SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

【SEO情報】SEO最新情報やニュースがチェックできるサイトまとめ

SEO情報をチェックするには、主に、SEOに関連する最新情報やニュース、SEO対策のテクニック、Google検索アルゴリズムの動向などを紹介してる専門的なサイト(ブログ)を活用します。
専門的なサイトを活用すれば、いち早く有益なSEO情報を仕入れて、効果的なSEO対策を行うことができます。
結果的に、自身のサイトの質が上がりやすくなるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

一方、SEO情報を仕入れなければ、日々変化し続ける検索アルゴリズム対応できない可能性があります。
例えば、新たな検索アルゴリズムのアップデートがあったのにも関わらず、SEO情報を仕入れてないため、アップデートについて無知だったとします。
この場合、検索アルゴリズムとずれた対策を推し進めれば、自身のサイトの質が低下して、Googleに評価されづらくなる可能性があるということです。

こうした状況を回避するためにも、Googleの公式コンテンツと合わせて、定期的にSEO情報をチェックするためのサイトをいくつか確保しておくことが重要となります。

この点踏まえて、今回は、SEOの最新情報やニュースがチェックできるおすすめのサイトについて中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

【SEO情報】SEO最新情報やニュースがチェックできるサイトまとめ
目次
  1. SEO情報とは?
  2. SEO情報が総合的にチェックできるサイト
    1. 国内(日本語)サイト
      1. 海外SEO情報ブログ
      2. Web担当者Forum – 企業Webサイトとマーケティングの実践情報サイト – SEO/SEM アクセス解析 CMS UXなど
      3. SEO Japan|アイオイクスのSEO・CV改善・Webサイト集客情報ブログ
      4. バズ部
      5. ナイルのSEO相談室 – ナイル株式会社 SEOサービス&SEO情報
      6. SEOラボ
    2. 海外(英語)サイト
      1. Search Engine Roundtable ::: The Pulse Of The Search Marketing Community
      2. Search Engine Land – News On Search Engines, Search Engine Optimization (SEO) & Search Engine Marketing (SEM)
      3. Search Engine Journal – SEO, Search Marketing News and Tutorials
  3. Google検索の順位変動情報がチェックできるサイト
    1. 国内(日本語)サイト
      1. Google順位変動とパンダアップデート、ペンギンアップデート対策情報|namaz.jp
      2. 検索エンジン変動率一覧 | SEO研究所サクラサクラボ
    2. 海外(英語)サイト
      1. SEMrush Sensor – Google’s rank and algorithm tracking tool | SEMrush
      2. MozCast – The Google Algorithm Weather Report
      3. Search Engine Fluctuation Charts | SERPmetrics
  4. SEO情報がチェックできるGoogle公式サイト(コンテンツ)
    1. ブログ、フォーラム(コミュニティ)
      1. Googleウェブマスター向け公式ブログ [JA]
      2. Googleウェブマスターコミュニティ
    2. ガイドライン
      1. 検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド
      2. ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
      3. General Guidelines [Google検索品質評価ガイドライン]
    3. ソーシャルアカウント
      1. Google SearchLiaison(@searchliaison)
      2. Google Webmasters(@googlewmc)
  5. まとめ

SEO情報とは?

検索結果でWebサイトを上位表示させたり、 より多く露出するための一連の取り組みに関する 情報のことをSEO情報と呼ぶ!

SEO情報とは、インターネット検索結果でWebサイトを上位表示させたり、より多く露出するための一連の取り組みに関する情報のことです。
ちなみに、SEOは、Search Engine Optimization の略であり、「検索エンジン最適化」のことを意味します。
つまり、検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけるために必要な情報のことがSEO情報となります。

また、検索エンジンは、Google、Yahoo、Bingなどさまざまあります。とくに、Googleは、世界でシェア率が最も高い検索エンジンです。
つまり、利用する検索ユーザーが最も多いGoogleの検索エンジンで、Webサイトを上位表示させたり、より多く露出することが重要です。
なので、主にGoogleの検索エンジンに関するSEO情報をチェックすることが基本となります。

SEO情報が総合的にチェックできるサイト

日本国内のみならず海外のサイトも活用して、 総合的にSEO情報をチェックしよう!

SEO情報が総合的にチェックできるサイトは、日本国内のみならず海外にもあります。
日本国内であれば、言語が日本語なので読みやすく内容が理解しやすいです。

一方、海外であれば、言語が英語を中心としたサイトが多いので、基本的に翻訳してから読んで内容を理解する必要があります。
なので、SEO情報を手に入れるのに、ひと手間かかります。
ですが、海外のサイトは、有益かつ最先端なSEO情報が手に入りやすいので、定期的にチェックしておきたいところです。

国内(日本語)サイト

国内(日本語)サイトで、とくにチェックしたいのが海外SEO情報ブログです。
これ以外にも、有益なSEO情報がチェックできる専門的なサイトがあるので、厳選して紹介したいと思います。

海外SEO情報ブログ

海外SEO情報ブログ

海外SEO情報ブログ

海外SEO情報ブログは、SEOを中心にコンバージョン率アップやユーザーエクスペリエンス最適化、アクセス解析をテーマにしたブログサイトです。
このブログは、Googleウェブマスターヘルプフォーラムのトップレベルユーザーでもあり、かつ、Google社員とのつながりもある鈴木さんが自ら運営して、ブログ記事を投稿してます。
なので、Google検索のSEOに関する有益な情報をもとにした確かな記事を見ることができます。

また、速報とまではいかないですが、ニュース記事系のものが多いので記事の更新頻度も高めです。
なので、Google検索のSEOに関する最新情報をいち早く手に入れることができます。

ちなみに、鈴木さんは、SEO業界でもっとも有名な人物の一人で、パイオニア的な存在です。

このように、運営者の知名度が高く、確かなSEOノウハウを得ることができるので、国内においてより信頼できるSEO情報サイトと言えるでしょう。

Web担当者Forum – 企業Webサイトとマーケティングの実践情報サイト – SEO/SEM アクセス解析 CMS UXなど

Web担当者Forum - 企業Webサイトとマーケティングの実践情報サイト - SEO/SEM アクセス解析 CMS UXなど

Web担当者Forum

Web担当者Forumは、ウェブサイトの企画・構築・運営・技術・マーケティングに関する情報が集まったサイトです。
こうした情報の中で、SEOを扱った有益な情報を配信してます。
もう少し言うと、海外の有名なSEO会社や、Google社員が言及した内容を翻訳してまとめた有益なSEO情報を配信してます。
さらに、Webマーケティング関連の企業が寄稿して、SEOのセミナーやテクニックなどの情報も配信してます。

このように、Web担当者Forumでは、基本的に、Webサイトに関するテーマで幅広いジャンルのコンテンツを配信してますが、SEOに関する情報の更新頻度が高いです。
なので、Google検索のSEOに関する有益な最新情報をいち早く手に入れることができます。

SEO Japan|アイオイクスのSEO・CV改善・Webサイト集客情報ブログ

SEO Japan|アイオイクスのSEO・CV改善・Webサイト集客情報ブログ

SEO Japan|アイオイクスのSEO・CV改善・Webサイト集客情報ブログ

SEO Japanは、アイオイクス株式会社が運営するWebマーケティングメディアで、SEO・CRO(コンバージョン改善)を中心としたWebマーケティングに関するサービスや実績・実例を紹介したり、最新情報をブログで提供してます。
とくに、最新情報を提供するブログでは、海外の有益なSEO情報をわかりやすく翻訳した内容中心に記事投稿してます。
なので、英語が読めずに、有益な海外のSEO情報の閲覧を断念してる方には、重宝できるブログです。
また、英語の記事を読んでいても、たまに有益な海外SEO情報を見落とすことがあります。
そんなときに、SEO Japanのブログを見返すと、見落としてたテーマの翻訳記事を発見できることがあるので、かなり役立ちます。

ちなみに、速報などのニュース記事をメインに扱うメディアではないので、更新頻度そこまで高くありません。(※更新頻度は、1、2週間に1記事程度)

バズ部

バズ部

バズ部

バス部は、会社経営者、Webの担当者や個人事業主の方々に役に立つコンテンツを提供するメディアです。
このメディアでは、Webマーケティング、コンテンツマーケティングに関するSEO成功事例を公開したり、SEO情報のブログを配信してます。
とくに、SEO情報のブログでは、主に、SEOに関するテクニック(基礎知識/内部対策/外部対策/コンテンツSEO)をテーマにした質の高い記事が豊富にあります。
こうしたSEOに関する質の高い記事を流行前からいち早く提供してたことでも有名で、今でも多くのユーザーに支持されてるサイトです。
なので、SEOのテクニック論で有名なサイトと言えば、まず「バズ部」が出てくるというわけです。

このように、バズ部は、SEOの基礎から実践方法までの確かなSEOテクニックがチェックできる有益なSEO情報サイトと言えます。

ナイルのSEO相談室 – ナイル株式会社 SEOサービス&SEO情報

ナイルのSEO相談室 - ナイル株式会社 SEOサービス&SEO情報

ナイルのSEO相談室 – ナイル株式会社 SEOサービス&SEO情報

ナイルのSEO相談室は、コンサルティングサービスやSEO事例、SEOの考え方や最新情報など、SEO関連の役立つ情報を配信してます。
とくに、SEOの考え方や最新情報を中心に配信するブログでは、ゼロから基本を学ぶための基礎知識や実務者向けのQ&Aコンテンツ、用語集などの専門的な情報が盛りだくさんです。
また、SEOと関わりが深いサイト運用、コンテンツマーケティングを視野に入れた記事投稿も行ってます。

ちなみに、ナイルの役員である土居さんが著した「10年つかえるSEOの基本」というSEO書籍も出版してます。
なので、サイトのみならず、本からも有益なSEO情報を得ることができます。

SEOラボ

SEOラボ

SEOラボ

SEOラボは、SEOの基礎知識から実践方法、検索アルゴリズムに関する専門的な情報を定期的に配信するブログサイトです。
もう少し言うと、Google公式情報や独自の実験・データ分析を考慮して、初心者にもわかりやすくSEOに特化したブログ記事を配信してます。
また、ブログだけでなく、Twitterでは、SEOの最新情報をニュース速報形式でこまめにつぶやいてます。

このように、SEOラボでは、SEOのテクニックや最新情報を網羅して、Googleに評価されやすいサイトにするための役立つ情報を得ることができます。

ちなみに、当ブログ「SEOラボ」を運営する株式会社ディーボでは、代表「藤沢 竜志」による執筆で「即実践! SEO対策」をリリースしてます。
なので、サイトのみならず、本からも有益なSEO情報を得ることができます。

上位表示させるための基本的対策をご紹介しています。

関連記事

【SEOとは?】SEO対策で上位表示する方法について

検索順位に悩んでいませんか?狙ったキーワードで上位表示させるためには基本的な対策に加え、検索意図に合致したコンテンツが必要となります。これらは…

続きを見る

海外(英語)サイト

海外(英語)サイトで、とくにチェックしたいのがSearch Engine Roundtableです。
これ以外にも、有益なSEO情報がチェックできる専門的なサイトがあるので、厳選して紹介したいと思います。

Search Engine Roundtable ::: The Pulse Of The Search Marketing Community

Search Engine Roundtable ::: The Pulse Of The Search Marketing Community

Search Engine Roundtable

Search Engine Roundtableは、Google社員がメディアで言及した内容を中心に、Google公式ソースをもとにしたSEO関連情報を提供するブログサイトです。
このブログを運営してるバリー・シュワルツ氏は、Google社員との付き合いが深いです。
なので、他では手に入らない独自のGoogle検索における知識を踏まえた、有益なSEO情報をブログ記事として公開してくれます。

また、SEOの最新情報をニュース速報形式で配信するので、更新頻度が非常に高いです。(基本的に、土日は休みのようで、記事投稿はありませんが…)
このように、Google検索に特化した最新のSEO情報を取り入れるなら、まずはSearch Engine Roundtableがおすすめです。

Search Engine Land – News On Search Engines, Search Engine Optimization (SEO) & Search Engine Marketing (SEM)

Search Engine Land - News On Search Engines, Search Engine Optimization (SEO) & Search Engine Marketing (SEM)

Search Engine Land

Search Engine Landは、Google公式のソースやサーチマーケティングの各スペシャリストの独自見解含めたSEO情報を公開するブログサイトです。
もう少し言うと、SEOに関する最新情報と合わせて、スペシャリストによる独自の見解が日々ブログ記事で投稿されてます。(基本的に、土日は休みのようで、記事投稿はありませんが…)
1日に、複数記事の投稿もあるので、更新頻度が高いサイトです。

また、「SMX」という最新のSEO情報が議題となる、世界最大規模のSEOカンファレンスの紹介や独自のSEOテクニックに関するガイドも提供してます。

このように、サーチマーケティングという広い観点からSEO情報を仕入れたい人には、Search Engine Landがおすすめです。

Search Engine Journal – SEO, Search Marketing News and Tutorials

Search Engine Journal - SEO, Search Marketing News and Tutorials

Search Engine Journal

Search Engine Journalは、Google公式のソースやGoogle社員の言及をもとに、独自の観点を盛り込んだSEO情報を提供してるブログサイトです。
もう少し言うと、Googleの公式ソースを元とした情報だけでなく、SEOを含むマーケティングの各スペシャリストの見解を交えた情報も記事投稿されてます。

また、Google検索に関するSEO情報がニュース速報形式で配信されてます。
なので、更新頻度が高く、GoogleのSEOに関する最新のSEO情報を手に入れることができます。

さらに、ブログ形式の記事だけでなく、SEOコンテンツを独自に構築してます。
例えば「SEOの基本」「SEOが必要な理由」「SEOの仕組み」など基礎的なものから、「リンク構築ガイド」「テクニカルSEOガイド」などの実践的なコンテンツがあります。
このように、トレンド、基礎知識、テクニック含めて総合的に有益なSEO情報を得たい人に、Search Engine Journalがおすすめです。

ちなみ、広告やSNSなどのマーケティング情報も配信されてますが、SEOに関する情報配信の割合が多いです。
なので、Search Engine LandよりもSEOに特化した情報サイトと言えます。

Google検索の順位変動情報がチェックできるサイト

ツールサイトで順位変動幅を日々確認して、 Google検索アップデートのSEO情報を 迅速に仕入れようよう!

Google検索の順位変動情報がチェックできるサイトは、日本国内のみならず海外にもあります。
日本国内であれば、基本的に、日本の検索エンジンの順位変動幅が把握できます。
一方、海外のものであれば、日本の検索エンジンに対応してないものもあります。
なので、ここでは、日本の検索エンジンの順位変動幅が確認できるもの中心に、海外ツール含めて紹介したいと思います。

ちなみに、順位変動幅を日々確認すれば、Google検索でアップデートがあったことを判断する手掛かりになります。
アップデートがあれば、変更された検索アルゴリズムに沿ったSEO対策が必要となります。
このことから、専用サイト(ツール)を活用して、順位変動情報を定期的にチェックすることをおすすめします。

国内(日本語)サイト

国内(日本語)サイトで、Google検索の順位変動幅がチェックできるサイトは多くありません。
その中で、とくに人気のあるサイトを厳選して、紹介したいと思います。

Google順位変動とパンダアップデート、ペンギンアップデート対策情報|namaz.jp

Google順位変動とパンダアップデート、ペンギンアップデート対策情報|namaz.jp

namaz.jp

namazは、Google検索にインデックスされてる特定サイトの検索順位を毎日自動でチェック取得し、その検索順位の変動幅が確認できるツールサイトです。
順位変動幅は、PC検索とモバイル検索、それぞれ見ることができます。
また、キーワードのジャンルごとに順位変動幅が確認できます。

このように、日々、キーワード順位がどの程度動いてるか?簡単にチェックできるので、Google検索アップデートの規模の推測に役立ちます。

ちなみに、順位変動幅だけでなく、最新のSEO関連ニュースや順位変動関連の無料SEOレポートのコンテンツが閲覧できます。
なので、namazでは、順位変動を中心としたSEO情報を手に入れることできます。

検索エンジン変動率一覧 | SEO研究所サクラサクラボ

検索エンジン変動率一覧 | SEO研究所サクラサクラボ

検索エンジン変動率一覧 | SEO研究所サクラサクラボ

SEO研究所サクラサクラボは、検索エンジン変動率をチェックするツールを含めたSEOに関連するコンテンツを提供してるサイトです。
検索エンジン変動率チェックツールでは、1時間ごと(リアルタイム)、日ごとの順位変動率を自動でチェック取得して、表示します。
また、この順位変動率は、PC検索とモバイル検索(スマートフォン)、それぞれの値を取得して表示します。

このように、とくに順位変動状況をリアルタイムで把握したい人には、SEO研究所サクラサクラボの検索エンジン変動率チェックがおすすめです。

ちなみに、冒頭でも少し触れてますが、順位変動率以外のツールやブログ、セミナーなどのSEOに関連する情報を提供してます。
もう少し言うと、社長が海外のSEOカンファレンスに参加したり、Google公式のソースを元にした情報が豊富なので、有益なSEO情報が得れるサイトです。

海外(英語)サイト

海外(英語)サイトで、とくにチェックしたいのがSEMrush Sensorです。
これ以外にも、順位変動状況がチェックできる専門的なサイトがあるので、厳選して紹介したいと思います。

SEMrush Sensor – Google’s rank and algorithm tracking tool | SEMrush

SEMrush Sensor – Google's rank and algorithm tracking tool | SEMrush

SEMrush Sensor

SEMrush Sensorは、検索結果のボラティリティを測定し、モバイルおよびデスクトップ上の20以上のカテゴリーを追跡し、可能なGoogleアップデートをハイライトするツールサイトです。
もう少し言うと、日本含む各国のGoogle検索エンジンの順位変動値を、それぞれ取得して日別にグラフで表示してくれるツールサイトが、SEMrush Sensorです。

また、検索順位の変動値だけでなく、強調スニペットやリスティング広告などのその他SERP機能の変動率や、AMP、HTTPSを使用してるサイト状況も見れます。
さらに、UIデザインが優れていて、操作性が良いので、とても使いやすいです。

このように、SEMrush Sensorは、日本のGoogle検索結果の変動状況が網羅的に把握でき、かつ、利便性の高いツールです。
なので、Google検索の順位変動情報が得れる海外ツールの中ではとくにおすすめです。

ちなみに、SEMrush Sensorの提供以外にも、SEMrushというSEOツールの販売を行ってます。
こうしたSEOノウハウを盛り込んだブログ配信も行ってるので、有益なSEO情報が得れるサイトと言えます。

MozCast – The Google Algorithm Weather Report

MozCast - The Google Algorithm Weather Report

MozCast

MozCastは、Googleアルゴリズムの乱気流を天気予報のイラストと値で示すツールサイトです。
もう少し言うと、英語圏のGoogle検索の順位変動値を天気のイラストを交えて日別グラフで見れるツールサイトがMozCastです。
このことからもわかるように、日本のGoogle検索の順位変動値は把握することができません。

ちなみに、MozCastの提供以外に、SEOツールの販売も行ってるので、独自のSEOノウハウが豊富です。
こうした専門ノウハウを盛り込んだブログ配信も行ってるので、有益なSEO情報を得ることができる海外サイトと言えます。

SEO情報がチェックできるGoogle公式サイト(コンテンツ)

Google公式サイトから 信頼性のある確かなSEO情報を仕入れよう!

SEO情報は、Google公式サイトで言及されてるものが一番確かな情報です。
SEO関連の情報サイトで言及されてる内容は、Google公式サイトの情報をもとにした二次情報や独自の言及が絡んでます。
知識のある方が言及するSEO情報なら、ある程度信頼性があります。
ですが、知識があまりないのに、独自の観点でSEO情報を言及してる場合があります。
この場合は、信頼性の低いSEO情報を得ることになるので、自身が間違ったSEOを行う可能性があるというわけです。

こうした状況を回避するためにも、まずは、これから紹介するブログやフォーラム(コミュニティ)、ガイドライン、ソーシャルアカウントを参考にして、より信頼性の高いSEO情報をチェックすることをお勧めします。

ブログ、フォーラム(コミュニティ)

ブログやフォーラムから、Google公式の情報がチェックできるのでSEOに役立ちます。
とくに、ウェブマスター向け公式ブログは、具体的なSEO対策についての言及も配信されてるので必ず目を通しておきたいSEO情報サイトです。

Googleウェブマスター向け公式ブログ [JA]

Googleウェブマスター向け公式ブログ [JA]

Googleウェブマスター向け公式ブログ [JA]

Googleウェブマスター向け公式ブログは、Googleフレンドリーなサイト制作・運営に関する情報を発信するGoogleの公式ブログサイトです。
もう少し言うと、Google検索でサイトを上位表示したり、より多く露出するために必要な基礎知識や技術的な面など中心に、サイト運営者向けに発信するブログがGoogleウェブマスター向け公式ブログです。

主に、Google検索に関するアップデートやサーチコンソールのアップデートなどをテーマにした記事が、都度投稿されます。
なので、Google検索のSEOに役立つ最新情報が定期的に得れます。

ちなみに、英語版のGoogleウェブマスター向け公式ブログ(Official Google Webmaster Central Blog)があり、投稿されてるテーマは日本語版とほぼ同じです。
ですが、日本版よりも早く更新されたり、英語版のみでしか扱ってないテーマがあります。
なので、英語版を優先的に閲覧するほうがおすすめです。

Googleウェブマスターコミュニティ

Googleウェブマスターコミュニティ

Googleウェブマスターコミュニティ

Googleウェブマスターコミュニティは、Google検索に関する質疑応答ができる専用コミュニティサイトです。
もう少し言うと、Google検索に関する質問に対して、Google検索の知識が豊富なユーザーが回答してくれるサイトがGoogleウェブマスターコミュニティです。

なので、例えば、SEOに関して自身で調べてもわからないことがあるとします。
そのことを、Googleウェブマスターコミュニティで質問投稿すれば、Google検索の知識が豊富なユーザーが回答してくれます。
結果的に、問題解決すると同時に、信頼性の高いSEO情報を得ることができるというわけです。

ちなみに、Googleウェブマスターコミュニティで回答してくれるユーザーには、ランク(バッジ)があります。
このランクが高いユーザーだったり、Google社員による回答を得ることができれば、その分より信頼性の高いSEO情報が得れるというわけです。

ガイドライン

ガイドラインから、Google公式の情報がチェックできるのでSEOに役立ちます。
主に3つのガイドラインがあります。
どれもGoogleに評価されやすいサイトにするために重要な情報が書かれてるガイドラインとなるので、定期的に目を通しておきたいところです。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドは、オンラインコンテンツを所有するか管理し、Google検索を通じて収益化や宣伝を行いたい方を対象としてるガイドラインサイトです。
もう少し言うと、ユーザーやクローラーを考慮して、自身のサイトをどのように最適化したらよいか?を簡潔にまとめてるガイドラインが、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドです。

例えば、Google がコンテンツを見つけられるように、サイトマップを設置することが、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドの中で推奨されてます。
このような指示に従ってサイト構築すれば、Googleに評価されやすくなります。
こうした、具体的で確かなSEO情報が、検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドから豊富に得ることができるというわけです。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)は、主に、Google検索での偽装行為や不正行為について書かれてるガイドラインサイトです。
もう少し言うと、ユーザーを騙したり、検索エンジンを欺くような不適切な行為について、具体的に書かれたガイドラインがウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)です。

例えば、他のサイトからコンテンツをコピーして、自身のサイトでまったく同じコンテンツを掲載するとします。
この行為は「コンテンツの無断複製」と呼ばれるガイドライン違反の行為として、Googleペナルティの対象となるので、インデックス削除や検索順位の下落につながります。
こうした、Google検索でやってはいけない不正行為に関する確かなSEO情報が、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)から得れるというわけです。

General Guidelines [Google検索品質評価ガイドライン]

General Guidelines [Google検索品質評価ガイドライン]

General Guidelines [Google検索品質評価ガイドライン]

General Guidelines [Google検索品質評価ガイドライン]は、特定の評価者に提供してるGoogle検索でのWebサイトの評価基準が書かれたガイドラインです。

例えば、サイトの専門性や権威性、信頼性)を評価するための「E-A-T」という評価基準について、ガイドラインに書かれてます。
その中では、実際に、専門性や権威性が低いサイトや高いサイトの特徴が例に挙げられてます。
これ以外にも多くの評価基準について具体的に書かれてるので、SEOに役立つ確かな情報が豊富に得れるというわけです。

ちなみに、General Guidelinesは、英語で記載されたものしかありません。
なので、自身で翻訳したり、翻訳されたサイトや翻訳して要約されたサイトがあるので、それらを適宜参考にするとよいでしょう。

付け加えて、General Guidelines [Google検索品質評価ガイドライン]は定期的に内容が更新されるので、その都度更新された内容を確認することをお勧めします。

ソーシャルアカウント

ソーシャルアカウントから、Google公式の情報がチェックできるのでSEOに役立ちます。
とくに、フォローしておきたい2つのTwitterアカウントについて、紹介したいと思います。

Google SearchLiaison(@searchliaison)

Twitterアカウント「Google SearchLiaison(@searchliaison)」

Google SearchLiaison(@searchliaison)

Google SearchLiaisonは、Googleの検索の連絡窓口からの公式ツイート、 Googleのダニー・サリバン氏(@dannysullivan)の言及 、Google検索の仕組みに関する洞察を共有するツイートアカウントです。
もう少し言うと、主に、Google検索の仕様に関するアップデートやGoogle検索の仕組みについて、速報形式でつぶやくのが、Google SearchLiaisonのアカウントです。

例えば、Google検索のアルゴリズムアップデートがあれば、告知からアップデートの進行具合、具体的な対策内容に関する記事リンクまでこまめにつぶやきます。
なので、まずGoogle検索でアップデートがあったか?の有無が迅速に確認できます。
そして、アップデートで順位が動いた場合に、どのように対策をしたらよいか?という確かなSEO情報まで得ることができます。

このように、主に、Google検索のアップデート情報を、確実に迅速に得るのであれば、Google SearchLiaisonのTwitterアカウントをフォローすることをお勧めします。

ちなみに、基本的につぶやきは英語なので、うまくTwitterの翻訳機能を確実な情報を得ましょう。

Google Webmasters(@googlewmc)

Twitterアカウント「Google Webmasters(@googlewmc)」

Google Webmasters(@googlewmc)

Google Webmastersは、サーチコンソールの機能に関するアップデート情報や、Google検索について理解を深めるためのYouTubeコンテンツの紹介を中心としたツイートアカウントです。

例えば、サーチコンソールのインデックスカバレッジレポートを使ってステータスを確認し、問題を特定する方法をまとめたYouTube動画へのリンクをつぶやいてます。
このYouTubeコンテンツをもとに勉強すれば、自身のサイトのページがGoogle検索エンジンにちゃんとインデックスされてるか?がわかります。
こうしたGoogle検索のSEOに役立つコンテンツについて、定期的につぶやかれてます。
なので、確かなSEO情報を得ることができるというわけです。

まとめ

SEO情報やニュースが得れるサイトを活用して、対策の精度を高めましょう。
とくに、Google公式のソースをもとにした確かなSEO情報を得ることが重要です。
なので、まずは、Google公式のガイドラインやブログ、ソーシャルアカウントをフォローしておくとよいでしょう。

そうしたうえで、ここで紹介したような支持されてるSEO情報サイトのテクニック論や事例などを参考にしながら、SEO対策を進めることをお勧めします。
そうすれば、SEO対策の精度も高まりやすいので、Googleに評価されやすいサイトにすることができるでしょう。

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

検索順位が上がらない…と思っていませんか?

思い通りの検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策はもちろん、昨今の大きな変動・競合の強さも大きく影響するため、どういったキーワードで対策するのか?という点も重要となります。

ここを正しく理解しておかなければ上位表示させることは難しく、サイトを効果的に運用し、資産化することができません。

そこで、こちらでは上位表示に必要なSEOが正しく施されているかどうかを無料で調査し、問題点や改善点などのアドバイスを致します。

\ 効果的な改善方法を明確にしませんか? / サイト調査を依頼する

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら