SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

被リンクとは?被リンクを調べる方法と増やす方法について

2018/09/04 2018/09/05

被リンクとは、外部サイトから自サイトに向けられたリンクのことを意味します。
基本的には、この被リンクをより多く獲得することでサイトの評価が上がり、検索順位が上昇しやすくなります。

しかし、ただ被リンクを増やしても意味がありません。
Googleが評価対象とする良質な被リンク(ナチュラルリンク)を増やすことが、SEOにおいて重要となります。

この点を踏まえて、今回は、被リンクを調べる方法と増やす方法について中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

被リンクとは?被リンクを調べる方法と増やす方法について

被リンクとは?

被リンクとは、外部サイトから自サイトに向けられたリンクのこと

被リンクとは、自分のWebページが他のサイトでリンク付きで紹介されたそのリンクのことを指します。またの名を「バックリンク(Backlink)」「外部リンク」とも呼ばれます。

よくあるのが、ブログ記事に訪問したユーザーが内容に共感して、そのユーザーのブログでリンク付きで記事を紹介してくれるケースがあります。
このように紹介してくれることで、自分のWebページにとっての「被リンク」となります。

もしくは、外部サイトから自サイトに向けられたリンクのことを「被リンク」と覚えておくとよいでしょう。

ちなみにこの被リンクは、昔「ページランク(PageRank)」と呼ばれる指標でGoogleがわかりやすく被リンクの質(価値)を数値で公表していました。
しかし、このページランクの概念は表面上今では廃止されてます。(裏では今も、リアルページランク(Real PageRank)として稼働してる)

関連記事Real PageRank(リアルページランク)はGoogleの重要なランキング要因である

SEOにおける被リンクの重要性

SEOにおいて被リンクは最も重要な要素

被リンクは、Webマーケティングの中のSEOにおいてよく活用される用語です。
SEOにおける被リンクの重要性は、最も高く、良質な被リンクが多いサイトは検索上位に表示されやすくなります。

なので、ユーザーに共感されるようなサイトを作り、ナチュラルリンク(自然な被リンク)を多く獲得することがSEOにおいて重要となります。

これについては、検索順位の決定権を持つGoogleが公式に触れてます。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。

※引用元:Google が掲げる 10 の事実

このように、Google検索エンジンのアルゴリズム要因で最重要となるのが「被リンク」となります。
このアルゴリズムの中で、ペンギンアップデートと呼ばれる、被リンクを中心にサイトを評価するアップデートがあります。
このアップデートが、サイトに付いてる被リンク評価の精度が保ち、現在のGoogle検索順位の決定(ランク付け)に寄与してます。

被リンクのメリット・デメリット

被リンクはサイトに良いことばかではない、悪いケースもある

被リンクはSEOにおける用語であり、その重要性は非常に高いものです。
しかし、サイトにとって良いことばかりでなく、悪いケースがあることも押さえておきましょう。

他のWebサイトから参照されて被リンクを得ることは、基本的に良いことですが、質の低いサイトから被リンクを受けることで自分のサイト評価に影響を及ぼす場合があります。

  • 被リンクのメリット
    良質な被リンクはサイト評価を上げる
  • 被リンクのデメリット
    質の低いサイトからの被リンクはサイト評価を下げる

被リンクは、しっかりサイト運用することで自然と数が増えますが、サイトに良い影響だけでなく悪い影響も及ぶ可能性があります。
なので、質の低いサイトからの被リンクを精査・削除するなどして、被リンクを管理(リンクビルディング)していくことがSEO対策において重要となります。

被リンクによるSEO効果について

良質な被リンクによりSEO効果が期待できる

ここまで触れたとおり被リンクを獲得するために、ユーザーに共感されるような質の高いコンテンツが必要不可欠です。

このようなコンテンツは自然とよく参照されて良質な被リンクが集まるので、被リンクによるSEO効果が期待できるようになります。

被リンクによるSEO効果で重要なのが「良質な被リンクの数」です。
ちなみに「良質な被リンクの数」とは、ユニークなサイトからの被リンク(ドメインが異なるサイトからの被リンク)の数を指し、「被リンクドメイン数」とも呼びます。

つまり、被リンクの総数だけでなく、ドメインの数(リンクを受けているサイトの数)も重要となります。
もう少し言うと、1つのサイトから多くの被リンクを獲得するだけでなく、複数のサイトから被リンクを獲得して、被リンクの質を高める必要があるということです。

このように多くのサイト(ドメイン)から被リンクを受けて良質な被リンクを増やすことができれば、そのWebページは評価されやすくなりSEO効果(検索上位表示・検索順位の上昇)もより期待できるでしょう。
さらに言うと、競合サイトよりも多くこのような被リンクを獲得していくことでよりSEO効果が期待できます。

被リンクを調べる方法

被リンク状況を調べて、自分のサイトの被リンク数などを把握しよう

これまで少し触れましたが、被リンクはWebページの人気度を測る指標として、検索順位を決定付ける最も重要なSEO要素です。
この被リンクが自分の管理サイトにどの程度付いてるか?などの被リンクのパフォーマンスを調べるには、基本的に専用のチェックツールを活用します。

主な被リンクチェックツール

  • hanasakigani
  • Ahrefs
  • Open Site Explorer
  • Majestic SEO

今回はこの中から、弊社(株式会社ディーボ)がSEOサービスとして提供してる「hanasakigani」を使って、簡単に被リンクを調べる方法を紹介したいと思います。

①まず、hanasakiganiのサイト にアクセス後、マイサイト被リンクチェックで「マイサイトのURL」つまり、被リンクを調べたい自分のサイト(Webページ)のURLを入力して、「チェックする」をクリックします。
※被リンクのチェックが終わるまで10秒から1分程度要します。

hanasakiganiを使って被リンクを調べる手順①

②チェックが終わると、入力したURLに付いてる「被リンクの数(ドメイン数)」が取得され、被リンクの数を簡単に調べることができます。

hanasakiganiを使って被リンクを調べる手順②

また、被リンク数と同時に被リンク元ページのタイトル名やURL、アンカーテキスト、nofollowの有無、被リンク元ページの発リンク数といった被リンクにまつわる情報も合わせて確認できます。

hanasakiganiを使って被リンクを調べる手順③

このようなツールで被リンク状況を把握し、SEOにおいてとくに重要な「被リンクドメイン数」がどの程度か?認識しておきましょう。
もう少し言うと、この被リンクドメイン数を増やして、競合上位サイトよりもなるべく多く被リンクを獲得することが検索上位化を目指すためのポイントとなります。

また、被リンクを調べる方法については、以下記事でも触れてますので合わせてご覧ください。

関連記事被リンクをチェックする方法についてまとめ

被リンクを増やす方法(自然な被リンクを獲得する方法)

SNSを軸に被リンクの獲得を促して、良質な被リンクを増やそう

被リンクを増やすためには、良質なコンテンツが不可欠です。
ちなみに良質なコンテンツとは、ユーザーの利便性を考慮したユーザーファーストのコンテンツのことです。
このようなコンテンツは、ユーザーから共感を得やすいので、結果的にGoogleに評価される自然な被リンクの獲得を促進します。

実際に良質なコンテンツを活用してどのように対策を進めるかというと、例えば、まずユーザーから共感を得るためにFacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用して、作成したコンテンツを宣伝します。
そうしてより多くのユーザーにそのコンテンツを認識させて、ブログで参照してもらうなどの共有を促し、最終的に被リンクの獲得を狙います。

もう少し言うと、コンテンツマーケティングを行ってユーザーの興味を引くようなコンテンツを増やし、SNSでそのコンテンツをどんどん宣伝してユーザーに認知・拡散させていくことが結果的に多くの被リンクを獲得することに繋がります。

これが、現在の王道の被リンクを増やす方法となります。
その他の方法も合わせると、以下のような被リンク獲得方法があります。

  • FacebookやTwitterなどのSNSサービスのフォロワー(自分のサイトのファン)に対して、自分のWebサイトのコンテンツを宣伝して被リンク獲得を促す
  • 問合せフォームなどから相互リンクを依頼して、被リンク獲得を促す
  • Webページにソーシャルボタン(はてなブックマークやFacebook、TwitterなどのSNSボタン)を設置して、サイト訪問したユーザーにページURLを共有してもらいやすくすることで被リンク獲得を促す
  • 無料登録などでサイトに関連するユーザーのリストを集めて、そのユーザーに向けてメルマガを配信して被リンク獲得を促す
  • 良質なサテライトサイトを作成して、そのサイトに対象ページに向けた被リンクを設置し、被リンク獲得を促す

このように被リンク獲得を促して、被リンクを増やすことが出来ますが、Googleガイドラインに準拠して対策を進める必要があります。
どういうことかというと、ディレクトリ型の無料登録サイトを利用したり、相互リンクなどはガイドラインに抵触する質の低い被リンク獲得につながりやすく、サイトの評価を下げかねません。(※場合によってはペナルティを受ける可能性がある)

なので、このあたりの対策は被リンク元サイトの質を考慮したうえで検討していくことが必要となります。
基本的には、このようなリスクを回避してSNSをうまく利用しながら、Googleに評価される自然な被リンクを増やしていくことが賢明です。

このような被リンク対策(外部対策)について、以下記事でも触れてますので合わせてご覧ください。

関連記事外部対策とは?SEOで重要な要因となる理由について

低品質な被リンクを見直す

低品質なサイトからの被リンク(悪いリンク)を精査する

良質な被リンクについて触れてきましたが、サイトを運用し続ければ良い被リンクと悪い被リンクの両方が増えていきます。

悪い被リンクが増えると、サイトの質に悪影響を及ぼすことがあるので定期的に低品質な被リンクを精査して削除することが必要となります。

悪い被リンク(低品質な被リンク)パターン

  • 相互リンク集ページからの被リンク
  • Googleペナルティを受けてるサイトからの被リンク
  • プログラムにより自動生成された文脈が支離滅裂かつテーマ性に欠ける質の低いWebページ(コンテンツ)からの被リンク
  • SEOキーワードを過剰に詰め込んだアンカーテキストを持つ被リンク
  • 昔流行ったYhaooカテゴリやyomi-searchなどのディレクトリ登録型サイトからの被リンク

このような被リンクがサイトに付いてないか?有無を確認して、適宜そのリンクの削除(リンク否認)を検討しましょう。
※「被リンクを調べる方法」でも触れたように自分のサイトの被リンクを確認する(被リンクチェックする)方法は、無料の「サーチコンソール」や「Ahrefs」「Open Site Explorer」「Majestic SEO」といったサービスの専用ツールを活用します。

被リンクを削除するときの判断基準としては、基本的に「サイトの検索順位が下落」もしくは「検索順位が停滞してる(伸び悩んでる)」ときです。
他の重要な対策もあるので、それらと合わせて優先順位を決めたうえでリンク削除に踏み切るといいと思います。

関連記事リンク否認ツールとは?使い方と効果について

まとめ

このように、被リンクはSEOにおいて重要な用語となります。
なので、正しく意味を理解したうえで、被リンクが集まるようなコンテンツ作りながら、Webサイトを運用することが大切です。

被リンク獲得の材料となるコンテンツに力を入れて、ユーザーの共感をより多く得れるように、SEO対策を進めてくことが重要です。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら