SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

サーチコンソールとは?使い方について

サーチコンソールとは、Google検索でのWebサイトのパフォーマンスが分析できるツールです。
略して、「サチコ」とも呼ばれます。

このサーチコンソール(Search Console)をうまく活用することで、SEO対策に活かせます。
そのためには、まずサーチコンソールを設定し、基本的な使い方から覚えましょう。
ちなみに、よく比較されるGoogleアナリティクスとの違いについても、理解しておく必要があります。

この点踏まえて、今回は、サーチコンソールの定義から使い方について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

サーチコンソールとは?使い方について

サーチコンソールとは?

サーチコンソールとは、Google検索でのWebサイトのパフォーマンスを分析するツールです。
略して、「サチコ」とも呼ばれ、2015年5月20日に「Googleウェブマスターツール」から名称が変わりました。

このサーチコンソールは、Googleが提供するツールで、Google検索だけに特化したツールとなります。
なので、YahooやBingの検索エンジンにおけるWebサイトのパフォーマンスは分析できません。

また、サーチコンソールは無料で使うことができるうえ、うまく活用することでSEO対策に大いに活かせます。

サーチコンソールでできること

サーチコンソールを使うことで、主に「Google検索での表示状況の確認」ができます。
また、サイトの情報提供や問題点も把握できます。

Google検索での表示状況の確認

Google検索結果での「掲載順位」や「表示回数(検索結果でURLが表示された回数)」「クリック数(検索ユーザーがクリックした回数)」「CTR」「検索クエリ(URLが表示されたときの検索キーワード)」といった検索パフォーマンスが、主に確認できます。
また、Google検索で有効なページ(インデックス登録されてるページ)がわかります。
ちなみに、被リンクや内部リンクといった「リンク」の状況も見れます。

このように、Google検索での表示状況を確認することが、サーチコンソールでできます。

サイトの情報提供

サーチコンソールのURL検査ツールで、インデックス登録のリクエストができます。
また、「サイトマップ」機能を活用して、クロールが促進できます。

このように、Google検索エンジンに向けてサイト情報を提供することが、サーチコンソールでできます。

サイトの問題点の把握

サーチコンソールの拡張メニューの「ウェブに関する主な指標」から表示速度の遅いURLが把握できます。
また、パンくずリストの構造化データの実装エラーや、モバイルフレンドリー対応エラーの有無がわかります。
さらに、「手動による対策」機能では、ペナルティの有無がわかります。

このように、サイトの問題点を把握することが、サーチコンソールでできます。

サーチコンソールとアナリティクスの違い

サーチコンソールは、Google検索結果でのサイトのパフォーマンスが分析できるツールです。
例えば、検索順位、検索での表示回数、検索でのクリック数、検索でのCTR(クリック率)、検索クエリといったGoogle検索結果でのパフォーマンスが主にわかります。

一方、Googleアナリティクスは、検索結果でのサイトのパフォーマンスがわかりません。
なので、この点が、サーチコンソールとGoogleアナリティクスの大きな違いになります。

ちなみに、Googleアナリティクスは、主にユーザー行動が分析できるツールです。
検索流入や、サーチコンソールと連携すれば検索クエリはわかります。
ですが、検索結果でのサイトのパフォーマンス分析に特化したツールではありません。

サーチコンソールの設定方法

サーチコンソールを設定するには、まず、Googleアカウントでログインします。
そして、サイトを登録(プロパティを追加)後、そのサイトの所有権を確認します。
所有権が確認できれば、サーチコンソールの設定が完了となります。

STEP1:Googleアカウントでログインする

Googleアカウントでログインするには、「Google Search Console」のページから「今すぐ開始」をクリックしましょう。

Googleアカウントでサーチコンソールにログインする①

そして、Googleアカウント(メールアドレスとパスワード)を入力して、「次へ」をクリックします。
※このときにGoogleアカウントを持ってない場合は、「アカウントを作成」をクリックしましょう。そして、Googleアカウントを作成後、再度この画面からログインを試みましょう。
※2 段階認証プロセスを設定してる場合は、アナウンスに従って承認しましょう。

Googleアカウントでサーチコンソールにログインする②

そうすれば、サーチコンソールにログインできます。

Googleアカウントでサーチコンソールにログインする③

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

STEP2:サイト登録する

サーチコンソールにログイン後、「ドメイン」または「URLプレフィックス」、いずれかのプロパティタイプを選択します。
「ドメイン」を選択した場合は、ドメインもしくは、サブドメインを入力して「続行」をクリックしましょう。
「URLプレフィックス」を選択した場合は、URLを入力して「続行」をクリックしましょう。

sc-propaty.pngサーチコンソールでサイト登録する

ドメイン

「ドメイン」を選択すれば、サブドメインやhttps有無、www有無のドメインなどを一括管理できます。
例えば、「seolaboratory.jp」というドメイン名を入力します。
そうすれば、「https://seolaboratory.jp」や「https://sub.seolaboratory.jp」、「http://www.seolaboratory.jp」などの入力したドメイン名を含むURLすべてを一元管理することができるというわけです。
なので、すでに同じドメインで複数サイトを管理してたり、のちに同じドメインでサイトを増やす場合は、[ドメイン」プロパティを選択しましょう。

URLプレフィックス

「URLプレフィックス」を選択すれば、従来のサーチコンソールのプロパティ登録方法と同じになります。
例えば、「https://seolaboratory.jp」というURL名を入力します。
そうすれば、入力したURL名だけを管理することができます。
なので、同じドメインで複数サイトを運用してなかったり、今後同じドメインサイトを増やす予定が無い場合は、「URLプレフィックス」プロパティを選択しましょう。
つまり、基本的に初心者は、「URLプレフィックス」を選択するとよいです。

ちなみに、サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携する際は、「URLプレフィックス」を選択する必要があります。
一方、「ドメイン」を選択しても、そのあとに「URLプレフィックス」のプロパティを追加すれば、アナリティクスと連携することが可能です。

STEP3:所有権を確認する

ここでは、STEP2で「URLプレフィックス」を選択した場合の「所有権を確認する」手順を解説します。
基本的に、専用の「HTMLファイル」をアップロードして、所有権を確認します。
※ちなみに、「HTMLタグ」や「Googleアナリティクスのアカウント」「Googleタグマネージャーのアカウント」を使ったり、「DNSレコードをGoogleに関連付ける」などして、所有権を確認することもできます。

  1. HTMLファイルをダウンロード
  2. HTMLファイルをアップロード
  3. 「確認」をクリックする

HTMLファイルをダウンロード

STEP2で「URLプレフィックス」を選択すると、「所有権の確認」のポップアップが表示されます。
その中に表示されてる「HTMLファイル」をクリックして、ダウンロードします。

サーチコンソールで所有権を確認するために、HTMLファイルをダウンロードする

HTMLファイルをアップロード

ダウンロードしたHTMLファイルをアップロード先(サーバー上のルートドメインの直下に)にアップロードしましょう。

サーチコンソールで所有権を確認するために、HTMLファイルをアップロードする

「確認」をクリックする

アップロードしたら、「確認」をクリックします。
そして、「所有権を自動確認しました」と表示されれば、サーチコンソールの設定が完了となります。

サーチコンソールで所有権を確認完了

サーチコンソールとアナリティクスの連携方法

サーチコンソールとアナリティクスを連携するには、両方のツールでそれぞれ設定が必要となります。
その設定を2つの手順で紹介したいと思います。

STEP1:Googleアナリティクスで「Search Console のデータ共有を設定」をする

Googleアナリティクスにアクセス後、「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」をクリックします。
そして、「Search Console のデータ共有を設定」をクリックします。

Googleアナリティクスで「Search Console のデータ共有を設定」をする①

すると、プロパティ設定の画面に遷移するので、下にスクロールし、「Search Console を調整」をクリック後、Search Consoleの設定で「追加」リンクをクリックします。

Googleアナリティクスで「Search Console のデータ共有を設定」をする②

STEP2:サーチコンソールでウェブプロパティ(サイト)を関連付ける

「Googleアナリティクスでサーチコンソールのデータを使用する」というページに遷移後、「Search Console のサイト」から同じウェブプロパティを選択し、「保存」をクリックします。

サーチコンソールでウェブプロパティ(サイト)を関連付ける① sc-data-share.png

「関連付けの追加」のポップアップが表示されるので「OK」をクリックすれば、サーチコンソールとアナリティクスが連携できます。

サーチコンソールでウェブプロパティ(サイト)を関連付ける② sc-data-share2.png

サーチコンソールの使い方

サーチコンソールは、多くの機能があります。
その中でも、よく使う基本的な機能に絞って、使い方を紹介したいと思います。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスは、主に、検索結果でのサイトの成果を確認するときに使います。
この検索パフォーマンスは、「検索結果」と「Discover」大きく2つの指標で構成されてます。
ここでは、とくによく使う「検索結果」の使い方について、触れたいと思います。
この「検索結果」は、主に”サイト全体のデータ”と”個別のデータ”に分けて、それぞれ分析できます。

“サイト全体のデータ”を分析する場合は、メニューの検索パフォーマンスから「検索結果」をクリックします。
そうすれば、サイト全体の「検索でのクリック数」「検索での表示回数」「CTR(検索でのクリック率)」「検索での掲載順位」が確認できます。

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」機能の使い方①

また、”個別のデータ”を分析するには、”サイト全体のデータ”と同様の操作をして表示される下部の「クエリ」や「ページ」「国」「デバイス」「検索での見え方」「日付」の各タブを活用します。
例えば、「ページ」タブを選択します。
そうすれば、「https://seolaboratory.jp/69665/」のURLの「検索でのクリック数」「検索での表示回数」「CTR(検索でのクリック率)」「検索での掲載順位」が確認できます。
また、上部の「+新規」をクリックすることでも、”個別のデータ”が分析できます。

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」機能の使い方②

カバレッジ

カバレッジは、主に、検索でのサイト内の各ページのステータス(動作)を確認するときに使います。
このカバレッジを使うには、メニューのインデックスから「カバレッジ」をクリックします。
そうすれば、「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」といったステータスをもとにして、サイト内のページのインデックス状況(検索結果の登録状況)が全体的に確認できます。

サーチコンソールの「カバレッジ」機能の使い方①

また、下部の「詳細」では、ステータスを堀り下げて、そのステータスの詳しい内容や該当のページURLなどの個別データが確認できます。

サーチコンソールの「カバレッジ」機能の使い方②

URL検査

URL検査ツールは、主に、ページの内容をリライトするなどして新しく更新した場合に使います。
このURL検査ツールを使うには、まず、上部の検索窓にページURLを入力して、虫眼鏡をクリックします。
または、メニューの「URL検査」をクリック後、検索窓にページURLを入力して、虫眼鏡をクリックします。

サーチコンソールの「URL検査」ツールの使い方①

すると、入力したページURLがGoogle検索エンジンに登録されてるか否か?(入力したページURLの現在のインデックス状況)がわかります。
ここで「公開URLをテスト」をクリックしましょう。(公開URLのテストは1~2分程度かかるので、待ちましょう。)
※この時点で「インデックス登録をリクエスト」をクリックすれば、Googleに最新のページ内容を伝えることができます。ですが、最新のページURLにエラーなどの不具合があれば、その状態をGoogleに伝えることになります。そうなれば、検索順位に影響が及ぶでしょう。こうした状況を回避するためにも、ここでは「公開URLをテスト」をクリックして、ページURLの有効性をまず確認しておくことをお勧めします。

サーチコンソールの「URL検査」ツールの使い方②

そうすれば、入力したページURLの最新の内容が取得されて、Google検索エンジンに登録できるか否か?(入力したページURLを新たにインデックスできるか否か?)がわかります。
「テスト済みのページを表示」をクリックして、「HTMLソースコード」や「スクリーンショット」「その他の情報」に問題がないか?確認しましょう。
内容に問題が無ければ、「インデックス登録をリクエスト」をクリックして完了です。これで、GoogleにページURLの新しい内容が伝わります。
※ちなみに「ライブテスト」のタブは、ページURLの最新の内容が確認できます。一方、「Googleインデックス」タブでは、現在、Googleインデックスに登録済みのページURLの古い内容が確認できます。)

サーチコンソールの「URL検査」ツールの使い方③

サイトマップ

サイトマップは、Webサイト内のページに対してクロールを促すために使います。
このサイトマップ機能を使うには、あらかじめxml形式のサイトマップ(sitemap.xml)を作成してサーバー上にアップロードし、ブラウザからアクセスできるようにしておきましょう。
そうしたうえで、メニューのインデックスから「サイトマップ」をクリックします。
そして、”新しいサイトの追加”で、サイトマップのURLを入力し、「送信」をクリックします。
そうすれば、クローラー(Googlebot)を呼び込んで、Webサイト内に存在するページURLの認識を促すことができます。

サーチコンソールの「サイトマップ」機能の使い方

また、サイトマップを送信すれば、下部の”送信されたサイトマップ”に記録されます。
送信がうまくいけば、ステータスに「成功しました」と表示されます。

一方、「エラーがある」や「取得に失敗した」と表示されたら、サイトマップを見直して改めて送信しましょう。

リンク

リンクは、主に、被リンクや内部リンクの数をチェックしたり、リンク元のページURLを確認するために使います。
このリンク機能を使うには、メニューから「リンク」をクリックします。
すると、”外部リンク”と”内部リンク”の状況がそれぞれ確認できます。
“外部リンク”では、「外部リンクの総数」「上位のリンクされてるページ」「上位のリンク元サイト」「上位のリンク元テキスト」がわかります。
“内部リンク”では、「内部リンクの総数」「上位のリンクされているページ」がわかります。

サーチコンソールの「リンク」機能の使い方①

各セクションで「詳細」をクリックすれば、より多くのリンク情報が閲覧できます。

サーチコンソールの「リンク」機能の使い方②

例えば、”外部リンク”の「上位のリンクされているページ」の詳細では、「外部リンクの総数」とターゲットページの参照リンク数(被リンク総数)やリンクしてるサイト数(被リンクドメイン数)がわかります。
そして、そのリンク情報のエクスポートもできます。

ウェブに関する主な指標

ウェブに関する主な指標は、サイト速度のステータスをチェックするために使います。
このウェブに関する主な指標を使うには、メニューの拡張から「ウェブに関する主な指標」をクリックします。
すると、速度のパフォーマンスが、モバイルとPCでそれぞれURL単位でわかります。
もう少し言うと、モバイルとPCでそれぞれ「不良URL」「改善が必要なURL」「良好URL」の数が把握できます。

サーチコンソールの「ウェブに関する主な指標」機能の使い方①

例えば、モバイルで「レポートを開く」をクリックすると、詳細のステータスがわかります。
そして「改善が必要」をクリックすれば、該当のページURLが確認できます。
そのページURLをもとに、読み込み速度の改善ができるというわけです。

サーチコンソールの「ウェブに関する主な指標」機能の使い方②

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティは、主に、モバイルフレンドリーのチェックに使います。
このモバイルユーザビリティを使うには、メニューの拡張から「モバイルユーザビリティ」をクリックします。
すると、「エラー」と「有効」それぞれのURLの数がわかります。

サーチコンソールの「モバイルユーザビリティ」機能の使い方①

また、下部の詳細では、細かいステータスが確認できます。
例えば、エラーの内容やそのエラーの該当ページURLまで確認できます。
なので、その内容をもとにエラーを修正して、改善することが可能というわけです。

メッセージ

メッセージは、検索パフォーマンスの問題を全体的に確認するために使います。
このメッセージを使うには、上部のメニューから「ベルマーク」をクリックします。(※届いてる通知の数が赤く表示されます。)

サーチコンソールの「メッセージ」機能の使い方①

すると、横からスライドして、メッセージが表示されます。
例えば、カバレッジやサイトマップなどの検索パフォーマンスに関する通知がまとめて確認できます。

サーチコンソールの「メッセージ」機能の使い方②

ちなみに、通知をクリックすれば、その通知に関する問題の解決方法や、詳細について確認できます。

まとめ:サーチコンソールをSEOに活かそう

サーチコンソールを活用して、SEO対策を進めましょう。
そのためには、ここで紹介したような主要機能を使って、エラーなどの問題点を確認することが重要です。
そして、その問題点に該当するページURLをピックアップして、コンテンツを改善しましょう。

そうすれば、品質の高いページ増えてサイトの質が高まるので、Googleに評価されやすくなります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら