SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

Google大変動でペナルティを受け、再審査リクエスト実施。ペナルティ解除から順位上昇を目指すには?

2014/09/15 2017/09/04
実験概要:弊社運営サイト「腕時計人気.com」が年末のGoogleアルゴリズム変更により、ペナルティを受けたため、
再審査リクエストを行いました。結果:ペナルティは解除されたが、順位が元に戻らない
実験サイト「http://●●人●.●●/」キーワード「●計 人●●」の検索順位推移です。2013/10/31に21位、12/8に16位、12/16にウェブマスターツールに警告メールが届きました。12/8に再審査リクエスト(ウェブマスター向けガイドライン「品質に関するガイドライン」に準拠しています。)を行い、1/8にペナルティ解除されました。ペナルティは解除されましたが順位が元に戻らない状況です。

上記事例は、弊社運営サイト「http://●●人●.●●/」で12/16にウェブマスターツールに警告(外部からの不自然なリンク)が届き、ペナルティにより順位が圏外となりました。
12/18に不自然と思われるリンクを削除し、再審査リクエスト後、1/8に ペナルティが解除 された事例です。
しかし、順位が元に戻らない状況です。
※「●●人●.●●」は、様々なリンクを設定して実験を行っていたため、ペナルティの対象(不自然なリンクの警告)となる可能性がありました。
※ 不自然なリンクの警告は、不自然だと思われる原因のリンクを駆除することによって、ペナルティを確実に解除することが可能です。

順位が元に戻らない理由として、
被リンクを削除した外部要因と、サイトを立ち上げたばかりでオーソリティが乏しい内部要因が共にGoogleから低い評価を受けたため、と考えられます。

被リンクを削除した外部要因を補うようなオーソリティがあれば、順位が付いていたかもしれません。
※オーソリティは、コンテンツの充実・ドメイン年齢・自然なリンクの増加・オーソリティサイトからのリンク・関連サイトからのリンクなどを指します。

このことから、
まずは ペナルティになりずらく、自然なリンクとして認識されやすい日本語リンク (被リンク元サイトの言語が日本語)を設定するとよさそうです。
日本語リンクを設定することで、 Googleからの評価を高め、順位上昇の可能性も高まる と思われます。

順位上昇すると、アクセスも増え、サイトオーソリティも少しずつ高まることでしょう。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ