SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly
  • 友だち追加する

手動ペナルティ!正規と異なるAMPページに罰則

2017/11/20 2017/11/20

正規(通常)ページと内容が異なるAMPページに対し、ペナルティを課すことをGoogleが公式に言及してます。
このペナルティは、2018年2月1日から実施されるとのことです。

実際にどういったケースでAMPページがペナルティになるかなど紹介したいと思います。

手動ペナルティ!正規と異なるAMPページに罰則

Googleの言及

Googleウェブマスターブログにて、通常ページと異なる内容を提供するAMPページにペナルティを科すことを以下のように言及してます。

To improve our users’ experience with AMP results, we are making changes to how we enforce our policy on content parity with AMP. Starting Feb 1, 2018, the policy requires that the AMP page content be comparable to the (original) canonical page content. AMP is not a ranking signal and there is no change in terms of the ranking policy with respect to AMP.
※引用元:Official Google Webmaster Central Blog: Engaging users through high quality AMP pages

翻訳すると、

AMPの結果に関するユーザーのエクスペリエンスを向上させるために、AMPを使用してコンテンツパリティに関するポリシーを実施する方法を変更しています。 2018年2月1日から、ポリシーでは、AMPページのコンテンツを(元の)正規のページのコンテンツに匹敵するものにする必要があります。 AMPはランキング信号ではなく、AMPに関するランキングポリシーの点で変更はありません。

まとめると、2018年2月1日から「通常ページの内容と異なるAMPページ」がペナルティ対象となり、有効なAMPページとしてみなされない可能性があります。

つまり、検索結果の上部に表示されるAMPを必要とする検索機能(トップニュースといったカルーセルなど)に表示されなくなり、そこからの検索トラフィックが失うこととなるでしょう。

今回のペナルティ事例

以下はAMPページで、途中まで記事が表示され「View Full Experience(●●の記事ですべてを見る)」のリンクをクリックすると、すべてのコンテンツ内容が閲覧でき読み込みが遅いページ(通常ページ)が表示される事例です。

これは、「速度」「コンテンツ内容」に違いが生じ、悪いユーザー体験を作り出してます。

つまり、正規と異なるAMPページとなり、ペナルティ対象となります。

今回のペナルティ事例:クリックすると、「正規ページ(非AMP)」ですべての全ての文章が見れる

実際の動作事例が以下Twitter上で紹介されてます。

検索順位に影響なし

今回ののペナルティは、検索ランキングに影響を与えないことが言及されてます。

基本的にAMP関連のペナルティは、検索結果のトップニュース、カルーセルといった部分に表示されなくなるという罰則です。
表示されなくなることで、それらからの検索トラフィックは失われるでしょう。

AMPページと正規ページのコンテンツ内容を同等に

AMPページと正規ページの主要コンテンツを同等に保ち、差異を無くすことが大切です。
Googleが公式に言及してます。

AMPページで表示されるコンテンツや可能な操作は、対応する正規ページと可能な限り同じである必要があります。
※引用元:Google 検索での AMP に関するガイドライン – Search Console ヘルプ

ちなみに、コンテンツの差異が生じることで、今回紹介したようなペナルティを受ける可能性があるでしょう。
その他似た事例として、以下のような「コンテンツの不一致」でAMPページのペナルティを受けることが、ウェブマスターフォーラムで挙げられてます。

【AMP】大きなコンテンツの不一致の回避方法についての相談

サーチコンソールにメッセージが届く

今回のペナルティも他と同様、サーチコンソールに手動ペナルティの内容が通知されるようです。
サーチコンソールに届いたメッセージ内容に沿って差異を修正し、可能な限り正規ページとAMPページのコンテンツを同等にした後、AMPページを再配信することでペナルティ解除出来ると思います。

主要コンテンツをAMPページでも正規ページと同等に表示させることがペナルティを回避できる1つの方法かと思います。

まとめ

あらゆるデバイスに向けて、同等のページを表示することが大切です。

モバイル・PC・タブレットで同等のコンテンツを表示し、ユーザービリティを高めながら、ページ価値を上げましょう。

ページ価値が上がれば、上位表示もされやすくなると思います。

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

本日の順位変動幅順位変動情報へ