内部対策
canonicalの使い方とSEO効果教えます
2016/05/26内部対策
このエントリーをはてなブックマークに追加

canonical(カノニカル)を指定し、認識させたいURLをGoogleに伝え、サイトの評価をより高めることが可能です。

今回は、canonicalの使い方とSEO効果を中心に解説したいと思います。

canonicalの使い方とSEO効果教えます

URL正規化してますか?サイトのURL調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

目次

canonicalとは
canonicalの使い方
canonicalのSEO効果
canonicalと301リダイレクトについて
まとめ

canonicalとは

canonicalとは、HTMLファイルの<head>~</head>内に記述するサイトURLを統一するための属性値です。
canonicalは、link要素のrel属性で属性値として使用します。

canonical 記述例:
<link rel=”canonical” href=”http://seolaboratory.jp”>

エラーの回避策: rel=”canonical” リンク要素では、相対パスではなく絶対パスを使用します。

適切な構造:  https://www.example.com/dresses/green/greendresss.html
不適切な構造: /dresses/green/greendress.html
※参考:使用する URL を rel=”canonical” リンク要素で指定する

canonicalをHTMLファイルに記述することで、301リダイレクト等でURL正規化した効果と同様の効果を得ることができます。

canonicalの使い方

canonicalをよく使うケースとして、以下のような場合があります。

・wwwありなし、両方でアクセスできる場合
・スマホサイト・PCサイトでURLが違う場合
・重複ページがある場合
・HTTPSを優先表示させたい場合

www、index.htmlありなし複数でアクセスできる場合

例、
http://sample.com
http://www.sample.com
http://www.sample.com/index.html

http://sample.com で統一し、Googleに認識させるには、canonicalで以下のように記述します。
<link rel=”canonical” href=”http://seolaboratory.jp”>
スマホサイト・PCサイトでURLが違う場合

例、
PCサイトURL:http://sample.com
スマホサイトURL:http://sample.com/sh/

PCサイトのソースコードには、スマホページがあることをGoogleに認識させるため alternate を指定します。
<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 640px)” href=”http://sample.com/sh/” >
スマホサイトのソースコードには、スマホサイトであることを伝えるため、canonical を指定します。
<link rel=”canonical” href=”http://sample.com”>
重複ページがある場合

以下2つは、URLが違いますがコンテンツ内容が重複してるとします。
①http://sample.com/category/one.html ②http://sample.com/hogehoge/five.html

重複ページにより、サイトの質が低下するため、Googleに認識させたいURLどちらか一方をcanonicalで指定します。 ①をGoogleに認識させたい場合は、②のソースコードにcanonicalで、http://sample.com/category/one.html を 設定します。
<link rel=”canonical” href=”http://sample.com”>
HTTPSを優先表示させたい場合

例、
http://sample.com
https://sample.com

基本Googleでは、HTTPS ページを優先的に使用しますが、canonicalを使用することで、確実に優先表示させることが可能です。
<link rel=”canonical” href=”https://sample.com”>

上記のような場合に応じた、適切なcanonicalの使い方をしましょう。

URL正規化してますか?サイトのURL調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

canonicalのSEO効果

被リンクが多いURLをcanonicalで指定し、SEO効果を高めることが可能です。

同じ内容のページが複数URLでアクセスできる場合、それぞれ被リンク数をチェックし、被リンクが最も多いURLをcanonical指定する方法があります。

canonicalと301リダイレクトについて

canonical以外に、301 リダイレクトを使ってURL正規化する方法があり、適切に使い分けることが大切です。
※参考:海外SEO情報ブログ「rel=“canonical”タグと301リダイレクトの違いは? どちらを使うべきか?

canonicalと301リダイレクトの使い分けポイント
・コンテンツが同じまたはほぼ同じページに複数のURLを与えなければならない場合、canonicalを使う
・同じコンテンツを複数のサイトで公開する場合、canonicalを使う
・デスクトップ向けページとスマートフォン向けページを別々のURLで提供する場合、canonicalを使う
・301リダイレクトが使えない場合、canonicalを使う
・ページネーションをビューオールページと併用する場合、canonicalを使う

まとめ

canonicalを適切に使い、Google推奨の方法で重要なページを認識させることが大切です。

重要なページをGoogleに認識させ、SEO対策しながら、順位上昇を目指しましょう。

URL正規化してますか?サイトのURL調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒

PR
内部対策
アンカーテキスト分散法とSEOに効果的な書き方
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンカーテキストを適切に設定し、SEO効果を高めながら、リンク対策することが大切です。 今回は、アンカーテキストの分散方法やSEO効果の高め方、htmlでの書き方等中心に解説したいと思います。 アンカーテキスト状況把握してますか?アンカーテキスト分散・割合調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒ 目次 ・アンカーテキストとは ・アンカーテキストとHTML ・アンカーテキスト分散方法 ・SEO効果を高めるアンカーテキストの書き方 ・アンカーテキストとGoogleペナルティ ...続きを読む >>

その他
リスティング広告とは – 仕組み・効果・運用まとめ
2016/05/23その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告を活用し、効果的な広告を出稿しながら、サイトのトラフィックやコンバージョンを増やすことが可能です。 今回は、リスティング広告の意味・仕組み・効果・メリット・運用方法中心に解説したいと思います。 サイトのトラフィックやコンバージョンは増えてますか?増やすには、検索順位を上げましょう。サイト調べ、上昇に必要な対策教えます(無料)⇒ 目次 ・リスティング広告とは ・リスティング広告をやる意味 ・リスティング広告の仕組み ・リスティング広告の効果・メリット ・リス...続きを読む >>

その他
webデザインで参考すべきサイト21選まとめ
2016/05/18その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

webデザインで参考になるサイトが見つかれば、効率よく制作を進めることが可能です。 今回は、webデザインで参考すべきサイトを21個厳選し、独自に評価と特徴をまとめました。 webデザインはできても、SEO対策ができない方へ。サイト調べ、必要なSEO対策をご案内します(無料)⇒ 目次 1. WEBデザイン参考サイト bookma! v3 2. WEBデザインの見本帳 3. 縦長のwebデザインギャラリー・サイトリンク集|MUUUUU.ORG 4. I/O 3000 | We...続きを読む >>

その他
アフィリエイトの始め方とブログで稼ぐ方法
2016/05/17その他
このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐためにサイトのトラフィックを増やし、広告を最適化することが大切です。 今回は、アフィリエイトの始め方やブログで稼ぐ方法を中心に解説したいと思います。 あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒ 目次 ・アフィリエイトとは ・アフィリエイトの始め方 ・アフィリエイトプログラムの比較 ・アフィリエイトとブログ ・アフィリエイトの収入 ・アフィリエイトで稼ぐ方法 ・まとめ アフィリエイトと...続きを読む >>

内部対策
meta keywordsの書き方とSEOで不要な理由
2016/05/13内部対策
このエントリーをはてなブックマークに追加

meta keywords(メタキーワード)を書いても今現在SEO効果がほぼ無いと言われてます。 今回はmeta keywordsタグの書き方とSEOで不要な理由を中心に解説したいと思います。 あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒ 目次 ・meta keywordsとは ・meta keywordsの書き方 ・Googleが言及するmeta keywordsの不要な理由 ・まとめ meta keywords...続きを読む >>

Googleアルゴリズム
【Google公式】モバイルフレンドリーアップデート強化完了(日本を含む世界中で実施済)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleは、2016年5月12日にモバイルフレンドリーアップデートの強化が完了したことを公式に言及しました。 ※参考:海外SEO情報ブログ「Google、モバイルフレンドリーアップデート第2弾の実施を完了」 FYI The mobile changes mentioned here are now fully rolled out. https://t.co/fTB3ia6LJ2— John Mueller (@JohnMu) 2016年5月12日 John Mueller(ジ...続きを読む >>

内部対策
リンク切れチェックツールを使ったSEO方法
2016/05/12内部対策
このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク切れでページ閲覧できなければ、リンクの質に悪影響が及び、サイトパフォーマンス低下を招きます。 この状況を防ぐため、定期的にリンク先をチェックし、リンクの質を保ちながら、SEO対策を進めることが大切です。 今回は、リンク切れの原因やリンク切れチェックツールを使ったSEO方法を中心に解説したいと思います。 あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒ 目次 ・リンク切れとは ・リンク切れとGoogleガイドライン ・リ...続きを読む >>

Google 順位変動
【速報】Googleで大きな変動続く!namazで4日連続順位不安定!
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日(2016年5月12日)の午前9時47分現在namaz.jpで9.9位と通常より大きな順位変動を確認しています。 これで4日連続の順位不安定となり、ここ1年では最も大きく連続した順位変動となってます。 あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒ 目次 ・海外ツールの順位変動状況 ・今回の順位変動傾向とGoogleの見解 ・まとめ 海外ツールの順位変動状況 海外の有名ツールでも、最近に見ない大きな順...続きを読む >>

内部対策
発リンク数のチェック方法とSEOペナルティについて
2016/05/11内部対策
このエントリーをはてなブックマークに追加

発リンクを適切に設置し、サイトのパフォーマンスを高めるように外部、内部サイトへリンクすることが大切です。 今回は、発リンク数のチェック方法や発リンクとSEOペナルティの関係を中心に解説したいと思います。 あなたのサイトの順位は大丈夫ですか?順位・内部・リンク調べ、必要な対策をご案内します(無料)⇒ 目次 ・発リンクとは ・発リンク数とGoogleガイドライン ・発リンク数のチェック方法 ・発リンクとSEOペナルティについて ・発リンクのSEO効果 ・発リンクとn...続きを読む >>

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。

この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。

1 / 3712345...102030...最後 »
SEOブログ「SEOラボ」とは

SEOブログ「SEOラボ」とは、株式会社ディーボが運営するSEO実験を紹介するブログサイトです。

SEOに関心あるユーザーが興味を持ちそうなSEO実験(内部対策・外部対策)を行い、実験結果をブログで紹介しています。
その他、「ペナルティ解除事例」「最新のGoogleアルゴリズム情報」などのSEO事例やSEO情報、ココでしかわからない「弊社独自SEOツールの分析結果」も公開しています。

公開してる記事は、右カラムのブログ内検索から探すことができます。
気になる実験ブログ記事が、過去に投稿されてるかもしれません。ぜひ検索してみてください!

SEOについて
SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略語で、検索エンジン最適化を指します。
自分のサイトがインターネット検索結果で上位表示されるために行う施策を SEO と言います。

SEOの必要性

SEOは、ホームページの検索順位を上げるために必要な対策の一つです。

SEOする上で、自分でやる場合 と SEO会社に依頼する場合 があります。
自分でやる場合は、ある程度SEOの知識が必要になり、適切なSEO対策ができることが大切になります。費用がかからないことが大きなメリットです。
SEO会社に依頼する場合は、知識ある専門スタッフに依頼するので、より効果的なSEO対策ができます。費用が発生するので、必要に応じて依頼してみると良いと思います。

ホームページを作るだけでは、あまり効果的ではありません。ホームページの検索順位を上げ、検索(Google/Yahoo)から訪問を増やしながら、必要なSEO対策をすることが重要です。

SEOと検索エンジン

Google、Yahoo、bing(msn)等、様々な検索エンジンがあり、シェア率の高いGoogle、Yahooで上位化を目指しながら、SEOすることが大切です。
検索エンジンごとに検索順位を決める基準が異なります。この基準をアルゴリズムと呼び、アルゴリズムに合わせたSEO対策が重要です。
GoogleとYahooは、同じアルゴリズムにより順位決定されてるので、検索順位もほぼ同じになります。

Googleが推奨するSEOについて

Googleウェブマスター向け公式ブログ、ウェブマスターヘルプフォーラム、Search Console ヘルプ等で、ユーザーに役立つサイト作りのヒントを得ながら、SEOすることが大切です。

検索順位を決定するGoogleの仕様に習い、サイトを最適化しながら、SEO対策を進めましょう。

基本的なSEOについて

基本的なSEOができてるサイトは、Googleに評価されやすく、効果的なSEO対策を進めることが可能です。
基本的なSEOには、「Googleサーチコンソールの登録」「Googleアナリティクス解析タグの設置」「URLの正規化」「サイトマップの登録」などがあり、ホームページを作ったらこれらのSEOを実施しましょう。

まず基本的なSEOをし、評価されやすいサイトになるための体制を整えながら、本格的なSEO対策をすると効果的です。

当ブログおすすめのSEO記事紹介

SEO対策で上位になるために私がやってる20の基本手順
この基本手順はGoogleの仕様に沿い、弊社独自のSEOノウハウを織り交ぜながら書いた記事です。
基本的なSEOをはじめ、「Googleアルゴリズム」「キーワード選定」「リンク対策」「コンテンツ対策」を中心にSEOの基本手順を紹介してます。
この記事を参考にすることで、基本的なSEOが実施でき、Googleに評価されやすいサイト作りができると思います。

Google(グーグル)の人が言及するSEO対策9つのポイントと検索ランキング1位に必要なこと
この記事は、実際にGoogleで働いてる金谷さんが言及したSEOに関するポイントの記事を独自にまとめ、重要と思われる部分を簡単に書いた内容となってます。
Googleの人が言及する内容なので、このポイントに沿えば効率的にSEOをすすめることができるはずです。

【SEO】2016年にすべき内部対策教えます
この記事は、「ドメイン単位の対策」「Googleアルゴリズム対策」を中心に、2016年にすべきSEO内部対策をまとめた記事です。
Googleが評価する内部要因は変化するため、評価されやすい内部対策を実施することが大切です。
この記事を参考に、2016年に効果的な内部対策をしながら、SEOしてみはいかがでしょうか。

SEO対策|上位独占サイトが実践しているSEO対策の基本
検索上位を独占しているサイトが実践しているSEO対策の基本。サイトの検索順位を上げるために何をやったらいいのかを解説しています。

弊社運営の無料SEOサービス紹介

無料SEO診断ツール「itomakihitide.jp」
itomakihitode.jpは、サイトのSEO状況が診断できる無料SEOツールです。
検索順位、タイトル、meta、被リンク、内部(コンテンツ)などの基本的なSEO状況がわかり、簡易アドバイスが無料で確認できます。
まずSEO診断し、サイトのSEO状況を把握しながら、効果的な対策をしましょう。以下、サイトURLとキーワード入力で、すぐチェックできます。

SEOの研究成果と最新情報を公開していく【SEO Packブログ】
SEO Packブログは、弊社SEOサービス「月額7,980円のSEO対策パッケージ SEO Pack」の運営スタッフが記事公開してるブログです。

「専門知識が無いが、SEO対策で検索結果の上位にサイトを載せたい…」など、SEO初心者に対応したブログ記事も公開してます。
初心者もすぐできるSEOのために、【初心者もすぐできるSEO ①】SEO対策のはじめかた

初心者から経験者まで広いターゲットに対応し、SEO知識を深めてもらいながら、ホームページの順位上昇を手助けするSEOブログです。

無料SEOレポート|検索アルゴリズムと順位変動情報 | namaz.jp
無料SEOレポートは、ホームページの最適化に必要なSEOテクニックをまとめたレポートコンテンツです。
定期的に最新のSEOレポートが無料ダウンロードでき、ホームページの検索順位上昇に役立てることができます。

ウェブマスターにとって必要なSEO情報が満載ですので、ぜひ無料ダウンロードしてみてください。

▼無料SEOレポート一覧
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
新着実験
人気実験BEST10
カテゴリー
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『フォロー』して下さい。
この記事が役に立つと思ったら、ぜひ『いいね!』して下さい。