SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly
  • 友だち追加する

注意!手動ペナルティにより、オーガニック検索を失う

2017/11/14 2017/11/14

先日(2017年10月下旬)ニューヨークで開催されたSMXセッションでは、手動ペナルティによるオーガニック検索の喪失について言及してます。
※参考:All Google Manual Penalties Explained from SMX East

注意!手動ペナルティにより、オーガニック検索を失う

手動ペナルティとは

手動ペナルティとは、Googleの品質に関するガイドラインに準拠しないサイトに課せられるペナルティのことです。

手動ペナルティにより、サイト評価が下落し、検索順位の低下や、インデックス削除につながる可能性があります。

手動ペナルティの対象となれば、サーチコンソールにメッセージが直接届き、そのペナルティ内容が明示されます。
明示された内容を元に修正を試み、改善内容をGoogleに「再審査リクエスト」して問題なければ、手動ペナルティが解除されます。

手動ペナルティの種類

手動ペナルティにはいくつか種類があり、基本的に以下のいずれかの理由がサーチコンソールに通知されます。

  • サイトへの不自然なリンク
  • サイトからの不自然なリンク
  • ユーザー生成スパム
  • ハッキングされたサイト
  • スパム行為のある構造化マークアップ
  • 隠しテキスト、キーワードの乱用
  • 価値のない質の低いコンテンツ
  • クローキング、不正なリダイレクト
  • スパム行為のある無料ホスト
  • 悪質なスパム
  • クローキングされた画像
  • 純粋な迷惑メール

※引用元:
All Google Manual Penalties Explained from SMX East
[手動による対策] レポート – Search Console ヘルプ

「付加価値の低い薄型コンテンツ」の手動ペナルティが一般的に多い

コンテンツ関連で最も多い「付加価値の低い薄型コンテンツ」は、以下のようなパターンがあります。

  • 有用性や関連性が低い広告がメインとなってるコンテンツ
  • ネット上の情報をつなぎ合わせたキュレーションリンクのみのコンテンツ
  • 訪問者を別ページに誘導するリンクを主とし、付加価値の少ないコンテンツを持つページ(ドアウェイページ)
  • 自動生成されたコンテンツ
  • アフィリエイト プログラム
  • 無断で複製されたコンテンツ

※引用元:
All Google Manual Penalties Explained from SMX East
[手動による対策] レポート – Search Console ヘルプ

このようなコンテンツを持つページを見つけ、改善(対象ページをnoindex、統合してリダイレクトまたは正規化、付加価値をもたらすなど)し、サイトの価値を高めることが大切です。

やはり「不自然なリンク」には注意したい

不自然なリンクもよくある、手動ペナルティの1つかと思います。
最近は対策するサイトも増え、不自然なリンクの話題が以前よりも落ち着いた感じがします。

不自然なリンクの種類には、以下のようなものがあげられます。

  • ウェブディレクトリ
  • 記事ディレクトリ
  • 国際リンク
  • 悪いアンカーテキストミックス
  • クーポンコード
  • 品質の低いウィジェット
  • アフィリエイトリンク
  • さまざまなサイトのフッターに分散して幅広く埋め込まれたリンク
  • フォーラムでのコメントにおいて、投稿や署名の中に含まれる作為的なリンク

※引用元:
All Google Manual Penalties Explained from SMX East
[手動による対策] レポート – Search Console ヘルプ

このようなリンクは、サイトの質を下げ、検索順位に悪影響を及ぼす可能性があります。

増えるリンクを定期的に管理し、本当に価値のないリンクを削除してリンクの質を上げながら、評価を高めましょう。

手動ペナルティによりオーガニック検索を失う

手動ペナルティを受けると、サイトの評価が下がり、検索順位下落やインデックス削除(検索結果から削除)を招くため、オーガニック検索からのアクセスを大きく失う可能性があります。

手動ペナルティによりオーガニック検索を失う

この場合、手動ペナルティを解除してから、SEO対策を改めて進める必要があります。

手動ペナルティを解除することで、サイト評価が回復し、検索順位の回復や、再インデックス登録されるようになります。

手動ペナルティを解除し、サイト評価が回復した状態でSEO対策を進めることで、オーガニック検索を増やすことが可能となります。

オーガニック検索は、サイトのアクセス数を伸ばすために最も必要不可欠です。
つまり、ページごとにキーワードを選定し、各ページの質を上げながら、SEO対策で上位化させることが重要となります。

手動ペナルティの事例

例えば、「悪質なスパム」という手動ペナルティが課されると以下のようなメッセージがサーチコンソールに届きます。

手動ペナルティの事例

上記の手動ペナルティは「サイト全体の一致」で、サイト全体に影響のある違反行為となります。

手動ペナルティが課された理由が「悪質なスパム」であり、その詳細内容が確認できます。

内容に沿ってサイトを改善後、「再審査リクエスト」ボタンから改善内容をGoogleに知らせましょう。

再審査リクエストが承認されれば、手動ペナルティが解除されます。

ちなみに手動ペナルティには、「サイト全体の一致」と「部分一致」があります。
部分一致は、サイトの個々のURLやサイトの一部に影響のある違反行為となります。

その他の事例として、無料レポート「Googleペナルティの内容と原因」でもまとめてますので、ダウンロードしてご参照ください。

無料SEOレポート「Googleペナルティの内容と原因」

レポートは、メールアドレスを登録することで無料で閲覧いただけます。
その他、50本以上複数公開してるSEOレポートが同時にご覧いただけますので、この機会にご覧ください。
Googleペナルティの内容と原因

まとめ

手動ペナルティは、サイト運営してる限りいつでも課せられる可能性があります。

とくに多くみられる「薄っぺらいコンテンツ」「不自然なリンク」に注意を払い、コンテンツやリンクの質を管理・改善しながら、ページ価値を高めましょう。

価値あるページを増やし、リンクが集まりやすいサイトにしながら、上位化を目指すことが重要です。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ