SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly
  • 友だち追加する

ディスクリプションの長さ変わる、Google検索結果のスニペット仕様変更か?

2017/12/05 2017/12/07

2017年11月30日付近からディスクリプションが長くなり、Google検索結果に表示されるスニペットの文字数が増えてるようです。

このことがツールで確認でき、Google検索結果の仕様変更が示唆されてます。

ディスクリプションの長さが変わる、Google検索結果のスニペット仕様変更か?

Googleスニペット仕様変更の可能性

2017年11月30日を境に、Google検索結果のスニペット状況(ディスクリプションの平均の長さ)が急激に変化してることが、RankRangerが提供する無料ツールで以下のように確認できます。

Googleスニペット仕様変更の可能性

※引用元:Google SERP Features Tracking Tool – Desktop | Rank Ranger

実際にGoogle検索結果を確認してみる

ディスクリプションの文字数が平均170~180文字から230文字程度に増え、Google検索結果で表示されるページ概要文が少しばかり長くなってるようです。

平均170~180文字から230文字程度に増えてる

Google検索結果

日本の検索結果では、まだ反映されて無いようですが、2017年12月4日の午前中など一時的に文字数が増えてる状況を個人的に確認してます。

※追記 2017年12月7日現在
日本の検索結果でも文字数が増え、Google検索結果のスニペットの長さが変更されてることが、どの検索クエリでも、以下のように大方確認できる状況です。

日本の検索結果でもスニペットの文字数が増えてる

海外の検索結果では以下のように文字数が増えたことが画像付きで紹介されてます。
ちょっとわかりずらいですが 笑

Google検索結果で表示されるページ概要文が少しばかり長くなってる

※引用元:Google officially increases length of snippets in search results

以前にスニペットのテストを行っていたとの報告あり

スニペット変更の直前である2017年11月末に、2行の検索結果スニペットからより長いスニペットを目にしたというつぶやきがいくつかあったようです。
※引用元:Google Often Tests Longer Search Results Snippets

このとき、Googleのジョンミュラー氏がちょうど質疑応答してますが、スニペットの仕様変更について明確ではなく、濁した回答をしてます。
また、文字数を気にすることは有効ではないとも続けて回答してます。

スニペットのベストプラクティス

ページ概要が表示されるスニペット(ディスクリプション)の最適化について、Google公式サイトでは以下のように言及してます。

  • サイトのそれぞれのページにメタデータ(descriptions)を作成する。
  • それぞれのページに合った説明を作成する。
  • 明確な情報を説明に含める。
  • プログラムで説明を作成する。

※引用元:検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

基本的にはこれらのポイントに沿って簡潔なページ概要を、ユーザーに提供することが大切です。

ディスクリプションでサイトパフォーマンスを上げる

ディスクリプションを効果的に記述することで、サイトのパフォーマンスの向上が期待できます。

効果的な記述例

  • SEOキーワードを含める
  • タイトルタグと整合性をとる
  • コンテンツの内容を簡潔かつ魅力的に伝える
  • Google推奨のポイントに沿って記述する

まとめ

簡潔なページ概要にし、ページごとにオリジナルの内容を記述しましょう。

検索クエリとタイトルやディスクリプション、コンテンツ内容との整合性を取り、利便性の高いページに仕上げながら、SEO対策を進めることが重要です。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

本日の順位変動幅順位変動情報へ