SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

サーチコンソール(Search Console)とは?登録・設定・使い方についてまとめ

サーチコンソール(Google Search Console)にサイトを登録・設定することで、SEO対策を効率良く進めることができます。
しかし、アナリティクスは設定していても、このサーチコンソールは何ができるのかよくわからない…といった理由から使っていない方も多いのではないでしょうか?

サーチコンソールでは検索結果の表示回数やそのクリック数や率といったアナリティクスとは異なる数字を知ることができるため、SEO対策を行うためには必須となるツールのひとつです。

では、今回はサーチコンソールの登録・設定や使い方、サーチコンソールをSEOに活かすポイントについて中心に、初心者にもわかりやすく論点をまとめて解説したいと思います。

サーチコンソール(Google Search Console)とは?登録・設定・使い方についてまとめ

サーチコンソールとは?

サーチコンソールとは、Googleが無料提供する高機能サイト解析サービスです。
現在の通称である「サーチコンソール」は、2015年5月20日に「Googleウェブマスターツール」から名称が変わりました。

そのサーチコンソールでは、検索での見え方、検索トラフィック(オーガニック検索)、Googleインデックス(インデックス登録状況)、クロール(クローラー状況)、セキュリティ、スパム(SEOスパムなど)などあらゆる視点からサイト管理でき、パフォーマンス向上に役立てることができます。

アナリティクスの“サイトに流入してくる解析ツール”に対して、サーチコンソールは“サイトの状況を詳しく知ることができる解析ツール”といったところでしょうか?

サーチコンソールの登録・設定方法

では、サーチコンソールにサイト登録・設定する方法も簡単にご説明していきます。

まずはサーチコンソールにログインしましょう。
Google サーチコンソール

サーチコンソールにログイン

もしGoogleアカウントが無い場合は、新しくGoogleアカウントを作成しておきましょう。
そしてアカウント作成後、Googleサーチコンソールにログインします。

テキストボックスに登録したいサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」ボタンをクリックします。

新しくプロパティを追加

すでにいくつかサイト登録済みの場合は、以下のボタンからもプロパティ追加することができます。

別のプロパティ追加方法

続いてサイトの所有者のチェックへ進みます。このチェックはご覧の通り、いくつかの方法が用意されています。

今回は発行されたタグをサイトに追記して確認してみたいと思います。

metaタグをコピーし、HTMLheadタグ内に貼り付ける

上記のようにタグが表示されていますので、こちらのタグをコピーし、サイトのhead内に貼り付けましょう。
※記述する場所はトップページのみで問題ありません。

metaタグ貼り付け例

そして、タグを貼り付けたHTMLファイルをサーバーにアップロード後、先ほどのページで「確認」ボタンをクリックします。

正しく設定できていれば下記のように所有権が確認されるので、「続行」を押すことで登録完了となります。(ひとつのアカウントで1,000個まで登録することができます。)

サーチコンソールサイト登録所有権確認

サーチコンソールの使い方

続いてサーチコンソールの基本的な使い方をご紹介していきます。
ぜひ使い方をマスターしてサイトの状態を解析しながらSEO対策に役立てましょう。

抑えておきたい使い方は以下の9項目です。

  1. 検索アナリティクス
  2. サイトへのリンク
  3. 内部リンク
  4. 検索トラフィック
  5. クロール / Fetch as google
  6. クロール / サイトマップ
  7. サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法
  8. 削除方法について
  9. エラー・不具合

検索アナリティクスの使い方

ログイン後、左メニューの検索トラフィック>検索アナリティクスでは、検索結果でのサイトのパフォーマンスを確認することができるサーチコンソールのメインとも言える機能です。

サイトに流入した検索クエリ(ユーザーがサイト訪問した時に入力したキーワード)ごとの検索結果でのクリック数、表示回数、クリック率、掲載順位、などが確認できます。

これによってターゲットとしていたキーワードでどれくらい効果を出せているのか?といったことがわかります。

Googleアナリティクスではわからない検索キーワードとそのクリック率や検索順位がわかるので、ページの改善などの指標に役立ちますね。

検索アナリティクスの使い方

検索結果での掲載順位(平均掲載順位)

次に、平均掲載順位では検索キーワードに対する平均順位をグラフで確認することができます。
クエリ毎やページ毎、デバイス毎でもこの検索順位を確認することができるので、より詳しくページの解析を行うことができます。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

サイトへのリンクの使い方

続いて、検索トラフィック>サイトへのリンクでは、リンク数の最も多いリンク元や、最も多くリンクされているコンテンツ(サイト内で最も被リンクが多いページ)、リンクのアンカーテキストなどの状況が確認できます。

サイトへのリンク 最も多くリンクされてるコンテンツの使い方

特に、最も多くリンクされているコンテンツ(リンクされてるすべてのページ)では、自サイトのページごとの「被リンク総数」と「被リンクドメイン数」が確認できます。

SEOにおいて、被リンクは最も重要な要素なので質の低いリンクが付いていないか定期的にチェックしておきましょう。

最も多くリンクされているコンテンツ(リンクされてるすべてのページ)

内部リンクの使い方

次に、検索トラフィック>内部リンクは、サイト内のページごとの内部リンクの数が確認できます。

内部リンクも重要なSEO要素のひとつです。
サイト内の内部リンクのバランスを確認して必要があれば調整するようにしましょう。

内部リンクの使い方

手動による対策の使い方

検索トラフィック>手動による対策では、Googleガイドライン違反によるGoogleペナルティ(手動ペナルティ)を受けた場合、違反メッセージが表示されます。

違反メッセージが届くと、手動ペナルティ扱いとなり、サイトの検索順位が下落したり、インデックス削除などのペナルティが課せられます。
そのため、トラフィックが急に減った場合はまずここに何かメッセージが届いていないか確認してみましょう。

手動による対策の使い方

手動ペナルティを解除するには、メッセージ内容に沿ってサイトを改善し、再審査リクエストを行う必要があります。

再審査リクエストが承認されれば、手動ペナルティが解除され、検索順位やインデックス状況が改善されます。

Fetch as googleの使い方

クロール>Fetch as googleでは、サイトの認識を早めることができます。
Fetch as googleで認識を早めたいサイト(ページ)を指定することで、クローラーを通常より早く呼び込むことが可能です。

使い方はクローラーに巡回を促すページを入力して「取得」ボタンをクリックします。
次に遷移したページで「インデックス登録をリクエスト」をクリックすることで完了です。

Fetch as googleの使い方

例えば、コンテンツ追加やタイトルタグ変更など、修正したページをすぐに反映させたい場合、Fetch as googleを利用することで修正内容を早く認識させる方法として活用できます。

サイトマップの使い方

最後に、クロール>サイトマップでは、「サイトマップの追加テストで」サイトマップのURLを入力して送信することで、サイトマップ(xmlファイルなど)を検索エンジンに伝えることができ、サイト内のクローラー巡回を促進させることができます。

サイトマップの使い方

サイトマップ自体は、基本自分で作成し、サーバーにアップロードする必要があります。

また、サイトマップは、.xmlファイル以外に、atomやrssのフィードを送信することも可能です。 ブログサイトなら、はじめからフィードが用意されてるケースが多いので、フィードのURLをサイトマップURLとして指定可能です。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法

続いて、サーチコンソールとアナリティクスを連携することで、先ほどご紹介した検索クエリ(検索キーワード)をGoogleアナリティクス側でも確認することが可能となります。

連携方法の手順は一度だけで簡単なのでぜひ連携しておきましょう。
Googleアナリティクスにログイン後、上部メニューの「アナリティクス設定」から、「プロパティ設定」をクリックします。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携手順①

次に一番下の「Search Consoleの調整」をクリックします。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携手順②

「編集」から連携可能なSearch Consoleプロパティを選択し、完了ボタンをクリックします。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携手順③

すると、以下のよう、選択したプロパティが表示されるようになり、連携してることが確認できます。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携手順④

実際にGoogleアナリティクスのレポート左メニュー「集客」>「Search Console」>「検索クエリ」をクリックします。

サーチコンソールから検索キーワードが取得され、Googleアナリティクスとうまく連携できることがわかります。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携手順⑤

検索クエリ以外に、ランディンクページ、国、デバイスの指標を確認することが可能です。
Googleオーガニック検索に特化して分析する場合、このSearch Consoleメニューが役立ちます。

サーチコンソールの削除方法

サーチコンソールからサイトを削除する場合は以下手順です。

サーチコンソールログイン後、ホームで削除したいサイトの「プロパティ管理」から、「プロパティ削除」をクリックします。

サーチコンソールの削除方法①

プロパティ削除確認のダイアログが表示されるので、「OK」をクリックすれば、削除完了です。

サーチコンソールの削除方法②

サーチコンソールのエラー・不具合

サーチコンソールでは、時折、エラー・不具合が生じることがあります。
データの内容がおかしいと思ったら不具合が原因かもしれませんので、あらかじめ用意されてるサーチコンソール専用のヘルプサイトを中心に活用して、焦らず情報収集してみましょう。

サーチコンソールをSEOに活かすポイント

SEOにおいて重要視されるコンテンツを最適化するために、サーチコンソールが役立ちます。
つまり、サーチコンソールでわかる検索流入のキーワード(検索クエリ)とコンテンツ内容をすり合わせながら、Webページを最適化することが重要となります。

SEO効果をあげるために、以下ポイントを抑えてサーチコンソールを活用しましょう。

狙った1キーワードを流入させる

サーチコンソールをSEOに活かすには、対象ページの流入キーワードを最適化することが重要です。
つまり、狙った1キーワードを対策ページに流入させることがSEO対策のポイントとなります。

例えば、キーワード「検索エンジン」で流入させたいページは、そのキーワードで最も流入が多くなるようにコンテンツを最適化する必要があります。

狙った1キーワードの流入が多くなるようにする

このように、まず何のキーワードで流入させたいか?ページごとに流入させたい1キーワードを決めたうえで、サーチコンソールをSEOに活用することをお勧めします。

不要なキーワードを除外する

1ページ1キーワードで対策しても、そのキーワードだけから流入するわけではなく複数のキーワードで流入します。
なかには、ページのテーマとずれたキーワードが流入してるため、ページの質を下げる要因となる場合があります。

つまり、テーマとずれたキーワードを含む不要なコンテンツを削除してテーマを際立たせることが、ページの質を上げることに繋がります。
例えば、ページのテーマ(タイトル)が「サーチコンソールの使い方」なのに、パンくずリストの設置方法について記載があれば、整合性が低くなります。

ページのテーマと明らかに関連性が低いキーワードがないか、サーチコンソールの検索クエリを確認しながら、不要なコンテンツの削除を検討しましょう。

競合上位の傾向を取り入れる

競合上位の傾向を取り入れてコンテンツを作成すると、狙ったキーワード以外のキーワードの流入が増えます。
このようなキーワードは、関連性の高いキーワードとしてページの評価を上げる要因にもなります。

狙ったキーワード以外のキーワードの流入が増える

つまり、競合上位の傾向採用による関連性の高いキーワードは、ユーザーの求める情報でもあるため、重要なキーワードが含まれてるといえます。

なので、先述したように明らかに関連性の低いキーワードを除いて、このような「競合上位の傾向を取り入れた関連性の高いキーワードを含むコンテンツ」はむやみに削除しない方がいいでしょう。

サーチコンソールをSEOに活かしても順位が上がらない

サーチコンソールを活用してコンテンツを最適化しても、うまく順位が上がらないこともあります。
このような場合は、改めてGoogleが重要視する以下ポイントの最適化を検討しましょう。

  • E-A-T
  • オリジナリティ
  • ドメインパワー

とくにこれらを満たすことも上位表示において重要となります。
検索クエリとの関連性を高めるだけでなく、専門性や信頼性、独自性、サイトの権威性を考慮してページ・サイトを最適化することもSEOにおいて欠かせません。

まとめ

ということで、今回はサーチコンソールの使い方についてご説明してきましたが、サイト運営に欠かせないSEOツールのひとつですので、しっかりと使いこなしてホームページのパフォーマンスを解析・管理して上位表示を目指しましょう。

集客をどんどん伸ばしていくためには、自然検索を伸ばすことが必要不可欠です。
そのためには日々の改善も同じく重要となってきます。SEO対策を成功させるためにもサーチコンソールを定期的に確認してみてください。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら