SEO対策に関する実験やデータ分析などを公開します

seoラボラトリー

  • follow us in feedly

広告効果測定、してますか? アドゴクウ編

2016/01/15 2017/09/04

リスティングなどで集客していると、どの広告が売上に効いたかチェックし、改善していく必要があります。これが「広告効果測定」です。(サテライトサイトなどで集客する場合も同様)

広告効果測定には、シェア最大と思われるアドエビス、高機能がウリのウェブアンテナなど、専用ツールがいくつかあります。今回はこの広告効果測定ツールについて調べてみます

広告効果測定、してますか? アドゴクウ編

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

必須機能のみのシンプルさと低価格がウリ アドゴクウ

広告効果測定ツールというとやはりアドエビスですが、これをはじめ、だいたいの広告効果測定ツールは、高機能だけど料金が高いのですね。なので、小規模サイトや、初めて広告効果測定を始めようというサイトでは導入に勇気がいります。

そこで思い浮かぶのが、比較的最近出てきた低価格ツールのアドゴクウです。

これのいいところは、とにかくシンプルで安いところ。広告効果測定に必要なコンバージョン測定、あと間接効果測定ができて5000円の基本料金「のみ」で使えます。

アドエビスやウェブアンテナは基本料金でまず数万円、オプションやらなんだかんだでさらに料金は高くなるので、価格面では手を出しやすいです。

アドエビス、ウェブアンテナとの機能比較

他社に比べると、アドゴクウは「シンプル」「安い」を打ち出しまくっています。サイトに機能比較がありました。

「高度な機能」がない分安い、ということのようです。確かに当社でも動画広告とかTV広告計測は通常使いません。

ただ、テレビCMうちまくりの大企業とかには向かないかも。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

導入してみました

当社のオンライン販売サイトで導入してみました。リスティング広告のほかサテライトサイトにもバナーを載せているので、それぞれどこから売れたのかの効果測定が一番の目的です。

コンバージョン測定

どこから売れたか?が一発でわかるようになります。当社はサテライトサイト(WEBメディア)の活用が多く、施策改善のスピードも早いので、この機能は必須です。

コンバージョンの多いメディアがわかってきたら、今度はそのメディアへの集客を強化して、本サイトの売上(コンバージョン)を増やす、ということができます。

adgocoo-dashboard-cap20160115

間接効果

アドエビスでいう間接効果も測定できます。専用ツールならではの強力機能ですね。画面がシンプルなぶんアドエビスより使い勝手が良いかも。

adgocoo-assist-cap20160115

コンバージョンごとの経路

集計した各数字だけでなく、コンバージョンした人がそれぞれどういう経路でサイト訪問したかも見れます。これはとてもいいです。アドエビスとは違い、Googleとかの自然検索からの訪問も、デフォルト設定で見れるので、ユーザーの動きがよくにわかり、販売戦略を組むのにとても役立ちます。

adgocoo-cvgoto-cap20160115

まとめ

いかがだったでしょうか?

こうしてまとめてみると、アドエビスなどの機能の中でもメインで使う機能に絞り込んだツール、ということがよくわかります。あと、地味ですがコンバージョン測定の画面についている線グラフが非常に使い勝手がよかったです。

広告効果測定は、ついアナリティクスアドワーズの管理画面でなんとかしたくなるものですが、結局こうしたツールがないとコンバージョンを増やす効果改善まではできません。とくに初めてツールを導入する人には、安くて機能に過不足ないアドゴクウは向いてるかも、と思いました。

2016年1月15日 10:00追記 昨日製品がアップデートされたニュースが出ていました。サイトがかわいくなっていますね。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・コンテンツ・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

順位が上がらないのは、何が原因??
順位決定の仕組と、
サイトの問題点をアドバイス(無料)

お申込みはこちらから

上位表示を目指すURL

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード

会社名/組織名

ご担当者様名

電話番号

メールアドレス

※個人情報の管理は「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

最新記事

本日の順位変動幅順位変動情報へ