
このような自体を防ぐために、ブログを独自ドメインで運用することをおススメします。

上記で紹介したようなブログのメリットを最大限に生かし、良いコンテンツ・被リンクを増やしながら、SEO対策を進めていきましょう。

1-11. SEO対策で最適化すべきHTMLタグ

SEO対策において、HTMLタグの最適化はとても重要です。
titleタグ」「meta descriptionタグ」「h1タグ」を見直し、魅力的な文言か?SEOキーワードが含まれてるか?チェックしながら、効果的なHTMLタグに改善しましょう。

とくに、「titleタグ」は最も重要なSEO要素の一つです。
「titleタグ」に必ずSEOキーワードを含め、検索クエリとサイトの関連性を高めながら、SEO対策を進めることが重要です。

1-12. SEO対策とキーワードの重要性

SEO対策では、基本1ページ1キーワードで対策を進めることが重要です。
1ページ1キーワードで対策し、キーワードに特化したページを作りながら、そのキーワードで上昇させやすくしましょう。

仮に、1ページ複数キーワードで対策した場合、どのキーワードにも特化してないので、どのキーワードでも順位が上がりずらくなります。

進め方として、軸となるキーワード(検索順位を上げたいキーワード)を選び、タイトルやディスクリプション、コンテンツ等にそのキーワードを含めていきます。

必ず軸キーワードのキーワード出現率を上位にしましょう。

合わせて、軸キーワードに関連する言葉をページに散りばめる事で、ロングテールキーワードでも集客することが可能です。

上記より、、キーワード選定を慎重に行い、上昇させたいキーワードに特化したページを作りながら、SEO対策を進めましょう。

1-13. 初心者が抑えるべきSEO対策方法

初心者の場合、SEO情報・テクニック・ツール等のサイトを活用したSEO対策方法が効果的です。
このページ(SEO対策で上位奪取に必要な21の基本知識)と合わせ、弊社運営サイトを活用したSEO対策方法を中心に紹介します。

テクニックサイトを活用する
SEO対策レポートを参考に、必要なテクニックを活用し、SEO対策を進める

ツールサイトを活用する
まず総合的にSEO診断し、ホームページのSEO状況(順位、被リンク、内部状況等)を把握しながら、SEO対策を進める

情報サイトを活用する
SEO、順位変動、Googleアルゴリズム等の最新情報を把握し、必要なSEO対策を進める

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

2、キーワードの選定

SEO対策で一番最初に重要なのが、キーワード選定です。
集客できそうなSEOキーワードを選定し、ツールや検索状況を見ながら、キーワード選定することが大切です。

以下、キーワードの選定方法を紹介します。

キーワードの選定

2-1、キーワードプランナーを活用

Googleキーワードプランナーで、宣伝する商品やサービスのキーワードを入力し、関連性の高いキーワードを見つけましょう。
※初めてGoogleキーワードプランナーを使う方はGogoleアカウントを作成しましょう。
【SEO対策】Googleキーワードプランナーの使い方|キーワードの選定とSEO対策での活用方法

キーワードプランナー活用イメージ

上図から、どれくらい検索されているかがわかるキーワードボリューム、検索上位表示しやすいかキーワードか把握できる競合性を加味しながら、最適なキーワードを選びましょう。

コツとして、キーワードボリュームが多く、競合性が低いキーワードを狙うと良いと思います。

2-2. サーチコンソールの検索アナリティクス活用

Googleサーチコンソールの検索アナリティクスを使い、どんなワードでサイトに訪れてるか把握することができます。
サーチコンソール(Google Search Console)の使い方と登録方法教えます

サーチコンソールの検索アナリティクス活用イメージ

上記のよう、表示回数が多ければ、クリックされやすくなり、トラフィックも増えやすくなります。
なるべく表示回数の多そうなキーワードを把握し、そのキーワードでページを最適化することが大切です。

2-3. SEO難易度チェックツールを活用

弊社ディーボのキーワード難易度チェックツールを使い、SEO難易度と検索順位1位のときの月間予想アクセス数を把握することができます。

SEO難易度チェックツール活用イメージ

2-4. Googleオートコンプリート機能活用

Google検索で表示されるオートコンプリート機能を利用し、キーワードを見つける方法が有ります。

Googleオートコンプリート機能活用イメージ

上記のよう、オートコンプリート(またの名をサジェスト)機能を利用した無料ツールを使い、キーワードを選定する方法もあります。

関連キーワード取得ツール(Google/Yahoo)を使ったSEO方法「おすすめの関連キーワード取得ツール」では、複合キーワードを見つけ出す便利な無料ツールを紹介してます。ぜひご参考ください。

2-5. 競合上位サイトを分析し、キーワードを選定

サービス、商品、宣伝等のキーワードを入力し、検索結果の上位サイトを分析します。

「SEO対策」の上位検索結果
キーワード「SEO対策」の上位検索結果

上図から、上位を見ると、「基本」「方法」「手順」などのワードが目立ちます。

ワードに関するコンテンツやサイト内のコンテンツを見ながら、上位にあるコンテンツを参考に、キーワードを選定する方法があります。

このようなキーワードを選びながら、上位表示されやすいコンテンツを目指すことが大切です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

3、リンク対策

リンク対策は主に、「被リンク」と「内部リンク」の2つがあります。

SEO対策で一番重要な「被リンク」を対策し、「内部リンク」を最適化しながら、リンクの質と量を高めることが大切です。

リンク対策

3-1. サイト外部からリンクを集める(被リンク)

あらゆるドメインからの被リンクを増やす
さまざまなドメインからの被リンクを増やすことで、被リンクの質を高めることが可能です。
さまざまなドメインからの被リンク(被リンクドメイン数)は、被リンクの質を上げるために最も重要な指標です。

被リンクを増やし、被リンクドメイン数も増やしながら、対策することが重要です。

被リンクドメイン数の増やし方イメージ

上記図のよう、被リンクを増やし、被リンクドメイン数を増しながら、被リンクの質を高めましょう。
上記右図のよう、被リンク総数が多くても、被リンクドメイン数が少ないサイトが見受けられます。
このようなサイトは、被リンクドメイン数を中心に被リンク対策することをおすすめします。

あらゆるアンカーテキストからの被リンクを増やす(アンカーテキスト分散)
直接的なアンカーテキストからの被リンクを増やしすぎると、被リンクの質が低下します。
作為的なSEO対策とみなされ、被リンクの評価が下がり、順位下落の可能性が高まります。

アンカーテキスト分散の方法

上記、「腕時計 人気」は直接的なアンカーテキストです。
順位を上げたいキーワードをそのまま直接アンカーテキストで使用するのは、不自然なリンクとみなされ、被リンクの質が低下します。
サイトタイトル名、キーワードを含んだオリジナルのアンカーテキストを増やし、アンカーテキスト分散しながら、被リンクの質を高めましょう。

あらゆるサーバーからの被リンクを増やす
あらゆるサーバー(IP)からの被リンクを増やすことで、被リンクの質を高めることが可能です。
あらゆるサーバーからの被リンク(IP分散された被リンク)は重要度は昔より下がりましたが、被リンクの質を高める要素の一つです。

例えば
IP分散された被リンクの例

上記、「被リンクC」のように、IPが重複しない被リンクを増やしながら、被リンクの質を高めましょう。

あらゆるドメイン・サーバーからの被リンクを増やしながら、被リンク対策することが重要です。

関連する被リンクを増やす
関連するサイトからの被リンクを増やすことで、被リンクの質を高めることができます。

例えば
関連するサイトからの被リンク例

ダイエット系なら、健康・美容・ダイエットなど関連性が高そうなサイトからの被リンクが効果的です。

同ジャンルのサイトからの被リンクを増やすことで、被リンクの質を高めることが可能です。
全て質の良い被リンクにするのは難しいので、被リンク全体の質を高め、良い被リンクの割合を増やすことが重要です。

発リンクの少ないページから被リンクを増やす
発リンクが多いページからの被リンクは、効果が薄れます。
ページの持ってる力をリンクの数で分散するため、リンク数が少ないほうが、より、被リンクの効果が期待できます。

発リンクの少ないページから被リンク例

ドメインの力が強く、発リンクの少ないページから被リンクを獲得することが理想です。
効果的な被リンクを増やし、被リンクの質を高めながら、対策することが重要です。

上記のような質の高い被リンクを徐々に増やし、サイトの価値を高めながら、SEO対策を進めましょう。

3-2. サイト内部からのリンクを集める(内部リンク)

直接的なアンカーテキストからの内部リンクは避ける
内部リンクも被リンクと考え方が似ています。
直接的なアンカーテキストは避け、より自然なアンカーテキストにし、Googleに好まれる内部リンクを増やすことが大切です。

アンカーテキスト分散の方法

タイトル名やサイト名、リンク先がわかるオリジナルのアンカーテキストにし、内部リンクの質を高めましょう。
リンク先がわかるようにすることが重要で、Googleスターターガイド(適切なアンカーテキストを書こう)にも記述されてます。

記事、コンテンツ文章に内部リンクを入れる
内部リンクはGoogleのアルゴリズムで被リンクの次に重要です。
文章内に参照リンクを追加し、適切なアンカーテキストにしながら、内部リンクを最適化しましょう。

●内部リンク主な設置箇所
・メニュー関連
・サイドカラムコンテンツ
・記事・メインコンテンツ
パンくずリスト etc…

上記箇所に内部リンクを設置し、コンテンツ量とアンカーテキスト量のバランスを考えながら、内部リンクを増やしましょう。

内部リンクが構築できるコンテンツを増やす
内部リンクを増やすために、コンテンツを増やすことが大切です。
良いコンテンツを増やし、作ったコンテンツへ内部リンクを巡らせながら、サイトの価値を高めましょう。

●内部リンクを増やすためのコンテンツの増やし方
・記事のテキスト量を増やす
・記事内のワードに関するコンテンツを作る
・人気記事コンテンツ等、自動生成コンテンツを増やす etc…

コンテンツを増やし、内部リンクを増やしやすくすることが大切です。
ユーザー・Googleに好まれるコンテンツを増やし、内部リンクを最適化しながら、直帰率、滞在時間等、サイトパフォーマンスを改善することが重要です。

重要なページに向けて内部リンクを集中させる
順位を上げたいページに内部リンクを集中させることが大切です。
サイト内のメニューや文章内から、重要なページに向けた内部リンクを増やすことで、そのページの評価を高めることが可能です。

Googleサーチコンソールの「内部リンク」機能から、ターゲットページの内部リンク数が把握できるので、ぜひ活用しましょう。

3-3. 低品質な被リンクを否認する

いくらSEO対策しても、低品質な被リンクが多ければ、順位上昇しません。
順位を上げるために定期的に被リンクを見直し、低品質な被リンクを否認することが重要です。

低品質な被リンクを否認し、59位から18位まで上昇した事例
低品質な被リンクを否認し、59位から18位まで上昇した事例

SEO対策内容
相互リンクを否認
・アフィリエイトブログからのリンクを否認
・英語サイトからのリンクを否認
・発リンクが多いサイトからのリンクを否認
・SEO関連ブログのリンクを否認
・ディレクトリ登録型のリンクを否認

上記のような低品質な被リンクを否認し、被リンクの質を高めながら、SEO対策を進めましょう。
内部リンクについても同じことが言えます。サイト内の隠しリンクリンク切れを無くし、低品質なリンクを減らしながら、内部リンクの質を高めましょう。

3-4. 発リンクを最適化する

発リンクは、別ページ(サイト内部・外部)へ向けたリンクのことを指します。
このページにも発リンクが多く存在しますが、リンクの文言やリンク先のページ状況を適宜確認することが大切です。

例えば、「リンクの文言とリンク先の内容がマッチしてない」「リンク切れしてる」といった状況はユーザーにとってとても不愉快です。
このように発リンクの質が下がることで、サイト評価の下落 ⇒ 検索順位の下落に繋がる可能性が考えられるため、SEO対策の一貫として定期的に取り組んでおく必要があります。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

4、内部対策

内部対策は今もSEO対策に欠かせない施策1つです。
コンテンツ対策と混同されがちですが、主にHTMLタグやキーワード周りの調整を行い、HTMLソースコード含むサイト内部構造の最適化を行うことがメインとなります。

内部対策

4-1. タイトルタグの最適化

タイトルはSEO対策において、もっと重要な要素の一つです。
必ずSEOワードを含め、魅力的なタイトルにしながら対策することが大切です。

タイトルの最初のほうにターゲットキーワードを入れる
タイトルの前方にキーワードがあるほうがGoogleは、そのキーワードについて書かれているページだと認識しやすと思われます。
以前よりは、重要度は落ちましたが、タイトルのどの位置にキーワードを入れるかによって、順位が変化することがあります。

競合より魅力的なタイトルにする
競合より魅力的なタイトルは、検索エンジンの画面で他のサイトと差別化できているとクリックされやすくなり、クリックされることにより順位が上がっていくからです。
自社の強みと狙ってるキーワードをうまく組み合わせ、魅力的でわかりやすい文言にしながら、タイトルを最適化しましょう。

タイトルのクリック率を2倍に増やした事例

文字数を把握する
検索結果画面に表示される文字数は、30文字前後です。
例えば、タイトルが長いと、Google検索結果で「…」と表示され、省略されます。

検索結果に表示されるタイトルの構成事例

上記のよう、前方に興味を引く文言を記述し、文字数を頭に入れながら、タイトルを作ることをおススメします。

重複は避ける
サイト内の他ページと重複しないよう、各ページオリジナルの文言にしながら、タイトルを作ることが重要です。 重複によりGoogleに評価されにくくなり、いくらSEO対策しても上昇しない可能性があります。

タイトルタグ評価チェックツールを活用する
タイトルタグ評価チェックツールは、タイトルの「文字数」「キーワード出現率」「先頭キーワード状況」を競合上位10位平均と比較チェックできる、無料SEOツールです。
自サイトのタイトル評価をチェックし、今後のSEO対策に生かしましょう。

4-2. メタディスクリプションの最適化

ディスクリプションは検索結果のページタイトルの下に表示される説明文となります。
こちらもSEOキーワードを意識して、クリックしたくなるような説明文、そして不自然にならないよう全角120文字程度に収めます。
Google検索結果に表示されるので、タイトル関連付け魅力的な文言を考えながら、SEO対策しましょう。

検索結果に表示されるメタディスクリプションの構成事例

SEOキーワードを含めわかりやすく、メリットを伝えることが重要です。
ディスクリプションを最適化すれば、クローラー、ユーザーが理解しやすく、クリック率が高まり、トラフィック向上に繋がります。

また、他のサイト・ページと重複しないディスクリプション内容にし、オリジナル性を持たすことが重要です。

4-3. キーワード出現頻度を調整する

キーワード出現率とは、Webサイトのテキスト量に対するSEOキーワードの出現頻度のことを言います。
例えば、
文字数が3000文字 SEOキーワード数が10個 なら
キーワード出現率は 10/3000*100 = 0.33% となります。

上記のよう、SEOキーワードの出現頻度を把握し、キーワード出現率を適切に調整することが重要です。
以下、キーワード出現率の調べ方、調整の仕方、注意点等を紹介していきます。

キーワード出現率の調べ方
キーワード出現率は、SEOツールを使って調べます。
Google検索で「キーワード出現率」と調べると、無料のキーワード出現率チェックツールがいくつか出てきます。
キーワード出現率チェック | SEOチェックのためのSEOツール集 ohotuku.jp

キーワード出現率チェックツール「ohotuku.jp」活用イメージ①

こちらは弊社が運営するキーワード出現率チェックツールです。
今回はこれを使ってキーワード出現頻度の調べ方を紹介します。

URL、SEOキーワードを入力し、Checkをクリックします。
キーワード出現率チェックツール「ohotuku.jp」活用イメージ②

上記で入力したキーワードの比率がわかります。

キーワード出現率の調整法
キーワード出現率の調整法は、以下のようSEOキーワード上位になるよう調整します。

キーワード出現率チェックツール「ohotuku.jp」活用イメージ③
例えば、以下ページをSEOキーワード「metaタグ」で最適化したい場合
キーワード出現率チェックツール「ohotuku.jp」活用イメージ④

上記、キーワード出現率チェックの結果、単語「meta」「タグ」が上位でないことがわかります。
このような場合、HTMLソース、テキスト文章内のキーワード「meta」「タグ」の数をそれぞれ増やし、キーワード出現頻度を最適化しましょう。

キーワード出現率の調整時の注意点
キーワード出現率を調整する際の注意点は以下です。
・キーワードを乱用し、HTMLソース、テキスト文章内に詰め込みすぎない
・あくまでも意味のわかる文章を意識し、キーワード出現率を最適化する

キーワード出現率調整(Googleサーチコンソール活用)
・Googleサーチコンソールのコンテンツキーワードを参考に重要度を高める
※Googleサーチコンソール⇒Googleインデックス⇒コンテンツキーワード

それぞれのコンテンツキーワードをクリックすると、そのキーワードで「評価の高いページ」が表示されます。
ドメイン内でページの評価を高め、狙ったキーワードで最適化しながら、順位上昇を目指しましょう。

キーワード出現率調整(Googleサーチコンソール活用した場合)

4-4. HTMLタグを使い分ける

HTMLタグはそれぞれ用途が決められており、その用途に合わせて画像やテキストなどのコンテンツを適切にマークアップすることが大切です。

段落であればPタグ、箇条書きなどの要約文はLIタグ(リスト)、セクションごとの大見出し、小見出しはhタグのように適切にマークアップすることで、クローラーがソースコードを認識しやすくなります。

SEO対策の一環として、クローラビリティを上げることはサイトパフォーマンスの向上につながり、最終的には検索上位化の要素として積み上がると考えられます。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

5、コンテンツ対策

コンテンツSEOでサイトパフォーマンスを上げる方法は、以下で解説するコンテンツ対策が基本ベースとなってます。
ちなみに、コンテンツSEOは、より大きな枠組みであるコンテンツマーケティングの手法の一つとして考えられてます。

コンテンツ対策

5-1. テキスト中心に構成する

Googleは情報が豊富でわかりやすい、テキストで記述されてるコンテンツを好みます。
※参考:【SEO】検索上位化に必要な文字数は?

テーマに沿った文章を記述し、テキスト量を増やしながら、コンテンツを作ることが大切です。

●テキスト量の増やし方
・4000文字以上のボリュームにしながら、テキストを増やす
・検索されてるSEOワードを適切に含めながら、テキストを増やす
・画像を使い、文章の理解度を高めながら、テキストを増やす
・適切に参照リンクを入れながら、テキストを増やす

多くの関連キーワードで検索上位化した事例

上記のよう、多くの単語を検索エンジンに認識させ、タイトル、テキスト文章を最適化しましょう。
タイトル・テキストにSEOワードを適切に含め、多くのユニーク単語を文章に織り交ぜながら、SEO対策することが重要です。

5-2. 検索クエリとの関連性を高める

検索エンジンからサイト訪問するユーザーは、検索窓に検索キーワードを入力し、表示される検索結果から気になるサイトをクリックして、ホームページを訪れます。

検索ユーザーが入力したキーワード(検索クエリ)と検索結果に表示されるタイトルリンク、リンク先のコンテンツ内容のマッチ度(整合性・関連性)を高めることが重要です。

例えば、検索クエリ「検索順位 上げる」の場合:
ページタイトル例:「検索順位を上げるために必要な3つのコト」
コンテンツ内容例:Googleで検索順位を上げるには、検索順位を上げるためのリンク対策、検索順位を上げるためのコンテンツ対策、検索順位が上がった事例

この例のページ(検索順位を上げるために必要な3つのコト)は、「検索順位 上げる」で1位ですが、「検索順位」で11位です。
何を言いたいかというと、「検索順位」というキーワードでは上位化しずらいということです。

つまり、「検索順位」という検索クエリに対して、タイトルとコンテンツ内容のマッチ度(関連性・整合性)が不足もしくは低いと考えられます。

どうしたらよいのかというと、「検索順位」という検索クエリの競合上位サイトの傾向を確認します。

実際に競合上位のタイトルは、ツール系のページが多くみられるため、検索順位チェックツールをテーマにしたページを作成する必要があることがわかります。

このように、検索クエリとの関連性を高めるには、競合上位の傾向(主にタイトルやコンテンツ)を参考に、Googleや検索ユーザーが求めるWebページを作成することが大切です。

この変動で下落したページの傾向と対策方法」で詳しく触れてますので、合わせてご参考ください。

5-3. 包括性を高める

包括性を高めるために、対策ワードに関連するテーマを増やしていくことが大切です。

「オリジナリティー」と「検索傾向(サジェストやキーワードプランナーを活用)」を織り交ぜることで対策ワードに関連するテーマを網羅し、包括性の高いコンテンツを目指すことができます。

昨今、オリジナリティーの高さはGoogleに高く評価されるので、テーマに対してある程度知識を付けてコンテンツに落とし込みながら包括性を高めることがSEO対策で重要です。

5-4. オリジナリティーを高める・持たせる

独自の観点や考え方、知識をコンテンツに反映することで、Googleはそのコンテンツを高く評価する傾向にあります。
背景としては、「Google「低品質なサイトへの対策」を実行!」の記事も記載してますが、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。とGoogleが公式に言及してます。

Googleにとってオリジナリティーの高いサイトは、検索結果を潤し、検索ユーザーに新しい情報を提供する価値の高いものとして扱われてると考えられます。
そこには、もちろんサイトの権威性や情報の信憑性が考慮されるでしょう。

オリジナリティーの高め方・持たせ方として、例えば「他サイトを参照してそれについて独自の意見を述べる」「自分の頭に入ってる専門知識のみを記載する」「あらゆるサイトの情報を参照し、独自にまとめる」「独自のツールを公開する」などがあります。

このように独自性を必ず考慮したコンテンツ作成に励み、SEO対策を進めることが重要です。

5-5. アクセントをつける

コンテンツをより見やすくわかりやすいものにするため、画像やテキスト装飾などアクセントをつける方法があります。

黒いテキスト文字ばかりのコンテンツよりも、文字に色がついたり、太字、下線や文字の大きさ、画像が効果的に挿入されたコンテンツの方が利便性が向上し、サイトパフォーマンスが向上しやすくなります。

サイト訪問してくれたユーザーに、よりよいコンテンツを届けるためにアクセントをつけることもSEO対策の一貫として考えることができます。

5-6. 目次を活用する

近年はブログサイトが増え、ブログページの上部に目次リンクを見かけることが多くなりました。

目次を何のために設置するのか?
それは、ユーザービリティの向上が理由として最もかと思います。

コンテンツが重要視されてる現在、コンテンツを追加・リライト・削除するなどページを編集する機会が増えてると思いますが、特に長くなったページは目的のコンテンツまでたどり着くのが大変です。
そんな時に、サイト上部の目次リンクが効果を発揮し、目的のコンテンツまで瞬時にたどり着くのでユーザビリティの向上につながります。
SEO対策では、ユーザービリティを高める施策も重要な要素として考えます。

ただ目次リンクを設置してもあまり効果的ではありません。
わかりやすく簡潔な目次リンクにし、リンク先の見出しと文言を合わせて、整合性をとることが重要です。

また、目次リンクの豆知識として「Google検索結果のスニペットにページ内リンク(目次リンク)を表示させる方法」もご覧いただくとよいかと思います。

5-6. 参照リンクを活用する

文言や文脈などに参照リンクを設置し、文章の理解度を高めながら、よりわかりやすいコンテンツをユーザーに届けることが大切です。

独自の知識のみで、わかりやすいコンテンツを作成し続けるのは、日記などのテーマ以外だと難易度が高くなると思います。

なるべくサイト内部のページを参照し、トラフィックを内製化したいところですが、それが難しい場合は、引用元をちゃんと記述しわかりやすい外部サイトへリンク設置することで、ユーザーにとっても利便性が向上します。

ユーザーにとって良いコンテンツを提供することに重点を置きながらコンテンツ作成に励むことがSEO対策では重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

6、モバイルSEO対策(スマホSEO)

昨今、モバイルファーストインデックス移行などのGoogle公式情報により、モバイル(スマホ)サイト最適化(モバイルフレンドリー)の重要性が増し、SEO対策を施す必要性が高まってます。

モバイルSEO対策(スマホSEO)

6-1. モバイルファーストインデックスについて

Google公式に、モバイルファーストインデックスへの移行(検索結果のインデックス基準が、PCからモバイルに移行する)計画が発表され、今後スマホ中心としたモバイルSEOの必要性がより高まってます。

これに対応するため、まずはGoogle推奨のモバイルガイドを参考に、モバイルSEO対策を進めていくことが大切です。

6-2. モバイルフレンドリーテストを活用する

「テキストサイズ」「viewport(ビューポート)の設定」「リンク同士の距離」「コンテンツの幅」などモバイルフレンドリーテストでチェックしながら、モバイルSEO対策する

6-3. URL正規化する

「別々のURL」でPCやスマホサイトが存在する場合、「canonicalタグ」「alternateタグ」「301リダイレクト」等で認識させるURLを一つにし、サイト評価(被リンク評価)を統一しながら、モバイルSEO対策する

6-4. レスポンシブwebデザインにする

レスポンシブwebデザインでPC、スマホ、タブレットなどのあらゆるデバイスから同じURLでアクセスできるようにし、サイト評価(被リンク評価)を統一しながら、モバイルSEO対策する

6-5. PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)を活用する

「画像」「CSS」「HTML」などのファイルサイズを縮小・最適化し、PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)でチェックしながら、モバイルSEO対策する

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

まとめ

今回記述した内容は、Googleアルゴリズムで重要度の高いものになります。

検索順位はGoogleが決めてるので、いかなるときもGoogleの仕様に習いながら、SEO対策を進めましょう。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ