SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【SEOチェキの見方と使い方】無料のSEOツールをSEO対策に活かそう!

2018/09/20 2018/10/30

SEOチェキとは、WebサイトのSEO状況がチェックできる最も有名な無料SEOツールの1つで、永らく運営されてる信頼のおけるオウンドメディアです。
もう少し言うと、SEOチェキには複数の機能が搭載されており、それらの機能を使いこなしてホームページのSEO対策に活かすことが可能です。

なので、自分のサイトの検索順位を上げるために、まずSEOチェキを使ってホームページのSEO状況を確認することから始めるのも1つの選択肢です。

また、ブログを使ってブログ記事などのコンテンツを運用するコンテンツマーケティングが主流の今、SEOチェキのような無料で高機能なSEOツールを活用してSEO対策をうまく行うことができれば、ホームページの集客を加速させ、かつ費用対効果を高めることにもつながるため、Webマーケティングの成功とともに、最終的にビジネス成長が大いに見込めるようになります。

この点踏まえて、今回は、SEOチェキの見方(見るべき機能)と使い方について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

【SEOチェキの見方と使い方】無料のSEOツールをSEO対策に活かそう!

SEOチェキの見方について(見るべき5つの機能)

SEOチェキの中でも5つの機能を注視しよう!

SEOチェキを使う前に、まずどんな機能があって、それらの機能はどんな特徴を持ってるのか?ある程度把握しておくことで、ツールをスムーズに使いこなすことが出来ます。

基本的にすべての機能において共通となるのが、SEO状況をチェックしたいWebページ(ブログ記事)のURLや対策キーワード(上位表示したいキーワード)を入力して、チェックボタンをクリックすることで、選択した機能におけるチェック結果を取得することができます。

SEOチェキの主な5機能

  1. サイトSEOチェック
  2. 検索順位チェック
  3. キーワード出現頻度チェック
  4. 発リンクチェック
  5. Whoise情報チェック

これらの機能は、検索上位を目指すうえでチェックすべきデータが取得できるので、それらのデータを活かして、SEO対策に役立てることができます。
なので、詳しく調査したい機能をタブから選択して、必要なデータを取得しチェックしながら、自分のサイトのSEO対策を進めてみましょう。

以下より、SEOチェキの機能のそれぞれの使い方について触れていきます。

SEOチェキの使い方について

SEOチェキの機能を使いこなして、SEO対策に活かそう!

先述したようにSEOチェキには、主に5つの機能があり、それらの機能を必要に応じて使いこなすことで、SEO対策に役立てることができます。
ここでは、それらの機能について詳しく触れていきたいと思います。

  1. サイトSEOチェック
  2. 検索順位チェック
  3. キーワード出現頻度チェック
  4. 発リンクチェック
  5. Whoise情報チェック

サイトSEOチェック

サイトSEOチェックは、自分のサイトのSEO状況を総合的にチェックできる便利な機能です。
チェックできる項目は、「基本チェック項目」と「追加チェック項目」に大きく分かれます。

では、サイトSEOチェックにアクセスして、実際にチェックしたいページURLを入力して、「チェック」してみます。

SEOチェキのサイトSEOチェック機能の使い方①

すると、入力したページURLのデータが取得されて、SEO状況が総合的に確認することできます。

SEOチェキのサイトSEOチェック機能の使い方②

これらの多くの項目から特に注視したいのが、「title」「h1タグ」「検索順位」です。
例えば、上位表示したいキーワードがタイトル名に含まれてるか?、h1タグを使って見出しをマークアップしてるか?、上位表示したいキーワードで検索順位は何位か?といったことをまず確認しましょう。

もう少し言うと、Googleに評価されて、上位表示されやすいページにするために以下のようなポイントを抑えることがSEO対策において重要です。

  • 対策キーワードを含めたタイトル名にして、検索クエリと関連性を高める
  • 見出しタグ(h1~h6タグ)を使って見出しをマークアップし、検索エンジンに認識されやすいHTML構造に仕上げる
  • 対策キーワードで上位化してるか?確認し、上位化してなければ(順位が低い場合に)必要なSEO対策を行う

このように全体的にWebページのSEO状況を把握して、劣ってる要素を選定し、その部分の対策に注力するためのSEO方針を見出せるのが、SEOチェキの「サイトSEOチェック」機能となります。

検索順位チェック

検索順位チェックは、サイトSEOチェックの追加チェック項目として、先ほど触れましたが、SEOチェキのメインとなる5つの機能の1つとして搭載されてます。
これは、上位表示したいキーワードで自分のWebページが検索結果で何位に表示されてるか?簡単にチェックして、確認できる機能となります。

では、検索順位チェックにアクセスして、実際にチェックしたいページURLとそのページの対策キーワードを入力して、チェックしてみます。
※対策キーワードは、3キーワードまで入力することができます。関連キーワードで上位表示してるか?確認したい場合などに、3つまで入力して、チェックしてみましょう。

SEOチェキの検索順位チェック機能の使い方

すると、上記のように、GoogleとYahooの検索順位が同画面で下部に一瞬で表示されます。
※Yahooは10位以内の場合に順位データが取得できるようです。

このように、上位表示したいキーワード(対策キーワード)で実際に何位に表示されてるか?チェックして、上位化してるか?確認することがSEOにおいて重要です。
上位化してない場合は、該当のWebページ、もしくはサイト全体に何らかの欠点があるので、仮説を立てて必要なSEO対策を施していくことが、順位を上げるためのポイントとなります。

このようなことから、SEOチェキの「検索順位チェック」は、SEO対策の方針を定めるうえで欠かせないキーワード順位をストレスなく即座にチェックできる有能な機能となります。

関連ツール検索順位チェックツール(スマホ/モバイル版)

キーワード出現頻度チェック

キーワード出現頻度チェックでは、Webページ内に頻出するキーワードの回数や出現率、総単語数がわかります。
もう少し言うと、そのページがどんなテーマを軸とした内容なのか?キーワードの出現頻度から確認できるので、重要なキーワードの出現頻度を上げて、Webページと検索クエリとの関連性を高めるためのSEO対策に役立ちます。

では、キーワード出現頻度チェックにアクセスして、実際にチェックしたいページのURLを入力して、チェックしてみましょう。

SEOチェキのキーワード出現頻度チェック機能の使い方①

すると、総単語数や出現ワードとそのワードの回数や比率が確認できます。

SEOチェキのキーワード出現頻度チェック機能の使い方②

このように、キーワードの出現頻度からWebページのテーマがどんな内容か?確認でき、かつ最適化するために役立つのがSEOチェキの「キーワード出現頻度チェック」機能です。

仮に、重要なキーワード(上位表示したいキーワード)の出現頻度が低ければ、Webページと検索クエリとの関連性が低くなってる可能性があります。
このような場合は、重要なキーワードの出現頻度を上げ、かつユーザーの検索意図を考慮しながら、タイトルやコンテンツ内容を改善して、Webページと検索クエリとの関連性を高めるようにSEO対策を進めましょう。

ちなみに、キーワード出現頻度は、以前ほど重要視されてないことがSEO界隈で言われてます。
しかし、これまで触れたようにキーワード出現頻度は、Webページのテーマを強調するために考慮すべき重要な指標です。
なので、このSEOチェキの「キーワード出現頻度チェック」機能を活用して、表示されてるワードの対策キーワードや共起語などの語数や比率を考慮しながら、SEO対策を行うことが検索上位を目指すためのポイントとなります。

発リンクチェック

発リンクチェックは、対象のWebページから別ページへジャンプするリンク(発リンク)の状況を確認できるツールです。
もう少し言うと、対象のWebページから外部サイト、内部サイトへどの程度リンクされてるか?(外部発リンク数/内部発リンク数)、それらの発リンクにnofollow属性がどの程度設定されてるか?(nofollow発リンク数)、それらの発リンクのリンク先URLアンカーテキストがわかります。

では、発リンクチェックにアクセスして、実際にチェックしたいページURLを入力して、チェックしてみましょう。

SEOチェキの発リンクチェック機能の使い方①

すると、総発リンク数、重複を除いた総発リンク数、総発リンク数の詳細(外部リンク数/内部リンク数/nofollowリンク数)、発リンクのアンカーテキストとそのリンク先URLが確認できます。

SEOチェキの発リンクチェック機能の使い方②

このように、発リンクの状況をなぜ気にするのかというと、発リンクの質がサイト評価に影響する可能性があるからです。

例えば、関連性のある良質なページに対して適切なアンカーテキストでリンクしていれば基本的に問題ありません。
ですが、リンク先ページの内容と関係ないアンカーテキストでリンクしたり、質の低いページへのリンクが多ければ、発リンクしてる当該ページの評価に悪影響が及び、検索順位が思うように上がらない可能性があります。
また、このような質の低い発リンクに対してnofollowを設定してリンクを無効化する手段もありますが、それよりも本当にそのリンクが必要か?良質なリンク先が他にないか?検討して、コンテンツを修正する方がユーザーの利便性を高めて、Googleに評価されるために重要です。
なので、発リンクの数やそのアンカーテキストとリンク先ページの内容を考慮しながら、発リンクの質を高めることがSEO対策のポイントとなります。

このようなことから、発リンクの質を高めるためにSEOチェキの「発リンクチェック」機能を活用することが、SEOにおいて重要であり、検索順位を上げるためのポイントとなります。

Whoise情報チェック

Whoise情報は、ドメイン登録者の情報を取得して確認できる機能です。
もう少し言うと、ドメイン登録者名や、いつドメインを登録したか?(登録年月日)、そのドメインの有効期限やドメインの状態などのドメイン所有者の情報をチェックして確認することができます。

では、Whoise情報にアクセスして、実際にWhoise情報を調べたいドメインもしくはページURLを入力して、チェックしてみましょう。

SEOチェキのWhoise情報チェック機能の使い方①

すると、ドメイン所有者の情報がすぐに確認できます。

SEOチェキのWhoise情報チェック機能の使い方②

このような情報から、とくに、ドメインがどの程度の期間運用されてるか?を確認して、ドメイン年齢を逆算して調べることができます。
例えば、上記でいえば当ブログのドメイン登録年月日が2014年6月2日なので、この日から現在までどの程度運用されたドメインなのか?計算して、ドメイン年齢がわかります。

このドメイン年齢は、SEOにおいて注視される要素の一つであり、ドメイン年齢が長いことで、ドメインパワーが付きやすいとも言われてます。
なので、中古ドメインを購入して、ドメイン年齢がある程度高く、かつ経歴が優良なドメインで、順位が付きやすいサイトを運用するといったSEO対策の方法もあります。

また、競合サイトのドメイン運用歴をチェックして、それらのサイトのドメインがどの程度強いか?把握する目安にもなります。

このように、SEOチェキの「Whoise情報」では、とくにドメインの状態を確認して、そのドメインの運用歴を考慮しながら、SEO対策を進めるのにチェックしておきたい機能と言えます。

まとめ

無料で使えるSEOツール「SEOチェキ」をうまく活用して、サイトのSEO状況を把握しましょう。

まずは、検索順位をチェックしたうえで、自分のサイトが上位表示したいキーワードで何位に表示されてるか?確認することが大切です。
そのうえで、上位化してなければ、競合上位サイトと自サイト比較して、サイトの欠点を見出しながら、ユーザーがより満足するコンテンツを提供するようにSEO対策を進めることポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら