SEOに関する実験やデータ分析などを公開します

SEOの疑問を実験で解明しブログ配信【SEOラボ】

SNSのSEO効果について

SNSで自分のコンテンツがシェアやリツイートされて共有されても、その共有リンクによる被リンクは無効となるため、SEO効果が見込めません。
もう少し言うと、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワーク上のリンクにはnofollow属性が付与されてるので、それのリンクによる直接的なSEO効果は見込めず検索順位に関与しないということです。

一方、SNSを活用して、より多くのユーザーに作成したコンテンツ(ブログ記事)が共有されて拡散されれば、ブログなどのWebサイトで参照されやすくなります。
そうなれば、参照リンクによる被リンク獲得が促進されるので、SNSによる間接的なSEO効果が期待できるようになります。

こうした効果を生み出すには、FacebookやTwitterなどのSNSサービスで作成したコンテンツを都度投稿したり、自分のWebサイトにSNSボタンを設置して、作成したコンテンツが共有されやすい仕組みを構築しておきます。

こうして、シェアやいいね、リツイートなどのユーザーエンゲージメントを増やして、参照リンクによる自然な被リンクの獲得を促進しながら、SEO対策を進めることが、上位表示を目指すためのポイントとなります。

この点踏まえて、今回は、SNSのSEO効果について中心に、初心者にもわかりやすくポイントをまとめて解説したいと思います。

SNSのSEO効果について

SNSのSEO効果について

SNSを活用することで、被リンクによる直接的なSEO効果を得られないが、 間接的にSEO効果が期待できる!

SNSは、FacebookやTwitter、Line、インスタグラムなどのサービスが特に有名です。
こういったSNSサービス上で、自分が作成したコンテンツを投稿したり、つぶやくことでより多くのユーザーにそのコンテンツを認知させることができ、結果的にそのコンテンツへのシェアやリツイート、いいねなどのエンゲージメントが増えます。
エンゲージメントが増えれば、より多くのユーザーの目に触れるので、ブログなどのWebサイト(ホームページ)で自分のコンテンツが参照されやすくなります。
そうなれば、参照リンクによる自然な被リンクの獲得につながるので、最終的に間接的なSEO効果が見込めるようになります。

一方、SNS上からのリンクにはnofollow属性が付与されてるので、被リンクによる直接的なSEO効果は見込めません。

被リンクによる直接的なSEO効果はない

SNS上ではリンクにnofollowが付与されてるため、 被リンクによる直接的なSEO効果は見込めない!

基本的に、FacebookやTwitterなどのSNSサービス上から外部サイトへのリンクにはnofollow属性が付与されてるので、被リンクのSEO効果による検索順位の上昇は見込めません。
つまり、SEOにおいてSNSが直接的に関係するわけではないということです。

これについては、Googleのジョンミュラー氏が動画にて公式に言及してます。

原文:
social signals have an impact on organic rankings in google and not directly no so it’s not that there’s any kind of a ranking affect.
their to large part social networks also have a nofollow on the links that they.

翻訳:
ソーシャルシグナルはGoogleのオーガニックランキングに影響を与えますが、直接ではなく、ランキングに影響があるわけではありません。
大部分のソーシャルネットワークはまた、それらが結びついているリンクについてもフォローしない。

※引用元:

エンゲージメントによる間接的なSEO効果が見込める

いいねやシェア、リツイートなどのエンゲージメントを増やすことで、 間接的なSEO効果が見込める!

FacebookやTwitterを活用して自分のコンテンツを投稿したり、つぶやたりして、SNS上での露出を増やせば、シェア数やいいね数、リツイート数などのエンゲージメントが得やすくなります。
そうしてエンゲージメントが増えれば、外部サイトでコンテンツが参照されやすくなったり、ソーシャルからの参照流入(SNS経由のアクセス数)も増えやすくなります。

これにより、「参照リンクによる被リンクの獲得」と「アクセス流入の増加」がSNSの活用によって見込めるので、ソーシャルシグナルが満たされて間接的なSEO効果が期待できるようになります。

また、SNSなどの外部サイトで自サイトについての言及が増えれば、ブランディングやサイテーションによる間接的なSEO効果も見込める可能性があります。

SNSを活用して間接的なSEO効果を得るための方法

作成した良質なコンテンツをSNSで宣伝して、間接的なSEO効果を得よう!

SNSを使って間接的なSEO効果を得るには、まずSNS上でファン(フォロワー)を確保することを考慮します。
自分のサイトのテーマに関連するフォロワーを増やして、投稿したコンテンツやつぶやいたコンテンツに対するエンゲージメント率を高めることが、間接的なSEO効果を得るために重要となります。

また、SNSボタンをWebサイトに設置して、サイト上でコンテンツが共有できる仕組みを構築しておくことも間接的なSEO効果を得るためのポイントとなります。

関連するフォロワーを増やす

自分のコンテンツのテーマに近いユーザーにアプローチして、 関連するフォロワーを増やそう!

関連するフォロワーを増やすには、サイトのテーマに関連するユーザーにアプローチすることを考慮します。
もう少し言うと、Facebook広告を使って関連するユーザーに向けて自分のコンテンツを宣伝したり、Twitterで関連するユーザーをフォローすることによるフォロバ(フォロー返し)を狙って、フォロワーを増やします。
例えば、サイトのテーマがSEOに関するものであれば、Facebook広告を打つ際に、SEOやアフィリエイト、WebマーケティングなどのSEOに関連するターゲット層に向けて広告配信します。
また、Twitterであれば、ユーザー名やプロフィール紹介でSEOやアフィリエイト、Webマーケティングについて書かれてるアカウントをフォローするようにします。

こうして、関連するユーザーにアプローチしてファンを増やしながらSNSを活用することが、間接的なSEO効果を得るために重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

良質なコンテンツを宣伝する

ユーザーに共有されてエンゲージメントが見込める 良質なコンテンツを宣伝しよう!

良質なコンテンツを宣伝するには、まず「検索意図」「信頼性」「ユーザビリティ」を考慮したコンテンツを作成します。
もう少し言うと、ユーザーが求めてる情報や信憑性のある情報ソースをコンテンツに盛り込んで、読みやすく使いやすいコンテンツにまず仕上げます。

こうして仕上げた良質なコンテンツをSNSを活用して宣伝することが、間接的なSEO効果を得るために重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SNSボタンを設置する

サイト上からもユーザーがコンテンツを共有できるように SNSボタンを設置しよう!

SNSボタンを設置するには、アクティブユーザーの多いSNSサービスを利用することを考慮します。
もう少し言うと、FacebookやTwitter、Line、はてなブックマーク、Pocketなどの利用ユーザーが多いサービスが提供するSNSボタンを自分のWebサイト上に設置します。

こうして、自分のサイトに訪れたユーザーが該当のコンテンツをすぐ共有できるような仕組みを構築するようにSNSを活用することが、間接的なSEO効果を得るために重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

まとめ

SNSをうまく活用(SNSマーケティング)して、間接的なSEO効果を得ましょう。

そのためには、まず良質なコンテンツを作成することが欠かせません。
作成した良質なコンテンツをSNSで宣伝して、より多くのユーザーに共有を促しながら、エンゲージメントを増やしましょう。

そうして、自サイトのブランディングや被リンク獲得の促進、アクセス流入の増加を目指しながら、間接的なSEO効果を狙っていくことが、SEO対策を進めるうえで重要であり、上位表示を目指すためのポイントとなります。

SEOラボのおすすめ記事がLINEに届く!「SEOラボを友だち追加する」

カテゴリから記事を探す

SEO対策無料ご提案はこちら