SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

検索結果のローカル検索を上位表示させる方法について

2016/04/06 2017/10/16

Googleのローカル検索結果をビジネスに利用できていますか?
このマップとともに表示される箇所に掲載されると通常の検索結果よりも上に表示されるため、ユーザーの目にも止まりやすく、集客に大きな影響を与えられると考えられます。

そして、ここに掲載される順位は検索している場所によっても変わりますが、掲載順位を改善することができます。

では、今回はこの検索結果に表示されるGoogleマップに掲載させる方法や、その掲載順位を上げる方法についてご説明したいと思います。
※参考:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

【Google公式】ローカルSEOで検索上位になる方法

ローカル検索とは

Google検索の結果ページに検索ワードによってはマップが表示されると思いますが、この検索結果に表示されるマップの箇所を「ローカル検索」と呼びます。
主に「地名 + サービス名」のキーワード検索や、その他、Googleマップ等の地図検索で活用される検索機能です。

このローカル検索にサイトや店舗を表示させて、上位表示させるための対策(ローカルSEO)を行うことが大切です。

ローカル検索の表示について

ローカル検索は通常の検索結果よりも上に表示されることから、自然とトラフィックも集まり、店舗などの宣伝にも繋がります。

例えば通常のGoogle検索から「札幌 seo」で検索した場合、このように表示されます。
表示件数は3件で、他にも掲載がある場合は「さらに表示」というリンクが表示されています。クリックするとGoogleマップのページへ遷移します。

通常のGoogle検索から「札幌 seo」で検索した場合

また、Googleマップから「札幌 seo」で検索した場合は、このようにスクロールが表示され通常のGoogle検索よりも多くの件数が表示されます。

当然、上位に表示されていた方が見られる機会も増えるため、SEO対策のように上位表示させることが理想と言えます。

Googleマップから「札幌 seo」で検索した場合

ローカル検索に表示させる方法

ローカル検索で表示機会を増やすには、まずはGoogleマイビジネスに無料登録し、Google マイビジネスの管理画面に最新のビジネス情報を入力しましょう。
Googleマイビジネス:https://www.google.co.jp/intl/ja/business/

ビジネス情報をGoogle 検索、マップ、Google+ に掲載し、パソコン、タブレット、携帯で表示されることで、ローカル検索で表示機会を増やすことが可能です。

ローカル検索で掲載順位を上げる方法

ローカル検索結果にご自身の店舗などを表示させることで、サイトや店舗の集客に役立てることが可能です。

しかし、ただ表示させるだけでなく、ローカルseo対策として上位表示させ、集客パフォーマンスを向上させることが重要です。

では、Googleマイビジネスを利用してローカル検索に登録した店舗などが表示されたら、そこに掲載されている順位を上げるための対策を行いましょう。

ローカル検索で上位表示に必要なポイントは以下です。
※このローカル検索結果に掲載されている順位を改善することを「ローカルSEO」と呼びます。(「MEO対策(MAP Engine Optimization)」とも呼ばれているようです。)

  • Google マイビジネスの管理画面に最新のビジネス情報を入力する
  • 詳細なデータを入力
  • ビジネスのオーナー確認
  • 営業時間の情報を正確に保つ
  • クチコミの管理と返信
  • 写真を追加

このように、Googleマイビジネス経由で多くの情報を伝えておけば、検索上位の可能性が高まります。

さらに、ローカル検索で検索上位にするためにはランキング要因に沿った対策が必要です。
冒頭でもご紹介したGoogleマイビジネスのヘルプページによると、ローカル検索のランキング要因は以下の3つが重要となります。

  1. 関連性
  2. 距離
  3. 知名度

関連性

まず検索クエリとマイビジネスで登録した内容の関連性を高めることがポイントとなります。
これはGoogleマイビジネスでサービス関連ワードを含めた多くのビジネス情報を入力することが大切となります。

検索クエリとの関連性を高めることによって、掲載順位にも影響するということです。
これは定期的に見直して最新の情報に更新しておくことも必要です。

距離

検索クエリで入力した場所からビジネスまでの距離を指し、札幌などのローカルワードが指定されて無い場合は、ユーザーの現在地情報を元に結果が表示されます。
検索ユーザーの現在地も重要なランキング要因のひとつです。

例えば、札幌と東京でそれぞれ「歯医者」と検索した場合、両者ともその位置から近い歯医者が表示され、当然違うローカル検索結果が表示されます。
検索ワードに地名が入っていない場合は現在値からの距離が計算されるようです。

そのため、検索する場所に依存されてしまう要因ではありますが、マイビジネスにしっかりと位置情報を入力しておくことが大切です。

知名度

ビジネスの知名度が高く、有名なブランドや公共施設などはローカル検索でも上位表示されやすいということです。
公式サイトの検索順位に関係なく、実際の店舗などの知名度が掲載順位の要因となっているということは、極端な話、公式サイトを持たない店舗でもウェブから集客が可能となります。(現在はGoogleマイビジネス内にモバイル向けのページを簡単に作ることができるツールが用意されています。)

さらに、ウェブ上のリンクはもちろん、記事や店舗一覧などの情報や、クチコミ数、スコアといった店舗情報もローカル検索のランキング要因となっているようです。

中でも知名度の指標とも考えられるGoogleプレイスの口コミが高く評価されるようです。
しかし、この口コミは高く評価する反面、高い信頼性が求められるため、口コミに関するポリシーも用意されているようなので、一度目を通しておくことをおすすめします。
参考:口コミに関するポリシー

まとめ

ということで今回はGoogleの検索結果に表示されるローカル検索について掲載順位を上げる方法などをご紹介しましたが、まずは基本的なローカルseoをGoogleマイビジネスに情報を登録し、サイトや店舗への動線を増やして集客のパフォーマンスを向上させましょう。

ビジネス情報宣伝が中心のローカルseo以外にも、被リンクやコンテンツSEO等の通常のSEO対策を実施し、サイト自体の評価を高めることが重要です。

ユーザーに役立つサイトをうまくアピールし、うまく集客できるよう、順位上昇を目指しましょう。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ