SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

Yahooが全サービスを常時HTTPSに

2016/04/11 2017/09/04

Yahoo! JAPANが、2016年4月から2017年3月にかけ、トップページやニュースを含むすべてのYahooサービスにおいて常時SSL(AOSSL)に対応すると言及しました。

いままでは、2015年8月18日より段階的に、検索サービスのHTTPS化が実施されていたが、今回のアナウンスで、ヤフーの全サービスがHTTPS化されるということになります。

Yahooが全サービスを常時HTTPSに

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

常時SSL(HTTPS)化とは

2015年8月18日から、ID/パスワードやクレジットカード情報等の機密性が高いデータを送受信するページだけ、段階的にHTTPS(暗号化通信)化されてました。

それ以外のページ(非HTTPSページ)も含めた全てのページをSSL化することを、常時SSL(HTTPS)化と言います。

Yahoo常時SSLサイトのこれまでとこれからイメージ

※参考:Yahoo! JAPANサービスは常時SSL(AOSSL)に対応します – Yahoo! JAPAN

全面的なSSL(HTTPS)化による影響

Yahoo!から移動した外部ページが非HTTPの場合、HTTPSからHTTPでの移動ではブラウザがリファラーを送らないため、ヤフーからの訪問だということがわからなくなリます。

これにより、Googleアナリティクスなどのアクセス解析で、Yahooからの訪問がわからなくなります。
※参考:ヤフー、全サービスを常時HTTPS(SSL/TLS)化。Web担当者はリファラの変化に注意

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

SSL(HTTPS)化によるアクセス解析対応

SSL化によるGoogleアナリティクス等のアクセス解析の悪影響を避けるために、自サイトのSSL化を検討し、HTTPSからはじまるURLに変更することが対応策の一つとなります。

HTTPS→HTTPSの移動ならばリファラは送られ、ヤフー関連のサイトからのアクセスが多いならば、HTTPS化を検討する価値が有りそうです。

※参考:ヤフー、全サービスを完全にHTTPS化することを決定

SEO観点から見るSSL化導入メリット

自サイトのSSL(HTTPS)化により、以下のようなメリットが考えられます。

・ランキングシグナルに使用されてるため、検索順位の恩恵が受けられる
・通信データの暗号化により、盗聴から保護される
・データの完全性が保たれる
・中間者攻撃から保護され、ユーザーの信頼を得て、ビジネス上の他の利益につなげることができる
・HTTPS ページが優先的にインデックスに登録される

※参考:HTTPS でサイトを保護 – Search Console ヘルプ
※参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します
※参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

まとめ

このようにYahoo検索エンジン含め、SSL化は加速しており、すでにTwitterやFacebook、ウィキペディア、GoogleはほぼすべてのサービスがHTTPSです。

安全で信頼できるサイト運営のために、SSL化しながら評価されやすいサイトを目指すことが大切です。

Googleに評価されやすいサイトを目指し、ランキングシグナルに沿った対策をしながら、順位上昇を目指しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ