SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

逆SEO対策方法・仕組みとペナルティについて

2016/07/20 2017/03/07

逆SEOにより、競合サイトの検索順位を下げる悪質なSEO対策方法が存在します。

今回は、逆SEO対策の方法、仕組みやペナルティについて中心に解説したいと思います。

逆SEO対策方法・仕組みとペナルティについて

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンクを調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

逆SEOとは

逆SEOとは、故意に競合サイトの検索順位を下げる悪質なSEOのことです。

逆SEOは、Googleガイドライン違反に抵触する(ペナルティ)手法が多いため、施策内容を把握する必要があります。
※参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 選挙活動における検索エンジンを対象とした施策について Q&A編

逆SEOは、別名、ネガティブSEOとも呼ばれてます。

逆SEOとGoogle

逆SEOについてGoogleは以下のように言及してます。

Google では独自のアルゴリズムを開発してネガティブ SEO へ対策を実施していますので、ほとんどのウェブマスターの皆さまはネガティブ SEO について心配する必要はありません。
※参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: リンクの否認ツール Q&A のご紹介

Google は、ウェブサイトの掲載順位を競合相手が下げたり、サイトを競合相手が Google のインデックスから削除したりできないように、対策に取り組んでいます。
※参考:競合相手と自分のサイトのランキング – Search Console ヘルプ

逆SEO対策の方法

逆SEO対策の方法には、主に以下のようなものが考えられます。

・質の低い被リンクを設置する方法
⇒ターゲットページに向けて、質の低い被リンクを貼る

・コピーページを作成する方法
⇒ターゲットページと類似性の高いコピーコンテンツを作って公開する

上記は、ターゲットサイトの評価を下げ、順位を下落させる可能性の高い逆SEO対策です。

逆SEO業者と費用の実態

現に、逆SEO業者は存在するようで、逆SEOや、誹謗中傷対策という名目で検索結果を人為的に操作する手法がとられる場合があるようです。

逆SEOの費用(料金)として、3万円~と謳ってるところもありますが、業者によってさまざまと思われます。

逆SEOとペナルティについて

逆SEOは、Googleペナルティを受けるリスクが高いことも事実です。
先述した逆SEO対策の方法を例に挙げます。

・質の低い被リンクを設置する場合
⇒「アンカーテキスト集中」「ドメイン集中」「一気に被リンクを大量に貼る」などの対策を行うため、Googleガイドラインに抵触し、ペナルティを受けるリスクが高い

・コピーページを作成する場合
⇒すでに存在するコンテンツをそのまま利用し、オリジナル性の低いコンテンツを公開するため、Googleガイドラインに抵触し、ペナルティを受けるリスクが高い

逆SEOの仕組み

逆SEOは、ターゲットページの順位が下がることで、自サイトの順位が上回る仕組みです。

相手の順位を下げるだけでなく、あわよくば自サイトの順位と逆転させるのも、逆SEOのやり方の一つです。

まとめ

逆SEO対策について、Googleは否定的な見解を示し、ガイドライン違反しないよう対策することを推奨してます。

重要なのは、Googleガイドラインに沿って、良質なコンテンツを作ることです。
有益なコンテンツを作り、ユーザー・クローラーに評価されやすいサイトにしながら、順位上昇を目指しましょう。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンクを調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ