SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

サイトマップとは?作成方法について

サイトマップとは、検索エンジンにWebページの認識を促すことができるファイルで、重要なWebページをより確実にインデックスさせるのに役立ちます。
とくに重要となるXMLサイトマップ(sitemap.xml)を設置して、良質なWebページがしっかりGoogleの検索エンジンに認識されるように促すことが、ホームページの運用、そしてSEOにおいて重要となります。

また、XMLサイトマップ(sitemap.xml)だけでなく、もう一方のHTMLサイトマップ(sitemap.html)も適宜必要なファイルとなり、主にユーザー向けにWebページの認識を促すための重要なファイルとなります。
なので、XMLサイトマップとHTMLサイトマップの2つのサイトマップを使い分けながら、サイトパフォーマンスを高めていくことが、SEOの基本となります。

この点踏まえて、今回は、サイトマップの定義やSEO効果、Google推奨のsitemap.xml(XMLサイトマップ)作成方法について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

サイトマップとは?作成方法について

サイトマップとは?

サイトマップは、大きくXMLとHTML形式の2つがあり、 検索エンジン向けとユーザー向けに用途が分かれる

サイトマップとは、ホームページ内の各Webページ(ブログ記事)を検索エンジンに認識させやすくするためのファイルのことで、主にXMLサイトマップ(クローラビリティの向上が目的のサイトマップ)のことを指します。
サイトマップは、XMLサイトマップだけでなく、ユーザー向けにサイト内のWebページを網羅的に認識させることができるHTMLサイトマップ(ユーザビリティの向上が目的のサイトマップ)もあります。

このような2つのサイトマップを適宜使い分けて、サイト内の重要なWebページをうまく認識させることがホームページ運用において重要となります。

sitemap.xml(XMLサイトマップ)とは?

sitemap.xml(XMLサイトマップ)とは、検索エンジン向けにサイト内のWebページを認識させるためのファイルです。
Google公式サイトでは、以下のように定義されてます。

サイトマップとは、サイトのウェブページのリストを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。
※引用元:サイトマップについて – Search Console ヘルプ

基本的に、ホームページを構成する各ページのURLや最終更新日などの要素を、それぞれXMLタグでマークアップすることでXMLファイル(sitemap.xml)が完成します。
このXMLファイル(sitemap.xml)をサーバー上に用意することで、ホームページにクローラーを呼び込み、検索エンジンへのインデックスを促進する効果が期待できます。

XMLファイル(sitemap.xml)のサイズや指定できるURLの数に制限があり、Google公式サイトで以下のように定義されてます。

1 つのサイトマップにはサイズが 50 MB(圧縮しない状態で)以下、URL が 50,000 件以下という制限があります。
※引用元:サイトマップを作成、送信する – Search Console ヘルプ

このようにGoogleでサポートされ、以下のよう公式に推奨されてるサイトマップ形式が、XMLファイル(sitemap.xml)となります。

Google は標準のサイトマップ プロトコルをサポートしています。また、動画、画像、ニュースの各リソース用の XML 拡張機能もサポートしています。
※引用元:サイトマップを作成、送信する – Search Console ヘルプ

HTMLサイトマップとは?

HTMLサイトマップとは、ホームページを訪問したユーザー向けにサイト内にどんなWebページがあるかを網羅的に認識させるためのファイルです。
また、HTMLサイトマップファイル(sitemap.html)へのリンクを重要なページに設置します。
そうすれば、クローラが巡回するので、HTMLサイトマップ(ナビゲーションページ)に書かれたサイト内の各ページURLをGooglebotが発見しやすくなります。
結果的に、サイト内の各ページへのクローラビリティが高まって、より検索エンジンに認識されやすくなるでしょう。

このように、基本的には、訪問したユーザー向けにサイト内のWebページの存在を伝えるためのファイルがHTMLサイトマップですが、検索エンジン向けに役立つファイルでもあります。

これに関連して、Google公式に以下のように言及してます。

ユーザー向けにナビゲーション ページを用意し、検索エンジン向けにサイトマップを作成する
ユーザー向けにサイト全体の(数千から数万ページある場合は最も重要なページ群の)簡潔なナビゲーション ページを用意します。検索エンジンがサイトの新しいページや更新されたページを検出できるように、XML サイトマップ ファイルを作成して、すべての関連 URL のリストをまとめて掲載し、主要なコンテンツの最終更新日を記載します。 ※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ「ユーザーにとってシンプルなナビゲーション ページを作成する」

サイトマップのSEO効果について

サイトマップを活用して、検索エンジンとユーザーに 良質なサイト(Webページ)をより確実に認識させることで 最終的にSEO効果が見込める

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの両方とも重要なファイルですが、SEO観点においてXMLサイトマップはとくに欠かせないファイルとなります。
なぜかというと、サイト状況によってWebページが検索エンジンにしっかり認識されずにちゃんと評価されない可能性があるからです。
もう少し言うと、とくにリンクが少ないサイトや新規サイトでは、クローラービリティが低いため、作成したWebページがクロールされずに検索エンジンにインデックスされないことが起こりえます。

つまり、良質なWebページを作ったのに、そのWebページがクロールされずらいため検索エンジンに最新のコンテンツがなかなかインデックスされず検索順位がうまく付かない状態になってしまうということです。

このような状況を防ぐために、XMLサイトマップの設置が効果的となります。
設置したXMLサイトマップにより、サイト内の各Webページへのクロールが促進されるので、それらのWebページが検索エンジンにインデックスされやすくなります。
結果的に、良質なWebページを提供すれば、そのWebページがインデックスされやすくなるので、検索順位も付きやすくなりSEO効果が見込めるというわけです。

GoogleはXMLサイトマップの「URL」と「最終更新日(lastmod)」を気にする

XMLサイトマップに記述できる要素はいくつかあるがその中でも、「URL」と「最終更新日(lastmod)」の要素を気にするとGoogleのジョン・ミュラー氏が言及してます。

翻訳:
サイトマップファイルの頻度や最後の変更についてはどうですか?
ジョンミュラー氏の返答:URL +最終変更日は、websearchについて気にするものです。

つまり、GoogleはXMLサイトマップの優先度フィールドについてあまり気にしていないが、URLと最終更新日は気にかけているということです。

このことから、ページのURLに付随して「最終更新日(lastmod)」要素を表記したXMLサイトマップをGoogleに送信しておくことがSEOにおいて大切と言えそうです。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

サイトマップのメリットについて

サイトマップのメリットは、 サイトパフォーマンスを高めてSEO効果生み出す点

先述でも少し触れてますが、サイトマップがあることでユーザーや検索エンジンにサイト内のあらゆるWebページをより確実に認識させることができます。
なので、良いコンテンツを提供してそのコンテンツをインデックスさせれば、その分Googleに評価されて、検索上位化が期待できます。

このように、サイトのパフォーマンスを高めて良いSEO効果を生み出す点がサイトマップの最大のメリットと言えます。

サイトマップの必要性について

サイトマップを設置しなくても、通常、GoogleのクローラーはほとんどのサイトのWebページを検出します。
これが、サイトマップが不要ではないか?と言われる理由です。
ですが、Webページの数が膨大な大規模サイトやリンク構造が複雑なサイトなどは、クローラビリティの低下が懸念されます。
こうしたサイトの場合は、サイトマップを設置する必要性が高いです。

  • サイトのサイズが非常に大きい
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない
  • サイトに動画や画像などのリッチメディア コンテンツが多数含まれている、またはサイトが Google ニュースに表示されている

※引用元:サイトマップについて – Search Console ヘルプ

こうしたサイト状況であれば、サイトマップを積極的に設置して、サイトのクローラビリティを高めましょう。

サイトマップの基本構造について

XMLサイトマップの構造は、基本的に親ファイルと子ファイルから構成される

サイトマップでは、とくにXMLサイトマップの基本構造を理解しておくことがサイト運用において役立ちます。

XMLサイトマップの構造は、大きく2つのファイルから構成されており、親ファイルと子ファイルの2つに分かれます。
構造を理解する上でのポイントとなるのが子ファイルであり、この子ファイルの有無で記述するXMLタグが変わってくるため、基本構造も変わってきます。

これは、サイトのディレクトリ構造をイメージするとわかりやすいです。
例えば、通常サイトのディレクトリ構造は、トップページがあり、その下層にディレクトリファイルがあります。
これと同様に、トップページが「親ファイル(sitemap.xml)」であり、下層のディレクトリファイルが「子ファイル」に当たります。

この子ファイルには以下のようなものがあり、これら子ファイルが存在するか否かで、XMLサイトマップの基本構造が変わってくるというわけです。

※ファイル名はわかりやすく書き換えたものなので、FTP上に実在するファイルではありません。

また、親ファイルと子ファイルとでは、利用するXMLタグも異なります。

このような基本形があることを念頭にXMLサイトマップが存在することを認識しておきましょう。

ちなみにXMLサイトマップは、プラグインや手動作成により生成することが多いですが、これらの作成過程の違いにより、sitemap.xmlの記述内容が異なる場合があります。
とくに、サイト内に数十、数百のWebページあるのに、子ファイルが存在せず、たった数行のページURLのみ記載されてるだけのXMLサイトマップであれば、うまくクロール促進が出来てない可能性があります。
なのでこのような場合は、内容を見直して、網羅的にサイト内のページURLがクローラーに認識されるようなXMLサイトマップに改善する必要があります。

重要なのは、サイト内のWebページが網羅的にクロールできるURLが記載されたXMLサイトマップ構造にすることです。
このような構造にするために、基本的なサイトマップの作成方法をこれから紹介していきます。

不要となったGoogleサポート外のXMLサイトマップ生成ツールについて

サードパーティとして提供してたXMLサイトマップ生成ツールはもはや不要であることを、Googleのジョン氏がTwitter上で言及してます。

翻訳:
まだXMLサイトマップを使用していますが、サードパーティのXMLサイトマップジェネレーターのリストは廃止されましたか?

それは非常に長い間古くなってきた-ほとんどのCMSは今日、良いプラグインまたはネイティブ実装を持っています。ほとんどの場合、サードパーティのツールは必要ありません。

このことから、Googleが独自に提供してた複数のXMLサイトマップ生成ツールは、Google Codeプロジェクトの廃止に伴いもはやサポートされてないのが現状です。
※参考:Google Code Archive – Long-term storage for Google Code Project Hosting.

この現状を踏まえて不要であり、CMSなどでサポートされてるプラグインや手動でのXMLサイトマップ実装をGoogleが推奨してるということです。

ちなみに、Googleがサポートしてない複数のXMLサイトマップ生成ツールが掲載されたページ自体は存在しており、確認することも可能です。

サイトマップの作成方法について

サイトマップは、XMLもしくはHTMLのいずれかの形式で作成します。
なので、先述したように検索エンジン向けに作成する場合は「XML形式」、ユーザー向けに作成する場合は、HTML形式のサイトマップを作成しましょう。

基本的には、「XML形式」「HTML形式」の両方のサイトマップを作成することをお勧めします。

sitemap.xml(XMLサイトマップ)の作成方法(書き方)【Google推奨】

sitemap.xml(XMLサイトマップ)を作成するには、基本的に、Googleが公式に言及してる記述形式を参考にします。
また、sitemap.xmlを生成できる専用のツールを活用したり、WordPressで構築したサイトであれば、専用のプラグインを導入してXMLサイトマップを作成することができます。
そして、作成したsitemap.xmlファイルを本番環境にアップロードし、アップロード先のURL(XMLサイトマップURL)をサーチコンソールから送信しておきましょう。

基本的な書き方・記述について

Googleが推奨するsitemap.xml(XMLサイトマップ)の基本的な作成方法として、以下のような書き方・記述が例として紹介されてます。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
<url>
<loc>http://www.example.com/</loc>
<lastmod>2005-01-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url>
</urlset>
※引用元:sitemaps.org – プロトコル

上記のよう、 先頭の記述でUTF-8エンコードを宣言し、続けて専用のXMLタグを記述しながら、sitemap.xml(XMLサイトマップ)ファイルを作成する必要があります。
「urlset」「url」「loc」は、記述必須のXMLタグです。
その他オプションとして、「lastmod」「changefreq」「priority」のXMLタグが使用できます。

使用できるXMLタグ
▼記述必須
<urlset> 全体を囲むタグで、現在のプロトコル標準を参照。
<url> 各 URL エントリの親タグ。
<loc> ページのURLを記述。

▼オプション
<lastmod> ファイルの最終更新日。
<changefreq> ページの更新頻度。
<priority> URL の優先度。0.0 から 1.0 までの値が指定できる
※引用元:sitemaps.org – プロトコル

XMLタグを手動で記述し、ファイルの拡張子を(.xml)とすればファイル作成できますが、ツールやプラグインを活用し、自動化してsitemap.xml(XMLサイトマップ)を作成・運用することが好ましいです。
とくに、WordPressを使ったサイトでは、プラグイン「Google XML Sitemaps」が導入できるので、もっとも簡単に作成でき、効果的にsitemap.xml(XMLサイトマップ)運用できます。

ツールを使って作成する

ツールを使うことで、手間をかけずにsitemap.xml(XMLサイトマップ)を作成することが可能です。
「sitemap xml editor」や「sitemap xml generator」といったツールが有名で、以下それぞれ使い方を紹介したいと思います。

「sitemap xml editor」の使い方

①「sitemap xml editor」のサイトにアクセス後、URLを入力し、「サイトマップ作成」ボタンをクリックします。

最終更新日(lastmod)やサイトの更新頻度(changefreq)、URLの優先度(priority)などにチェックを入れることで、XMLサイトマップにオプションを反映させることが可能です。
最大1,000URL取得可能ですが、それ以上URLが存在する場合は、「除外ディレクトリ」を指定した方がよさそうです。
指定した除外ディレクトリは、個別にsitemap.xmlを作成しましょう。

「sitemap xml editor」の使い方①

②作成中画面が表示され、サイト内のURL数がどんどんカウントされます。

「sitemap xml editor」の使い方②

③作成完了後、「sitemap.xml」のリンクをクリックすれば、XMLサイトマップがダウンロードできます。

「sitemap xml editor」の使い方③

サイト内の注意書きにもありますが、最終更新日(lastmod)がうまく取得できないケースがあるようです。

「sitemap xml generator」の使い方

①「sitemap xml generator」のサイトにアクセス後、URLを入力し、「Start」ボタンをクリックします。

「Change frequency(サイトの更新頻度)」「Last modification(最終更新日)」「Priority(URLの優先度)」が指定でき、オプションとしてXMLサイトマップ(sitemap.xml)に反映できます。
最大500URLまで取得可能です。

「sitemap xml generator」の使い方①

②作成中画面が表示され、サイト内のURL数がどんどんカウントされます。

「sitemap xml generator」の使い方②

③作成完了後、「sitemap.xml」のリンクからXMLサイトマップがダウンロードできます。
また、下部に別途生成されるXMLサイトマップ(sitemap.xml)のコードを参照することも可能です。

「sitemap xml generator」の使い方③

こちらでは、最終更新日(lastmod)の値がすんなり取得できました。

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」を使って作成する

WordPressでサイト運営し、sitemap.xml(XMLサイトマップ)の導入を検討してる場合、Google XML Sitemaps」専用プラグインが便利です。

Google XML Sitemapsは、sitemap.xml(XMLサイトマップ)を自動で作成し、送信してくれる優れモノです。
はじめだけ、サーチコンソールから送信しておく必要があります。
その後はGoogle XML Sitemapsプラグインの設定をしておくことで、サーチコンソールと連携し自動で最新のXMLサイトマップを送信してくれます。

実際に、Google XML Sitemapsプラグインの導入方法を以下簡単に紹介したいと思います。

①WordPressの管理画面メニュー「プラグイン」の「新規追加」>「Google XML Sitemaps」で検索し、「今すぐインストール」ボタンをクリックし、「有効化」しましょう。
インストールの際、FTP情報の入力が必要となります。

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の簡易導入方法①

②インストール後、WordPress管理画面左メニューから「インストール済みプラグイン」>Google XML Sitemapsの「設定」をクリックします。

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の簡易導入方法②

③取り急ぎ作成したい場合は、「your sitemap」のリンクをクリックすることで、仮想のXMLサイトマップが作成されます。
プラグインのバージョンが変わり、サーバー上にファイル(sitemap.xml)が存在しない形式となりますが、ちゃんと http://●●●.jp/sitemap.xml といったURLでアクセスできます。
初めて作成した場合、仮想のURLをサーチコンソールから通知しておきましょう。その後は、設定することで自動更新されるようになります。

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の簡易導入方法③

④基本的な設定では、以下にチェックを入れることで、このプラグインの魅力が最大限に引き出せます。
とくに一番上の項目「Notify Google about updates of your site」にチェックを入れ、GoogleにXMLサイトマップ(sitemap.xml)を自動通知する設定にしておきましょう。
つまり、このチェックを入れておけば、サーチコンソールからサイトマップを都度送信する手間が省けます。

その他は、XMLタグのオプション「Change frequency(サイトの更新頻度)」「Last modification(最終更新日)」「Priority(URLの優先度)」や、対象のコンテンツなど中心に設定しておくとよいと思います。
設定が一通り終わったら、ページ下部の「設定を更新」ボタンをクリックすれば完了です。

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の簡易導入方法④

設定した内容が反映されてるか、実際に http://●●●.jp/sitemap.xml といったURLにアクセスして、XMLサイトマップを確認してみるといいと思います。

また、サーチコンソールのサイトマップ機能から、認識状況(処理日やインデックス登録済などの項目)を確認してみましょう。
「処理日」が最新だったり、「インデックス登録済み」が増えてれば、うまく「Google XML Sitemaps」プラグインが動き、サーチコンソールから最新のXMLサイトマップが自動で送信されてるはずです。

作成したsitemap.xml(XMLサイトマップ)をサーチコンソールから送信する

作成したsitemap.xml(XMLサイトマップ)をサーチコンソールから送信し、既存のページURLや新しいページURLを定期的にクロールしてもらうことが大切です。
そうすることで、最新のサイト状況を検索エンジンへ認識(インデックス)させる手助けとなります。

ちなみに、被リンクや内部リンク、サイトマップが無いサイトは、リンク構造の貧弱さから重要なページがうまく認識されてない可能性も考えられます。
こうした状況を回避してリンク構造を強化するために、まずはXMLサイトマップを作成して、そのXMLサイトマップをサーチコンソールから送信しておくことをお勧めします。

HTMLサイトマップの作成方法(書き方)について

HTMLサイトマップを作成するには、基本的に、サイト内の各ページへのリンクリストをHTMLタグでマークアップしたHTMLファイルを作成します。
また、WordPressでサイト構築してる場合は、専用のプラグインを導入することで簡単にHTMLサイトマップが作成できます。

HTMLサイトマップは、基本的に、HTMLタグのリストタグ(ulタグ/liタグ)でマークアップして、サイトのリンク階層構造をイメージしながら作成します。

このように、サイト内で管理してる各ページのタイトル名をアンカーテキストとしてリスト状にマークアップしていきます。
そして、あるカテゴリに属したページであれば、リストタグで入れ子にして、マークアップしましょう。
そうすれば、各ページの属性が見た目でわかりやすいので、ユーザーの利便性の向上につながります。
こうして、サイト内の各ページへのリンクをわかりやすくリスト化してマークアップすることが、HTMLサイトマップ(sitemap.html)を作成するための基本的な記述方法となります。

また、WordPressでサイト構築してる場合は、「PS Auto Sitemap」などの専用のプラグインがいくつか用意されてます。
このようなプラグインをインストールして導入すれば、簡単にHTMLサイトマップが作成できます。

まとめ

サイトマップをうまく活用して、SEO効果を高めましょう。

SEO効果を最大限引き出すには、サイトマップの設置以外にも対策が必要です。
例えば、まず、1ページに対して1キーワードを選定します。
そして、選定した1キーワードにおけるユーザーの検索意図やユーザーの求める情報の量(網羅性)、手に入れやすさ(簡便性)、信憑性、独自性を考慮して良質なページを作成しましょう。

こうした良質なページを増やして、専門性や権威性、ユーザビリティを加味したより信頼できるサイトにすることが、SEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら