SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

パンくずリストとは?意味と正しく設定する方法について

パンくずリストを正しく理解して設置していますか?

この“パンくずリスト”とは、その名の通り現在サイト内のどのページを閲覧しているのか?といったユーザーの利便性・ユーザビリティにも役立つ要素で、トップページから現在地までの階層を示すものです。

他にもパンくずリストにはリンクを設置することによって内部リンクにもなるため、しっかりとしたカテゴライズやキーワードを含むわかりやすいものが望ましいとされています。(あくまで自然に)

特に最近では見ないページがないというくらいこの“パンくずリスト”を設置していますので、ページの見せ方として必須要素と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、必ずしも上部に設置しなければいけないというわけでもなく、デザインの関係上検索エンジンに認識してもらう方を優先させて敢えて下部に設置しているページも少なくありません。

つまりこの“パンくずリスト”とは、訪問ユーザー・検索エンジンに対してそれぞれの役割があり、まずはコンテンツを見てもらう・読み進めてもらうことが大前提ですのでデザインとして目立たせるものではなく、上部に設置するのなら控え目に・さり気なく、そしてわかりやすく設置するべきです。

では、今回はこのWebページに設置する“パンくずリスト”について意味や効果、構造化データを用いた作り方などについてご説明したいと思います。

パンくずリストとは?作り方について

パンくずリストとは

パンくずリストとは、現在閲覧中のページに該当する階層やカテゴリーを訪問ユーザーや検索エンジンに正しく伝えるもので、ぱっと見ただけで現在サイト内のどのページを閲覧していて、それがどういったテーマのコンテンツなのか?といったページの内容を理解してもらうためのものです。

そして、パンくずリストを設置する場合は以下の通りトップページから現在のページまでの経路をわかりやすくリンク付きで表示することが基本となっています。

パンくずリストとは?

もちろん、このパンくずリストとはクリックしてサイト内を回遊してもらうことが目的ではありませんので、そもそもグローバルメニューにも気を配り、使いやすいUIを心がけることも大切です。

また、このパンくずリストに現在のページを表示するかどうかで悩むかもしれませんが、根本的にユーザーが迷わない見せ方を選ぶと良いでしょう。(現在のページへのリンクは付ける必要がありませんので、恐らくそこで現在のページであることが伝わるかと思われます。)

特に最近はサイトにランディングしてくるページはトップページとは限りませんので、ユーザビリティを考慮するとパンくずリストはあった方がどんな内容の記事なのかわかりやすいケースが多いため、自然に・あくまでさり気なく表示しておくと良いでしょう。

メリットについて

このパンくずリストを設置するメリットとしては…先ほどもご説明した通りユーザーの利便性、そして検索エンジンに対してどういったサイト構造となっているのか?内部リンクなどを正しく伝えるためのもので、ほぼデメリットはないものと思われます。

ただ、ファーストビューに対して肝心のコンテンツを読みにくくしてしまうほどの見せ方だと問題ありますので、ご自身で様々なページをチェックしてみてどういった見せ方が自然なのか?本来見せたいコンテンツを邪魔しない見せ方なのか?といったユーザビリティを考えてみるとシンプルに限るということが理解できるはずです。

他にも記事によってはカテゴリーを複数選択するケースも珍しくないかと思われます。しかしそういった場合検索エンジンは一番最初に表示されているパンくずリストを優先して認識するため、正しく記述しておきましょう。
参考:パンくずリスト | Google 検索セントラル | Google Developers

つまりこのパンくずリストとは、文字通りトップページからの経路(カテゴリー)を道標として表記し、それぞれにリンクを設置することによって検索エンジンのクローラーにも役立つというものであり、ご自身で管理できる内部対策のひとつでもありますので、カテゴリーの名前も重要視するべきで、メリットしかないということが言えます。

SEOでの効果

上記の通りパンくずリストとは内部リンクとなりますので、少なからずSEO効果があることに間違いありません。しかし、重要だと思われるカテゴリーにキーワードを不自然に詰め込み、内部リンクを集めたとしても効果的ではなく、恐らく検索順位としても良い結果になりません。(小手先の対策は効果的ではないということです。)

そのためカテゴリー名は非常に重要であることはもちろん、サイト構造も同じく重要視するべきで、その上でパンくずリストに内部リンクを設置することによって訪問ユーザー・検索エンジンどちらに対しても見やすいサイト・使いやすいサイトにすることができるというわけです。

ということは、パンくずリストにSEO効果を期待するべきではなく、間接的な効果として正しく設置することがなによりも重要な考え方となりますので、無意味な効果に期待するのは止めましょう。

それよりもユーザーの利便性・サイト構造の把握しやすさを元にパンくずリストを表記してあげた方がクローラーの最適化にも繋がりますし目的のページへ辿りやすくもなり、カテゴリーをまとめた方が専門性も高くなりますから、長い目で見てわかりやすいカテゴライズの方がパンくずリストも効果的と言えるでしょう。

関連記事 この“内部リンク”について詳しくは、こちらの「内部リンクとは?SEOのポイント」もぜひご覧ください。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策の基本知識や上位表示方法など解説

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

ユーザビリティの向上

続いてユーザビリティにも貢献するという点が考えられます。
というのも、ユーザーは検索結果ページに表示されている各ページタイトルやディスクリプションなどを参考に自分が求めているコンテンツを選んでランディングします。その際に何のカテゴリーに該当する記事なのか?といった簡単なヒントにもなり得るためであって、ページ遷移した後はグローバルメニューの一部としても機能することでしょう。

また、単純にパンくずリストをulなどのタグを使用して記述してもうまく表示されない場合があるため、検索結果ページにもパンくずリストを表示させるのであれば、正しく構造化データを用いることをおすすめします。

ちなみに構造化データを使わずにパンくずリストを記述している場合、万が一その前にリストされたコンテンツがあれば検索エンジンはそちらを優先するため正しく表示されません。(この場合URLの階層がパンくずリストとして表示されてしまうケースも珍しくありません。)

そのため、検索ユーザーにとっては検索結果ページとページ遷移した後、この2通りに影響するものであって、検索結果ページならどんなカテゴリーに該当する記事なのか?ぱっと見で判断することができ、ページ遷移した後でも当然サイト内のどのページを閲覧しているのかがわかります。(そのカテゴリーに移動することも非常に簡単ですね。)

クローラーの巡回にも好影響

続いてパンくずリストはリンクも同時に設置するため、内部リンクにもなり、検索エンジンにインデックスするために必要なクローラーの巡回にも役立つという点です。

これは必要以上に内部リンクを設置してしまうとクローラーの最適化とは言えませんし、無駄なクロールをさせていることにも繋がります。そのため、カテゴリーはなるべくシンプルにしておくことが大切で、記事数が多くて目的のページに辿り着けなければサイト内検索を活用してもらうべきでしょう。

というのもクローラーは全てのページを巡回するわけではないという点を理解しておく必要があり、あまりにも複雑なサイト構造だとクローラーが巡回しずらい環境となってしまいます。

これをわかりやすいサイト構造にすることによって様々なカテゴリーに分散してしまう評価をひとつのカテゴリーにまとめることができ、専門性も高まりますし、閲覧ユーザーに対しても利便性の高いサイト構造にすることも可能です。

つまり訪問したページのカテゴリーがひとつの場合、クローラーはそのひとつのパンくずリストだけの巡回で済みますから、そこに該当する各ページもクロールしやすくなります。そういった意味でシンプルな構造の方がクローラーの巡回にも好影響を及ぼすと言えるかと思われます。

パンくずリストの作り方について

パンくずリストの作り方は、様々なページに設置されている通りトップページからの階層をリスト形式(横並び)でページ上部に記述するだけですが、ぱっと見てわかりやすいように以下のような要点がいくつかあります。

  • ウェブアイコンを活用してホームをわかりやすくする
  • 矢印などのアイコンを使用してカテゴリーの親子関係をわかりやすくする
  • 現在のページタイトルを含めるのならリンクはしない

そしてなんと言っても目立たせずにわかりやすくといった点が重要で、あまりにも目立たないのも利便性に欠けますし、目立ちすぎると当然ファーストビューにも影響するため、読み進められない可能性も0ではありません。

そのため、通常はシンプルなテキスト形式でリンクもわかりやすい色・下線付きのデフォルトのもの、もしくはサイトで統一されているcssに合わせる形で十分かと思われます。

記述方法について

検索エンジンは機械的にページを読み取っていくため、そこに何が書かれているのか?わかりやすく伝えるために適宜タグを使い分ける必要があります。(装飾だけでタグを使ってはいけない理由がそれです。)

そのため、パンくずリストをクローラーに正しく伝えるためにはリスト(ulやliを使って)として記述しなければいけません。ただし、それだけで検索エンジンがパンくずリストだと認識する場合もあれば、そうでないケースもあり、間違いなくパンくずリストだと認識してもらうためには後述する構造化データを使ったタグ付けが必要となることを覚えておきましょう。

一見難しそうに聞こえるかもしれませんが、基本的にはリスト化したタグに意味を持たせるといった記述方法となり、サンプルも数多く公開されていますのでぜひ構造化データを導入してみてください。

そして、その構造化データによってパンくずリストを設置するには、schema.orgに定義されているボキャブラリーをシンタックスと呼ばれる方法(Microdata・RDFa・JSON-LD)によってマークアップします。

他にもdata-vocabulary.orgといったスキーマがありますが、こちらは2021年1月29日でサポートが終了となり、サーチコンソールにエラーとして表示されているはずなので、今後新たに導入を検討されている方はschema.orgを使用するようにしましょう。

ちなみにその記述方法については下記のページにサンプルが掲載されていますので、参考にしてみてください。
参考:BreadcrumbList – Schema.org Type

構造化データの実装について

では、実際に構造化データをパンくずリストに実装するにはまず、マークアップ方法を選ぶ必要があり、Googleが推奨するJSON-LD、もしくは多くの方が利用しているMicrodataのどちらかがおすすめです。

違いを簡単に説明すると、JSON-LDはページ内のどこに記述しても問題のないマークアップ方法でスクリプトのように追記するため、元々あるテンプレートなどのhtmlタグを修正する必要がありません。

例えばschema.orgのサンプルを参考にしてみると、以下の通りページ内のどこに記述しても認識され、script内に必要事項を記述していきます。(この例だとトップページは含まれていないようです。)

一方でMicrodataだとhtmlにボキャブラリーをそれぞれのタグにマークアップしていく必要がありますので、多少タグが複雑に見えるかもしれません。

この場合、itemscopeで“ひとつの範囲”を意味し、itemtypeによってどの構造化データを表すのか?該当するURLをschema.orgから探して記述し、さらに入れ子に存在するタグへプロパティを追加するためにitempropを使ってタグ付けしていきます。

そして最後にpositionに階層の順番を入力するといった手順となるわけですが、なかなか理解するのは難しいかと思われますので、サンプルを参考に記述してみて、正しく検索エンジンに伝わっているかどうかを「リッチリザルト テスト」でチェックしてみてください。
※「構造化データ テストツール」といった ツールも公開されていますが、Googleは“リッチリザルト”の方をおすすめしているため、そちらで確認すると良いでしょう。

キーワードを含める

続いてパンくずリストにはキーワードを含めるのが効果的です。
というのも、検索エンジンはリンクを辿ってクロールしていくため、その先にどんなコンテンツがあるのか理解しやすくなることが理由に挙げられ、当然SEOにも効果的と言えるでしょう。

ただし、過度なSEOは逆効果となるたため、無理にキーワードをカテゴリー名に詰め込んでも見るからに不自然ですし、サイトの使い勝手・ユーザビリティにも決して良いとは言えません。

つまり内部リンクは重要ではありますが、それが理由で上位表示できるものではないということで、対策キーワードに内部リンクを集中させても意味がないということを理解するべきです。

そのため、サイト構造はカテゴリー名も考慮した上でなるべくシンプルに設計するということが理想で、どこに何のコンテンツが存在するのかを追求することによってユーザーの利便性にも繋がります。

パンくずリストのチェック方法

上記の通りパンくずリストを構造化データを用いて設置した後は、正しく認識されているかどうか?公開されているツールでチェックしてみましょう。

見た目として設置されていても検索エンジンに正しく伝わらない限り検索結果にも表示されませんし、単純に内部リンクとして認識されてしまいます。(正しく設置したつもりでも検索結果にURLの階層がパンくずリストとして表示されている場合がそれに当たります。)

他にも、すでに公開されているページに関してはサーチコンソールの「URL検査」からもパンくずリストの状況をチェックすることが可能です。
ただし、こちらはインデックスされてから検索エンジンにどう認知されているのか?といったことを意味するため、反映されるまでに若干時間がかかります。

そのため、現状パンくずリストが正しく認識されているか確認するためには、「リッチリザルト テスト」もしくはサーチコンソールからということになるので、定期的にチェックしてみると良いかと思われます。

また、このパンくずリストは順位上昇といったSEOに直接関係ありませんが、間接的に効果的な要素のひとつでもありますし、何よりユーザビリティ・クローラビリティどちらにも役立つため、設置するのであれば正しい方法で記述しておきましょう。

まとめ

ということで今回はランディングしたユーザーがサイト内のどのページを閲覧しているのか目印になるもので、内部リンクにもなり得る“パンくずリスト”について詳しくご説明しました。

このようにパンくずリストとはユーザー・クローラーどちらに対してもメリットしかありませんので、検索結果ページに表示させるためにも構造化データを用いてリスト形式で設置しておきましょう。

この辺りを意識することでわかりやすいサイト構造にも繋がりますし、カテゴリーが絞られて専門性の高さにも良い影響を与えます。

そのため、細分化されたサイト構造よりもカテゴリーは簡潔にしておき、どうしてもアーカイブしておきたい内容の記事群があればタグもうまく活用するとパンくずリストにも影響しませんので、うまく使い分けてみると良いかと思われます。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する
SEO対策無料ご提案はこちら