SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

最近、順位が落ちてきたというお問合せ

2017/08/01 2017/08/01

私は、弊社商品をご検討中のお客様からのお問合せを担当しています。
毎日電話で、今お客様が抱えていらっしゃる問題についてお話しを伺っているのですが、「3月までは5位だったけど、じりじり順位が低下してきた」というような問合せが増えているように感じます。

そういったサイトを見ると、1ページ内に複数のキーワードで対策しているといった傾向があります。

以下に傾向の内容や、その理由について私の考えをご案内します。

最近、順位が落ちてきたというお問合せ

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

1ページ内に複数のキーワードで対策している

Googleがサイトを評価する仕組みが変わっている
Googleがサイトを評価する仕組みは、以下のように変わっていますが、それにお客様サイトが対応できていないように思います。

【昔】Goolgeは、TOPページや主要ページしか評価ができなかったため、複数のキーワードで上位化させたい場合は、
・TOPページに複数キーワードを詰め込んで対策する
または
・1ページ1ドメインでサイトを複数用意する 
の2択でした。

しかし、【今】Googleは、各ページ(下層ページ)の内容も読み取り評価できるようになりました。

これは、2016年にGoogleが、ユーザーファーストに変わったためです。
ユーザーファーストとは、検索ユーザーが欲しい情報を保有しているサイトを上位表示させるようになりました。
2015年暮れよりGoogleがサイトの評価のためにAIを採用し始めたため、処理量の増加、処理スピードのUPをしたために、各ページの内容を読み取れるようになりました。

また、ユーザーの行動データ(クリック、離脱など)や、ユーザーエンゲージメント(人気商品、季節キーワードの向上)も学習し、ユーザーが意図する内容を学習して検索結果に反映させてられるようになってきています。

その為、検索するユーザーが欲しい情報だけをページに記載し、わかりやすく見せているページがGoogleに評価されるようになりました。(1ページ1キーワードに集中)

以前は、上位化させたいキーワードが複数あるとTOPページに全てのキーワードで対策して、各キーワードでTOPページが評価されていたしても 今は、評価されなくなっている可能性があります。

その理由は、キーワード毎に、検索ユーザーの欲しい情報が異なるためです。

TOPページに複数キーワードを詰め込んでいる為、【誰に何を訴えたいサイトか】が分かりにくい状態になっているのではないでしょうか?

このようにGoogleがサイトを評価する仕組みが変わったことに対応しきれていないため、順位がじりじりと下がってきたものと推測します。

現在では、キーワード毎に専用のページを作成すると、検索傾向と合致しやすいので、順位が上がりやすい傾向にあります。

以前とは違い、ブログや下層ページできちんとコンテンツを記載しても評価してもらえますので、ブログなどの仕組を作っていれば、手軽に対策するキーワードを増加させることができるかと思います。

まとめ

・上位化したいキーワードは、1ページに1つだけで設定する
・対策するページをTOPページにとこだわらない
・検索するユーザーがどんな情報を必要としているのか?を考慮する
・ページに来訪したユーザーが使いやすいか、見やすいかを考慮する
ことが今のSEO対策に重要なことだと思います。

最近、じわじわと順位が落ちてきたという方、上記を参考にして対策してください。

Googleの評価が変わっていますが、検索結果の上位に表示されているページがある事には変わりありません。

柔軟にサイトの内容を変更しながら、上位表示を目指してはいかがでしょうか

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ

ページの先頭へ