SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

ドメインパワーとは?SEOへの影響や上げ方など徹底解説!

ドメインパワーとは、Webサイトの強さを示す指標のことを意味します。
もう少し言うと、サイトのドメインが検索エンジンからどの程度評価を得ているか?を示す語句のことをドメインパワーと呼びます。
このドメインパワーは、基本的に、seomozやahrefsなどが提供する専用ツールで算出してる独自の指標「ドメインオーソリティ(DA)」「ドメインレーティング(DR)」の数値をベースにチェックします。

またドメインパワーは、Webサイトに対して効果的なSEO対策を行って、Googleに評価されることで上げることが可能です。
ドメインパワーが上がれば、サイトの各ページのキーワード順位が大幅に上がります。

結果的に、検索トラフィックが上昇するので、サイトのアクセス数が大幅に増加することとなります。

一方、効果的なSEO対策ができなければ、ドメインパワーが上がりません。
むしろ、ドメインパワーが下がるケースもあるでしょう。

この点踏まえて、今回は、ドメインパワーの定義やSEOへの影響、ドメインパワーの上げ方など中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

ドメインパワーとは?基本やSEOへの影響など徹底解説!

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、Webサイトの力を示す値のことで、「ドメインオーソリティ(Domain Authority)」や「権威性」と呼ばれることもあります。
もう少し言うと、サイトのドメインが検索エンジンからどの程度評価を得ているか?を示す語句のことをドメインパワーと呼びます。
ドメインパワーという直接的な指標はありません。
なので、基本的には、seomozやahrefsなどが提供する専用ツールで算出してる独自の指標「ドメインオーソリティ(DA)」「ドメインレーティング(DR)」の数値をベースにドメインパワーをチェックします。

Ahrefs SEO Toolbarでドメインパワーを確認

ちなみにDRは、基本的に「被リンク」をもとに算出してる指標となります。
そのため、こうして算出できるドメインパワーは、「被リンク(外部リンク)」の要素が強く絡んでることを覚えておきましょう。

ドメインオーソリティとは?

Mozが独自に開発した 検索エンジンのランキングスコアのことを 「ドメインオーソリティ」と呼ぶ!

ドメインオーソリティとは、Mozが独自に開発した検索エンジンのランキングスコアのことです。
英語表記で「Domain Authority(DA)」となります。このDAというスコアでWebサイトの強さがわかるので、ドメインパワーを示す代替指標として扱われてます。

MOZのドメインオーソリティは、公式サイトで以下のように定義されてます。

原文:
Domain Authority (DA) is a search engine ranking score developed by Moz that predicts how well a website will rank on search engine result pages (SERPs). A Domain Authority score ranges from one to 100, with higher scores corresponding to a greater ability to rank.
Domain Authority is calculated by evaluating multiple factors, including linking root domains and the number of total links, into a single DA score. This score can then be used when comparing websites or tracking the “ranking strength” of a website over time. Domain Authority is not a metric used by Google in determining search rankings and has no effect on the SERPs.

翻訳:
Domain Authority(DA)はMozによって開発された検索エンジンのランキングスコアであり、Webサイトが検索エンジンの結果ページ(SERP)でどの程度ランク付けされるかを予測します。ドメインオーソリティのスコアの範囲は1〜100で、スコアが高いほどランク付け能力が高くなります。
ドメインオーソリティは、ルートドメインやリンクの総数などの複数の要素を単一のDAスコアに評価することによって計算されます。このスコアは、Webサイトを比較するとき、またはWebサイトの「ランキング強度」を経時的に追跡するときに使用できます。ドメインオーソリティは検索ランキングを決定する際にGoogleが使用されるメトリックとのSERPsには影響しません。
※引用元:What is Domain Authority?

ちなみに、このドメインオーソリティ(DA)と並んで、ahrefsが提唱する「Domain Rating[DA](ドメインレーティング)」が、ドメインパワーの代替指標としてよく扱われます。
また、このドメインオーソリティが扱われる以前は、Googleが提唱する「Page Rank[PR](ページランク)」が、ドメインパワーの代替指標でした。

ドメインパワーの目安・平均ついて

ahrefsのDRであれば、30~50くらいが平均であり、 まず目指すべきドメインパワーの目安と言える!

ドメインパワーの目安・平均は、いくつかのサイトのドメインパワーを調べて算出する必要があります。
例えば、専用ツールのahrefsで算出できるDRの指標からドメインパワーを調べます。
FacebookやTwitter、Googleなどの世界的に有名なメディアサイトは、ahrefsのDR(ドメインレーティング)の数値が100(最大値)に近いです。
また、国内で有名なメディアのはてなブログは、DRの数値が91です。
ちなみに、当ブログ「SEOラボ」のahrefのDR(ドメインレーティング)は62となります。

  • サイトの運用歴・年数5年以上(ドメイン年齢5年以上)
  • 被リンク数6万以上
  • サイトの管理ページ数300以上

このような一部のステータスを持ち合わせたうえで、SEOラボはahrefのDR(ドメインレーティング)が62となります。
また、サイトを新規に立ち上げたばかりだと、DRが0(ゼロ)~1。
サイトを立ち上げて、少し運用すれば10~30、本格的な運用が3年くらい続けば50くらいになると思います。
なので、30~50くらいが平均であり、まず目指すべきドメインパワーの目安と言えるでしょう。

ドメインパワーが得られる期間はいつから?

SEO効果が出るまで4か月~1年かかることから、 ドメインパワーを得るまで一定の期間が必要!

ドメインパワーが得られるまでは、一定の期間がかかります。
例えば、サイトを立ち上げたばかりであれば、コンテンツが少ないので被リンクも少ない状況です。
この場合、被リンクをベースにサイトの強さを算出するahrefsのツールでは、「DR(ドメインレーティング)」の数値が0に近いでしょう。
ですが、数か月、数年の期間を経て、サイトを本格的に運用し続ければ、良質なコンテンツが増えるので被リンクも自然と増えます。
結果的に、DR(ドメインレーティング)の数値が上がるので、サイトのドメインパワーを得られてることが実感できるでしょう。
もう少し言うと、DR(ドメインレーティング)が上がれば、各キーワードの検索順位や検索流入が右肩上がりに推移しやすくなるので、ドメインパワーを得られてることが実感できます。

こうした効果が得られるまで、一定の期間を要することをGoogle公式でも言及してます。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。
※引用元:SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

ドメインパワーの特徴

ドメインパワーの特徴がいくつかあります。

  • TLD(トップレベルドメイン)は関係ない
  • ドメイン名が関係ありそう
  • ドメイン変更によって一時的に変化する可能性がある
  • 独自ドメインが良いSEO効果を最大限引き出す

検索順位を上げたり、検索流入を増やすにはSEOが重要!

関連記事

【2021年版】SEOとは?基本や重要な対策など初心者にわかりやすく解説!

SEOの基本を押さえて対策しよう。とくにユーザーの利便性を考慮することが重要で、これを無視すればGoogleに評価されない(検索順位や検索流入が向上しない)…

続きを見る

TLD(トップレベルドメイン)は関係ない

SEOにおいてドメインは、TLD(トップレベルドメイン)は直接関係ありません。

これについては、Googleのジョンミュラー氏が公式に以下のように言及してます。

それは、再びこれを再共有する時が来たような気が。 まだ新しいのTLDを使用することには固有のランキング利点がありません。

彼らは、他のTLDは検索でも行うことができます同じように、検索でよく行うことができます。彼らはあなたがより良いウェブプレゼンスと一致する名前を選択する機会を与えます。あなたは、これは検索で任意の人工的な優位性によるものではないのです覚えておいて、初期のデータは示唆している彼らはよくやっていると主張して記事を参照してください場合:あなたは、任意のTLDの検索にも行って素晴らしいウェブサイトを作ることができます。

※引用元:Google+ 翻訳

このことから、「.jp」「.com」などのトップレベルドメイン(TLD)の優位性はなく、直接的に検索順位に好影響を与えるものではないため基本的にSEOとは無関係であるといえます。
また、TDLだけでなく、セカンドレベルドメイン(「co.jp」「ne.jp」など)やサブドメイン(「example.seolaboratory.jp」など)、ドメイン名(「seolaboratory.jp」など)も直接的な検索順位の優位性が低いことが考えられます。

ドメイン名が関係ありそう

ドメイン名はSEOに関係ありそう

先述したとおり、ドメイン自体に直接的なSEOへの影響はありません。

しかし、ドメイン名をユーザビリティ観点で考えれば、サイトのテーマに合致した内容が好ましいです。
ホームページにアクセスするためにドメイン名が付きまとうため、ユーザーにとってわかりやすい名称にすることでユーザービリティが高まりサイトのパフォーマンスも上がることが考えられます。

つまり、間接的に検索順位に影響する可能性がドメイン名に秘められてることが言えます。

例えば、サイト名と同じドメイン名を付けたり、キーワードを含めて関連付けるなどの方法があります。
サイトのテーマとまったく関係ない名称よりは、関連した名称の方が利便性が高まるはずです。
そのためには、独自ドメインの取得を考慮する必要があるでしょう。

Googleは、ユーザーファーストのサイトを好むため、わかりやすいドメイン名はSEO的に好影響が生むかもしれません。

ドメイン変更によって一時的に変化する可能性がある

ドメイン変更によるSEOの影響について、GoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリーズ氏)が言及したと、Marie Haynes氏がつぶやいてます。

翻訳: Gの何人かは、新しいURLにブランド変更した後、ランキングが回復するまでに最大2週間かかると言います。
methodeは、大きなサイトなら3カ月になるかもしれないと言います。

つまり、ドメインを変更して、URLが新しくなった場合は、検索順位が回復するまで2週間から3か月程度かかる可能性があるということです。
もう少し言うと、例えば、301リダイレクトを設定して、古いドメインから新しいドメインに評価が引き継がれるまでに、2週間から3か月程度かかる可能性があるということです。

ちなみに、プロトコル(HTTPからHTTPS)の変更による新しいURLは、基本的にサイト構造が変化するわけではないので、Googleが新ドメインを認識するのに2~3週間程度要するようです。
さらに付け加えると、サイト移動と共にドメイン名とファイル名の変更が伴った新しいURLは、Googleが新ドメインを認識するのに長い時間がかかるようです。

一方、新しいドメインではなく、中古ドメインに変更した場合は、その中古ドメインが持ってるSEO効果を引き継ぐことになります。

独自ドメインが良いSEO効果を最大限引き出す

独自ドメインによるサイト運用は、最大限のSEO効果が見込める

独自ドメインは、無料ブログサービスなどの他サイトに依存しない唯一のドメインなので、基本的にサイト運用に関してすべて自分で自由に管理できます。
なので、自分のサイト運用によるパフォーマンス(SEO効果)がすべてそのドメインのものとなります。

つまり、最大限のSEO効果が期待できるので、良いWebサイトが運用できれば、その分独自ドメインの優位性を存分に発揮してSEOに有利な状況を作り出すことができます。

一方、独自ドメインと比較される無料ブログサービスにおける無料ドメインは、アメブロ、FC2ブログ、ライブドアブログなどの有名なブログサービスが展開してるものであれば、ドメインパワーが強いのでSEOの恩恵を受けることができます。
ですが、SEO対策が限定的となり、HTMLソースコードの調整といった内部対策などの重要な対策が柔軟にできないので、最終的にはSEO効果が最大限発揮できません。

このことから、独自ドメインの方がサイト運用、対策面で融通が利くのでSEO効果が最大限発揮でき、SEOに有利ということが言えます。

また、独自ドメインでは、新たに関連するサイト(関連商品や関連サービスなど)をサブドメインで横展開して、サテライトサイトとしてメインドメインのSEO効果を高めるのに利用することも可能です。
このような運用方法を行うために、まずはメインドメインに注力することが基本となります。
もう少し言うと、そのメインサイトで良質な関連コンテンツを増やして、サブディレクトリなどでサイト構造を整理しながら1つのサイトを強化することが重要となります。
そうして、メインドメインの力を最大限に引き出しましょう。
これは、SEOにおいて非常に重要なことであり、独自ドメインではそのドメインパワーを最大限引き出せる点がSEOで有利な点となります。

ドメインパワーをチェックする方法(moz以外の調べ方[確認・測定]も含む)

ドメインパワーをチェックするには、MozのLink Explorer(旧:Open Site Explorer[オープンサイトエクスプローラー])やahrefsのSite Explorer、無料ですぐ使えるパワーランクチェックツールなどの専用ツールを活用すれば、比較チェックできます。

MozのLink Explorer(リンクエクスプローラー)

MozのLink Explorer(リンクエクスプローラー)にアクセス後、ドメインパワーを計測したいサイトのドメインを入力して、「Get free link data」ボタンをクリックします。
※利用するには、無料アカウントの取得が必要

MozのLink Explorer(リンクエクスプローラー)でドメインレーティング(DR)をチェックする方法①

すると、Domain Authority(ドメインオーソリティ)の項目に数値が表示されます。この数値を代替指標としてドメインパワーを確認することができます。

MozのLink Explorer(リンクエクスプローラー)でドメインレーティング(DR)をチェックする方法②

ahrefsのSite Explorer(サイトエクスプローラー)

ahrefsにアクセス後、有料アカウントを取得して、そのアカウントを入力し「Sign in」をクリックします。

ahrefsのSite Explorer(サイトエクスプローラー)でドメインレーティング(DR)をチェックする方法①

サイトエクスプローラーからドメインパワーを計測したいサイトのドメインを入力して、虫眼鏡の調査ボタンをクリックします。

ahrefsのSite Explorer(サイトエクスプローラー)でドメインレーティング(DR)をチェックする方法②

すると、DR(ドメインレーティング)の項目に数値が表示されます。この数値を代替指標としてドメインパワーを確認することができます。

ahrefsのSite Explorer(サイトエクスプローラー)でドメインレーティング(DR)をチェックする方法③

ちなみに、ahrefsのサイトエクスプローラーは基本有料となるので、DRを常に把握するためにはahrefsの有料版を購入する必要があります。

ドメインパワーの上げ方(上げる方法)

ドメインパワーを上げるには、まずコンテンツ対策が必要となります。
コンテンツ対策によって、多くの良質なコンテンツが公開できれば、被リンクも自然と集まりやすくなります。
こうして、コンテンツ対策をして被リンクを獲得を促進することが、ドメインパワーを上げる方法となります。

コンテンツ対策をする

より信頼できるサイトとなるように コンテンツ対策しながら、 ドメインパワーの向上を目指そう!

コンテンツ対策をするには、ユーザーの検索意図を考慮することが重要です。
例えば、上位表示したいキーワード(SEOキーワード)で検索して表示される競合上位サイトのタイトル名やコンテンツ内容の傾向を盛り込んで、自身のWebページを作成します。
このときにタイトル名にSEOキーワードを含めます。
そうすれば、ユーザーの求める情報が盛り込まれた質の高いWebページになるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。
こうした良質なページを増やして、E-A-T、クローラビリティ、ページエクスペリエンス(UX、ユーザビリティ)を加味したより信頼できるサイトとなるようにコンテンツ対策することが、ドメインパワーを上げるためのポイントとなります。

一方、コンテンツ対策をしなければ、ドメインパワーが上がりません。
例えば、記事数に気を取られて、ユーザーの利便性が低いページばかり増やせば、品質の低いサイトとなります。
そうなれば、Googleに評価されないので、ドメインパワーも上がらないということです。

ちなみに、サブドメインでコンテンツ対策して、被リンクによるSEO効果(ドメインパワー)を得ようとするケースがあります。
これは、サブドメインで運用するサイトの品質が高くないと成り立ちません。
例えば、メインドメインとテーマが重複すれば、メインドメインとサブドメインともにGoogleから低評価を受けます。
こうした状況を回避するためにも、まずはメインドメイン配下で品質の高いページをカテゴライズし、サブディレクトリでサイト運用しましょう。
そうすれば、メインドメインのサイトの質が高まって、Googleに評価されやすくなるのでドメインパワーの向上につながります。

被リンクの獲得を促進する

SNSを軸に良質なコンテンツを宣伝して、 被リンク獲得を促進しながら ドメインパワーの向上を目指そう!

被リンクの獲得を促進するには、SNSを活用します。
例えば、TwitterやFacebookなどのアクティブユーザーの多いSNSで、フォロワーや広告を使って、自身が作成した良質なコンテンツを宣伝します。
そうすれば、より多くのユーザーの目に触れ、かつ、共有されやすくなるので、参照される機会が増えます。(指名検索なども増えるきっかけになる)
結果的に、被リンク獲得の促進につながるので、Googleに評価されやすくなるというわけです。

こうして、SNSを軸に良質なコンテンツを宣伝して、被リンク獲得を促進することが、ドメインパワーを上げるためのポイントとなります。
また、SNSで共有して宣伝すれば、サイト名の認知拡大につながるので指名検索も増えやすくなります。
これによってアクセス数(PVなど)が増えるので、サイトのパフォーンマンスがさらに向上するでしょう。

一方、SNSを活用しなければ、被リンク獲得が促進できないので、その分ドメインパワーが上がらないでしょう。

実際にドメインパワーが上がった事例

実際にドメインパワーが上がった事例があります。
2018年3月2日あたりに、Googleで大きなアルゴリズムアップデート(コアアルゴリズムアップデート)があり、そのタイミングで弊社運営のブログサイトが評価されました。
ドメインパワーは、このようなアルゴリズムアップデートのタイミングでサイトに再チェックが入って上がるパターンが多いと思います。過去にも同様の経験があるので。

ドメインパワーが上がって検索順位が上昇

このように、ドメインパワーが上がることで、キーワード順位が一気に大幅に上昇します。
このときは、「リライト」や「UX改善」を行って各ページの質を上げ、ブログサイト自体の質が上昇したことが、ドメインパワーの向上につながったと思われます。

また、ドメインパワーが上がったことで、とくにSEO対策してない順位が低いキーワードも軒並み上昇しました。

また、「Ahrefs SEO Toolbar」のDRを見ると、数値も上がってました。
「DR」自体は、絶対的な指標ではありませんが、ドメインパワーを図る参考として利用するといいと思います。

まとめ

ドメインパワーを上げて、サイトの力を強くしましょう。

そのためには、ユーザーがより満足するコンテンツを増やして、良質な被リンクを獲得しながら、SEO対策を進めることが重要となります。

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない…なぜ?

検索順位が上がらない理由は、SEO対策の質が低いからです。

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やして内部リンクの最適化を疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

こうした悪い状況を回避する為に、サイトの欠点を調査して上位化に必要な対策を洗い出しましょう。

SEO対策無料ご提案はこちら