SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

オーガニック検索とは?トラフィックを増やす方法とSEO対策について

オーガニック検索(自然検索 / Organic Search)とは、ユーザーが検索キーワードを入力して表示された広告以外の検索結果のことで、その検索結果画面から訪問したトラフィックを“オーガニック検索の数”といった表現をします。

SEO対策ではこのトラフィックを増やし、アクセスを積み上げて集客することが大切です。

では今回は、このオーガニック検索を増やす方法とSEO対策、Googleアナリティクスのオーガニック検索について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめてご説明したいと思います。

オーガニック検索を増やす方法とSEO対策について

オーガニック検索とは?

オーガニック検索とは、冒頭でもご説明した通り、検索したキーワードに対する答えがランキングされた検索結果に表示される広告枠以外のリンクコンテンツのことで、別名「自然検索」とも呼ばれ、その数を「検索トラフィック」と呼びます。

また、サイトへのトラフィックはオーガニック検索以外だと、リファラー、ダイレクト、ソーシャルが主な種類となります。

オーガニック検索からのトラフィックを増やす方法(SEO対策)

このオーガニック検索からのトラフィック(訪問)を増やすためには、SEO対策が必要です。

SEO対策では、とくにコンテンツに重点を置いて対策することが重要となります。
そうすることで、検索結果の上位に表示されやすくなるので、自身のWebページがクリックされやすくなります。
結果的に、自然検索からの流入が増えるので、オーガニック検索からの訪問を増やすことができるというわけです。

また、コンテンツに重点を置いて対策すれば、良質なリンクが集まりやすくなります。
良質なリンクは上位化に欠かせない重要なSEO要素です。
なので、良質なリンクが集めるために、まずは良質なコンテンツを増やしながら、SEO対策を進めることがポイントとなります。

コンテンツ対策

ユーザーの検索意図を考慮したうえで、タイトルやディスクリプション、文章内容を改善し、検索クエリとの関連性を高めながら、コンテンツ対策することをおすすめします。
また、サイト内の関連するコンテンツに内部リンクを設定して、サイトやカテゴリの専門性も加味しましょう。

リンク対策

良質なコンテンツをSNSで宣伝して、良質な被リンクの獲得を促進するようにリンク対策することをおすすめします。
そうすれば、最終的にサイトの権威性が強化されて、Googleに評価されやすくなります。

Googleアナリティクスのオーガニック検索について

オーガニック検索を増やすためには、まずGoogleアナリティクスでオーガニック検索を意味する「Organic Search」を見て現在のトラフィックを確認しましょう。

この数字を確認するためにはまず、Googleアナリティクスにログイン後、集客>チャネル>Organic Searchをクリックします。

Googleアナリティクスとオーガニック検索イメージ①

この“Organic Search”では、オーガニック検索の推移やキーワードごとのセッションや直帰率といったユーザーの行動が確認できます。

Googleアナリティクスとオーガニック検索イメージ②

こうしたオーガニック検索と関わりが深い以下のような指標についても、ポイントを押さえておきましょう。

検索クエリとオーガニック検索キーワードの違いについて

ここで少しわかりにくいのが、「検索クエリ」と「オーガニック検索キーワード」という指標についてです。
この違いは簡単にご説明すると以下のようになります。

  • 「検索クエリ」…検索結果にページが表示されたキーワード
  • 「オーガニック検索キーワード」…検索結果から訪問したキーワード

「検索クエリ」は、Googleアナリティクスにログイン後、メニューの集客>Search Console>検索クエリから確認でき、「オーガニック検索キーワード」は、集客>キャンペーン>オーガニック検索キーワードから確認できます。
※「検索クエリ」を活用するには、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連動が必要です。

検索クエリとオーガニック検索キーワードの違いイメージ①

not providedについて

ここで、オーガニック検索トラフィックの「not provided」と表示されている項目が気になるかと思いますが、これは検索時に暗号化されたオーガニック検索キーワードを意味します。
つまり、アナリティクスでは確認できないということです。

これはGoogleサービスのSSL導入により、Googleのオーガニック検索キーワードが「not provided」と表示されたもので、その数は徐々に増えていきました。
現在はほぼ全てのGoogleユーザーの検索キーワードは「not provided」となってるようです。
※SSL化は、google.comで2011年11月に導入、日本(google.co.jp)には2012年3月に導入されました。

オーガニック検索トラフィック not providedイメージ①

オーガニック検索ソースについて

次に“オーガニック検索ソース”とは、GoogleやYahoo!といった代表的な検索エンジン以外の検索トラフィックをオーガニック検索に割り当てることができる機能です。

新たな検索トラフィックを割り当てるには、Googleアナリティクスログイン後、上部メニューの管理>トラッキング情報>オーガニック検索ソースをクリックします。

オーガニック検索ソースイメージ①

そして、以下のように「検索エンジンを追加」ボタンからオーガニック検索ソースを追加することができます。
デフォルトままでも十分ですが、必要に応じて対応しておきましょう。

オーガニック検索ソースイメージ②

オーガニック検索のクリック率について

オーガニック検索からのトラフィックを増やすには、検索結果に表示されるタイトルのクリック率(CTR)を向上させることが大切です。

このタイトルのクリック率を向上させるには以下のような方法があります。

  • 検索クエリとの関連性が高いタイトル・ディスクリプションにする
  • ユーザーが興味を引きそうな魅力的な文言にする
  • 簡潔でわかりやすいタイトル・ディスクリプションにする

また、検索順位によってオーガニック検索からのトラフィックの数が変わっていきます。
検索順位1位はもっともクリック率が高く、当然オーガニック検索を一番多く獲得できる順位です。

まとめ

ということで今回はオーガニック検索についてご説明してきましたが、SEO対策によってこの数を増やし、トラフィックを積み上げて集客することが大切です。

そのためには、しっかりとオーガニック検索の推移を確認するのと同時に、ホームページを最適化し、検索順位を上げることが重要です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら