HOMESEO基礎 > サジェストとは~Googleサジェストキーワード取得ツールを使ったSEO方法

サジェストとは~Googleサジェストキーワード取得ツールを使ったSEO方法

2016/11/08[最終更新日]:2017/06/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

サジェスト機能を活用し、抽出した関連キーワードでコンテンツを作りながら、SEO対策に生かすことが大切です。

今回は、おすすめのGoogleサジェストキーワード取得ツール、Googleサジェストの仕組み、Googleサジェストキーワード取得ツールを使ったSEO方法中心に解説したいと思います。

サジェストとは~Googleサジェストキーワード取得ツールを使ったSEO方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

PR

Googleサジェストとは

Googleサジェストとは、Google検索時に入力した語句の関連キーワードを表示してくれる提案機能のことです。
Googleサジェストの英語表記は、「Google Suggest」となります。

Googleサジェストとは イメージ

Googleサジェストは、Googleオートコンプリートと意味合いが似てます。
Googleサジェストは、ユーザー自身の検索履歴をもとに関連ワードが表示され、Googleオートコンプリートは、Google利用者の検索履歴をもとに関連ワードが表示されます。
※参考:オートコンプリート・サジェスト検索・インスタント検索-各々の意味・違い|『インデックスクロニクル』

おすすめのGoogleサジェストキーワード取得ツール

Googleサジェストキーワード取得ツールは、簡単に関連ワードを一括取得できる便利なツールです。
以下おすすめのものを幾つか紹介します。

Googleサジェストから検索ワード候補を一括ダウンロード『グーグルサジェスト キーワード一括DLツール』
グーグルのサジェスト機能を使用して、検索ワード候補を一覧表で表示させて、簡単にcsvで一括ダウンロードできるツールが『グーグルサジェスト キーワード一括DLツール』です。
最新のキーワード調査やホームページのコンテンツ作成などにお役立てることができます。

Keyword Tool
Google検索で関連する750以上のロングテールキーワードを数秒で提案ゲットできます。

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール
Google.co.jp、Bing、Yahoo! JAPANで検索されている関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードを調査できるキーワードツールです。

上記ツールのほか、「おすすめの関連キーワード取得ツール」でもGoogleサジェストキーワード取得ツールを紹介してますので、合わせてご参考ください。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Googleサジェストの仕組み

Googleサジェストの仕組みは、他のユーザーがこれまでにそのキーワードを検索した頻度、話題の検索キーワード、過去に行った関連する検索などをもとに、関連キーワードが表示される仕組みです。

Googleサジェストキーワード取得ツールを使ったSEO方法

Googleサジェストキーワード取得ツールを使ったSEO方法として以下のようなものがあります。

・タイトルタグを最適化する
Googleサジェストキーワード取得ツールで抽出した関連キーワードを含むタイトルタグにし、検索クエリとの関連性を高めながら、SEO対策する方法

・メタディスクリプションを最適化する
Googleサジェストキーワード取得ツールで抽出した関連キーワードを含むメタディスクリプションにし、検索クエリとの関連性を高めながら、SEO対策する方法

・テキスト文章を作成する
Googleサジェストキーワード取得ツールで抽出した関連キーワードを含むテキスト文章にし、キーワードに特化したコンテンツを作成しながら、SEO対策する方法

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Googleサジェストの削除方法

Googleサジェストで抽出される関連キーワードを削除するには以下のような方法があります。

「Google からコンテンツを削除する – Legal ヘルプ」から関連キーワードを削除申請する方法
手順としては、ウェブ検索>上記以外の法的な問題が発生している>オートコンプリート・関連検索キーワードに関する問題があります。>削除リクエストをお送りください。を選択し、フォームの項目を入力して送信すれば完了です。

GoogleサジェストのAPIの使い方

GoogleサジェストのAPIは、以下のような方法で簡単に使うことが可能です。
※参考:Google Suggest APIでサジェスト表示される検索キーワード候補を取得

・ブラウザのアドレスバーに直接入力する
以下GoogleサジェストのAPIを使い、「q=」の後に抽出したいキーワード含むURLを、ブラウザのアドレスバーに入力しアクセスする

入力例:
https://www.google.com/complete/search?hl=en&q=hello&output=toolbar&q=seoブログ

また、GoogleサジェストのAPIをPHPに組み込み活用することもできるようです。

Googleサジェストを無効にする方法

Googleサジェストを無効にするには、以下のような方法があります。

パラメータ付きのURLでGoogle検索する
「https://www.google.co.jp/?complete=0」のよう、?complete=0付きのアドレスでGoogle検索サイトにアクセスし、キーワード検索する方法

Googleサジェストを無効にする方法 イメージ

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

Googleサジェストが出ない・表示されない 使えない・おかしいケース

Googleサジェストが出ない・表示されない 使えない・おかしいケースとして以下のような状況があります。

・サジェストが真っ白で表示されない
・違うサジェストキーワードがクリックされてしまう
・サジェストの窓が重なって、入力文字が見えなくなる

このようなケースを改善するため、PCやブラウザの再起動、Googleサイトを日本語に切り替えてみるなどの方法を試してみましょう。
それでもダメであれば、Googleサジェストが出ない・表示されない 使えない・おかしいなどの言葉で検索しながら、状況に合った改善策を見つけましょう。

まとめ

Googleサジェスト機能で取得できる関連キーワードをSEO対策に活かしましょう。

関連キーワード含むコンテンツにし、キーワードに特化した専門的なページを増やしながら、順位上昇を目指すことが重要です。

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・リンク・内部を調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒

あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位、リンク、内部を調べ、必要な対策をアドバイスします(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ:SEO基礎
B!

最新記事
SEOラボをSNSで応援する
無料SEOツール
話題の記事
2017年7月 効果があったSEO対策は、被リンク【まとめ】
アメブロで上位表示できますか?【今月(2017年8月)の問合せ】
サイトの使いやすさ(UX=ユーザーエクスペリエンス)が重要なSEO要因になってきている
検索ユーザーが求めるコンテンツの考え方
「検索エンジン最適化スターターガイド」は最も効率のよいSEO技法である
ブログを2つ運営しています。同じ内容を投稿していいの?という問い合わせ
最近6位に上昇したページの対策教えます
他社のSEO商品を比較
最近、順位が落ちてきたというお問合せ
最近のSEO対策と順位決定の仕組み
人気記事BEST10
follow us in feedly