SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

  • 運営情報

キーワード出現率とは?SEOとの関係性や調べ方など徹底解説!

SEO

キーワード出現率とは、対象となるワード(単語)がWebページ内に出現する頻度(割合)のことです。「キーワード含有率」や「キーワード比率」「キーワード出現頻度」「キーワード密度」とも呼ばれます。
このキーワード出現率の目安を5~7%程度まで高めれば、昔は直接的なSEOの良い効果が期待できましたが、今現在は昔ほど直接的なSEOの良い効果は期待できません。

一方、キーワード出現率を誤って調整すれば、Googleから評価されづらくなります。
具体的には、Webページ内に対象となる特定のキーワードを過剰に詰め込めば、文章が読みづらくなってユーザーの利便性を損ねたり、キーワードスタッフィングでGoogleペナルティになる可能性が高まります。
また、Webページのタイトル名やコンテンツ内に対象となる特定のキーワードが少なかったり全く無ければ、テーマ性が薄れて特定のキーワードで認識されづらくなります。
結果、検索順位が上がりづらかったり、インデックス削除につながるでしょう。

こうした良くない状況を回避する為に、キーワード出現率の基礎を抑えて、適切に活用しましょう。

この点踏まえて今回は、キーワード出現率の定義やSEOとの関係性、調べ方など中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

キーワード出現率とは?SEOとの関係性や調べ方など徹底解説!

キーワード出現率とは?

キーワード出現率とは、対象となるワード(単語)がWebページ内に出現する頻度(割合)のことです。「キーワード含有率」や「キーワード比率」「キーワード出現頻度」「キーワード密度」とも呼ばれます。

例えば、Webページのコンテンツの文章内のすべての単語数(総単語数)が「14218個」で、対象となるワード(キーワード)の数が「417個」だとします。
この場合、「417(対象となるワード[キーワード]の数)/14218(総単語数)* 100 = 2.93(%)」という計算式から「2.93(%)」が対象となるワード(キーワード)の割合になります。
この対象となるワード(キーワード)の割合が、キーワード出現率というわけです。

キーワード出現率とSEOの関係性

キーワード出現率とSEOの関係性として、かつては直接的なSEOの良い効果がありました。
具体的には、2010年以前(昔)までは対象となるキーワードの出現率を5~7%程度まで高めるだけで、そのキーワードで検索順位が上がりやすくなりました。
一方、現在は直接的なSEOの良い効果はほぼありません。
具体的には、2010年以降(今)は対象となるキーワードの出現率を5~7%程度まで高めるだけでは、そのキーワードで検索順位が思うように上がらなくなりました。

検索順位が思うように上がらなくなった理由は、文脈に合ったキーワードを適切に使用することがより重要になったからです。
これについてGoogle公式に言及してます。

文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだ有用なコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイトを運営してください。
キーワードスタッフィング(詰め込み) | Google検索セントラル | ドキュメント | Google Developers

ちなみに、同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返してキーワードの出現率を高めれば、文章が読みづらくなってユーザーの利便性を損ねたり、キーワードスタッフィングでGoogleペナルティになる可能性が高まります。
また、対象となるキーワードがタイトル名に無かったり、コンテンツの文章内に少ないもしくは全く無ければ、テーマ性が薄れてその対象となるキーワードで認識されづらくなります。
そうなれば、インデックス削除されたり、検索順位が上がりづらくなるでしょう。

これらが、キーワード出現率とSEOの関係性です。

キーワード出現率の調べ方

キーワード出現率を調べるには、専用のチェックツールを使います。

例えば、ohotuku.jpのキーワード出現率チェックにアクセス後、対象となるWebページの「URL」と「キーワード」を入力して、「チェックする」ボタンをクリックします。「出現率目標」と「表示件数」はお好みで入力します。

キーワード出現率の調べ方①

すると、チェック結果で「キーワード比率」が表示されます。また、下部の表では入力した対象となる「単語(キーワード)」の「出現数」「出現率」「出現率のグラフ」が確認できます。
つまり、キーワード出現率が確認できます。

キーワード出現率の調べ方②

これがキーワード出現率の調べ方です。

キーワード出現率を確認するタイミング

キーワード出現率を確認するタイミングは、主にコンテンツをリライトするときです。

例えば、検索順位が下落傾向のキーワードがあったので、そのキーワードの検索意図を見直します。
検索意図がズレてたので、必要な見出しや文章を追記します。
つまり、コンテンツをリライトします。
コンテンツをリライトすれば、総単語数やキーワード数(対象となるキーワードの数)が増えたり減ったりします。
総単語数やキーワード数(対象となるキーワードの数)が変わればキーワード出現率も変わるので、キーワード出現率を確認するというわけです。

こうして、コンテンツをリライトするときが、キーワード出現率を確認するタイミングです。

キーワード出現率よりもタグの使い方が重要

キーワード出現率よりもタグの使い方が重要です。
具体的には、キーワードの出現率ではなく、重要なタグにしっかりとキーワード(上位表示させたいキーワード)を入れ込むことが重要です。

  • タイトルタグ
  • メタディスクリプションタグ
  • hタグ

とくにこれらのタグの前方にキーワードを含めて、かつ、これらのタグの文言をユーザーにとってわかりやすい内容となるように記述します。
つまり、タグの使い方が重要です。
これらのタグにキーワードを入れ込んだWebページは、そのキーワードとの関連性が高まって検索エンジンに認識されやすくなります。
そうなれば、そのキーワードでGoogleに評価されやすくなるので、検索順位が上がりやすくなるでしょう。

まとめ:キーワード出現率の基礎を抑えて、適切に活用しよう

キーワード出現率の基礎を抑えて、適切に活用しましょう。

一方、キーワード出現率を誤れば、Googleに評価されづらくなります。
具体的には、キーワードを過剰に増やせばGoogleからペナルティを科される可能性が高まります。
また、タイトルタグなどの重要なタグに特定のキーワードが全く無ければ、そのキーワードで検索エンジンに認識されづらくなります。
そうなれば、特定のキーワードで検索順位が上がりづらくなるというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、キーワード出現率の基礎を抑えて、適切に活用しましょう。

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位の推移

SEO対策しても検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策をご案内します(無料)。

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!